先週、息子の学校は大学祭。

若いパワーでももらいに行きましょか、
どうせなら秋の京都も見たいし、泊めてくれないかしらン・・

と、娘、息子にメールしたものの、
おねえちゃんは“忙しい!”と、部屋に泊めてくれない。

ほんまかいな、誰か部屋に一緒にいるんちゃうやろな!!
と、いう疑問をのみこみ、おとなしく息子に部屋に泊まりに行ってきました。





しかし、母親と大学祭をまわる男ってどうよ。
お金を出してもらえるからってこれ幸いと
学祭の焼きそばやイカ焼き、タイ焼き・・を親に買ってもらう大学生ってどうよ。





e0033713_19104331.gif







ま、大学祭はほどほどにして午後は白川通りの方をブラつくことに・・



e0033713_1755476.jpg









まずは猫町カフェでお昼ごはん

萩原朔太郎の小作品『猫町』に店名が由来するというこのお店は
落ち着いた中にもオシャレなたたずまい。


e0033713_1892039.jpg



ご飯の写真は撮り忘れ、
これは“猫町パフェ”

チョコケーキがたっぷりと入ったパフェでありました。


本日のランチはプレートランチで1100円、
パフェは900円。

学生街のカフェとしたら高いかな。
もう観光客向けになってるのかもしんない。




しかしこんなところにまでついてきて、
お昼ごはんのみならずパフェまで一緒に食べてる息子ってどうよ。。


まったく独立独歩のおねえちゃんとは別の心配が頭をもたげてきたところで、
お友達からメールが来て、
息子は別行動に出かけて行きました。





ごはんの後はひとりで白川疎水あたりを散歩


こちら古びた風情がなんともたまらない 銀月アパート


e0033713_18202641.jpg


その風情で入居希望者が絶えないとか、
映画がとられることもあるとか。




すぐ近くの駒井家住宅

e0033713_18222179.jpg





一乗寺の本屋 恵文社 は、本当に本の匂いのする本屋さんでした。
何度でも通いたい。

e0033713_18235892.jpg






白川疎水のあたりは晩秋の装い。


e0033713_18173094.jpg




e0033713_18182186.jpg







さて、一乗寺にはその名も ガトー モンブラン というケーキ屋さんがあります。


これが、ガトーモンブランのモンブラン


e0033713_18333779.jpg




このお店、ちょっとおしゃれなオッチャンシェフとオバチャンがやってる
大変に庶民的なお店で、
ケーキをしばらく持ち歩くと言ったせいか、
保冷剤のほかに
お水をビニール袋に入れて凍らせたものが箱に張り付けてありました。



e0033713_18594087.jpg




ケーキの箱をスーパー袋に入れてくれるんだけれど、
その持ち手部分を蝶結びにして渡してくれるのも、
法事のお供え物のお下がりって感じ・・・



e0033713_18403252.jpg



モンブランの味もぐっと庶民的。
でも昔懐かしい味の中にほんのりと洋酒もただよって、
どこか新しい風を感じたところも確かです。

正直で、素直でしかも研究熱心で・・
なんだか嬉しくなるようなお店でした。



チーズケーキはハート型


e0033713_18432343.jpg







夜は叡山電鉄に乗って貴船方面へ



e0033713_1849238.jpg




叡山電車の市原~二ノ瀬間はもみじがライトアップされて、
見事なもみじのトンネルになっています。

その区間は電車の車内灯を消して、徐行運転してくれる。



e0033713_18571672.jpg





景色の美しさに写真が釣り合わずに申し訳ないことです。






いつもながら秋の京都は大変な人出。
市バスも満員、車も渋滞。

そんなわけで、今回は人気の紅葉スポットを避けて歩いてますが、
ヒトの行かない方へ行かない方へとたどる
へそ曲がりな旅は翌日も続きます。









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2009-11-30 19:05 | 京都な日常 | Comments(16)

e0033713_17322283.jpg


夫婦で一緒に旅行に出かけただけで
天変地異の責任をとらされそうな今日この頃、
我が家の亀山モデルは元気です。

   いや、ここの亀山さんが調子悪いようだから・・・
                 ていうか、いつまでこのシール貼ってんネンって話やねぇ・・








ともあれ三日間(自由行動付き)をケンカをすることもなく無事に戻って
ご近所主婦たちをひと安心させたものの、
人の不幸は蜜の味・・・のヤツらがこのまま見逃すわけはない。


あ~ら、旅行で2キロ太ったん?
そーんなくらい、なんでもないわよ。
いいじゃない、食べましょうよ、食べましょうよ・・・


なんぞと言いつつ、
夫婦喧嘩さわぎが無理ならば、この際デブ道を歩ませようと
連れて行かれたのは・・・



クラブハリエ 八日市 のペーストリーブッフェ



以前クラブハリエ守山店で食べまくったばかりなのに、(こちら
今度は八日市店を荒らしに現れる主婦約4名。

そもそも私がMIHO美術館へ芸術の香りも高いお誘いをしたのに、
ヤツらはどうしてもデザートブッフェに寄ると言い張る。



しかたない・・・
寄りゃあいいんでしょ、寄りゃあ・・



e0033713_1753357.jpg



とか言いながら、お皿に山盛りにしてたりして・・・。





八日市店ブッフェは折しも秋の収穫祭特集を開催中で、


モンブラン

e0033713_1834139.jpg




栗のタルト

e0033713_1843046.jpg



栗のクレームブリュレ

e0033713_1851928.jpg



栗のブランマンジェ

e0033713_1855729.jpg




と、栗のケーキオンパレードだからたまらない。



おかわりのお皿にもやっぱりモンブランが・・

e0033713_188532.jpg





あと、マカロンやミニパンたち

e0033713_18121223.jpg




それからクラブハリエですもの、バームクーヘンははずせない。

e0033713_18113199.jpg



広島での暴挙がたたって
おひとりさま二つまで選べる特性デザートが一個しか食べられなかったのが悔やまれる


こちらが自分で食べた特性アイス

e0033713_18134344.jpg




こちらがヒトが食べるのを見ていた栗のシューアイス

e0033713_18151223.jpg





どれもこれもお味はさすがに一級品でした。
中でもキャラメル風味のケーキが美味しかった。
モンブランはブッフェ用のより、お店のヤツ方が好きかな。




しかし、美術館だけじゃなくてここに寄るための時間が必要なため、
この日は往復とも高速道路を使っての移動でした。

いやはや、主婦の執念というのは・・・




                                   クラブハリエ八日市
                                     ペーストリーブッフェ 2205円
                                      こ、この値段、結構なランチが食べれるジャンねぇ・・





にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2009-11-25 18:25 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(16)

観光 イン 広島! 

遠く広島まで出かけて、
ただ、ただ食べまくっていたと思っている皆さま、

実はちゃんと観光もしてまいりました。



いつでもひとりで出かけるので今回もそうだと思っている皆さま、



実は旦那と一緒でした。





二人で出かけるのは大変にめずらしいらしく、

ちょっとぉ~・・、今回は夫婦一緒やネンて!!

と、ご近所でウワサになってしまいました。

そして・・・・



夫婦で旅行に行ってるのに、二日目は自由行動やネンて!!

と、さらにウワサを広げていたようでございます。



けど、ちょっと言わせていただければ、
ヤツはヤツで美術館に行ったりして結構楽しんでいたようやし、
あのケーキ攻めにつき合わせる方が酷やと思うネンな。
(ひとりで気楽にまわりたいだけヤン!という声はムシ!!)





で・・・、その広島観光ですが・・・






宮島





e0033713_1981690.jpg




e0033713_19105894.jpg




e0033713_1993743.jpg





e0033713_1985657.jpg





e0033713_19102087.jpg




e0033713_19113160.jpg





e0033713_1912931.jpg










広島 縮景園





e0033713_192026100.jpg





e0033713_192163.jpg





e0033713_19213973.jpg






平和公園




e0033713_19224888.jpg





e0033713_19232582.jpg





e0033713_1924222.jpg





e0033713_19244399.jpg









岩国 錦帯橋





e0033713_19254146.jpg








以上ですっ!!






懇切丁寧なモンブランの報告と比べて、
こっちは写真だけかって?



あ~ら、そうかしら?????









京都ではなんでもない街のそこ、ここで平安時代の史跡に出会うように、
広島では街のあちこちに原爆の悲しい思い出が残ってたりしました。



e0033713_19323046.jpg




ほんと、過ちは繰り返してはいけません。


そして、核兵器が・・・
というより、すべての兵器が使用されない日がくるように、
わたしたちみんなが努めないといけないんだなあ。。


e0033713_19342293.jpg











おまけ


まっちさぁぁん!!


e0033713_2035826.jpg


これが旦那と二人で行ったという証拠だ!!
[PR]
by michirudesu | 2009-11-22 19:40 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(13)

一世帯当たりの牡蠣の消費量が日本一だという広島
(広島市HPより)

そりゃあこんなにおいしけりゃあなあ・・



宮島 焼き牡蠣のはやしさん の生牡蠣は鳥居とともに・・


e0033713_16354744.jpg
    


アップ


e0033713_1637617.jpg



こっちは焼き牡蠣


e0033713_16374563.jpg




うーっ・・・・・・、言葉がありません。

めっちゃ、味が濃い!!

ああ、海の恵みを感じます。






つづいて、こちらは広島市内の 牡蠣亭さん



牡蠣のたたきポン酢ジュレ


e0033713_1646141.jpg



オーブン焼き


e0033713_16465542.jpg



牡蠣の天ぷら


e0033713_16475864.jpg




なんで盛り付けた写真じゃなくて一個のアップばっかりかって?


そりゃあ、アナタ、
食欲の方が勝手しまって、ついつい食べ始めてしまってから、
あっ、写真!!
って、なるからじゃないですか。



ついつい全部食べてしまった牡蠣フライにいたっては
とうとう写真なしということに。。。。。




こちらはミルク味の牡蠣ぞうすい


e0033713_16514781.jpg



もう、ピントもなにもあったもんじゃありません。


牡蠣亭さん、出てくる牡蠣、出てくる牡蠣、
ぜーーーんぶ、最高です!!

どんな風にお料理した牡蠣もすごくおいしい。
どれを食べても、
ああ、こんなふうな食べ方もあったのか!
と、驚くばかり。


もうっ!!どんどん持ってきて!!

・・・って感じなのに、惜しむらくは、
お料理が出てくるのに時間がかかりすぎ。


予約なしで行ったからだろうなあ。

ここのお料理をもっともっと、
次から次から、
どんどん、どんどん
食べたら幸せだっただろうなあ。。。。







e0033713_17114655.jpg



これはモンブランを食べまわってた日に食べた
駅ビル かなわさん 牡蠣の味噌煮込みうどん。

お味噌の味が見た目ほどこってりしてなくて
とっても食べやすい。
牡蠣もいっぱい。

・・・って、アンタ、どれだけ食べてんねん!!

   だって、甘いものを食べ続けると、しょっぱいものが食べたくなるじゃない・・・








そして・・牡蠣亭で食べ足りなかったのがよほどこたえたのか、
最終日の夜にこのかなわさんでふたたび・・


牡蠣のベーコン巻天ぷら


e0033713_176817.jpg




と、オーブン焼き三種盛り


e0033713_1772075.jpg



むむむ・・・

こっちは普通かな??
味噌煮込みの方がいいかしらん??



やっぱり、牡蠣亭さんで腹いっぱい食べたかったなあ・・
(まだ言うか!!)




なんだか、どんだけ食べてんネン!って感じですが、
一応、一泊じゃなくて、二泊三日分のごはんですから・・・・

でも、牡蠣のほかにも食べたの・・・・
[PR]
by michirudesu | 2009-11-19 17:24 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(18)

牡蠣の街、広島。

お好み焼きの街、広島。

赤ヘル軍団の街、広島。

そして、平和を祈り続ける街、広島。


・・・


そんな広島の街は、ケーキ屋さんがやたら多い!!街でもありました。
某グ○ク゜ルの地図で『ケーキ』って検索してごらんなさい、
位置を示す点々だらけ!



甘いもの好きにはこたえられない街ですが、
数あるケーキ屋さんの中から、市の真ん中『中区』を中心に
地元で人気のお店や
広島、もしくは中国地方の他にはあまりないお店をまわることにしました。

もちろんモンブラン好きの私がまわるのですから、
中でも変わったモンブランがあるお店を優先させたことは言うまでもありません。





e0033713_8343981.jpg



まずは プランタン というお店。
この時期ちょうど“モンブランフェアー”をされていてお店はモンブランだらけでしたが、
これは看板モンブラン、その名も プランタンのモンブラン



e0033713_8375116.jpg




電灯の黄色っぽい明かりでとったので色がついてるように見えますが、
本当は真っ白のモンブランです。

クリーム、カステラ、それだけ!!

白いクリームの中に黄色い栗の破片(粒と言うよりもっと大きい!)が入ってるものの
あの栗クリームがまったくないのは大変に珍しい。
栗のロールケーキを食べているような味わい。

でも普通これだけたくさんの生クリームを食べたらくどいでしょうが、
あっさりとして、とっても食べやすかったです。

なんか、癒し系のモンブランって感じでした。



                                        プランタンのモンブラン 367円








実は、朝一番に訪れたプランタンというこのお店。
サイトではイートイン可能となってましたが、テラス席のみとは知らなかった。
この日は外で食べるにはちょっと寒すぎ、しかたなく持ち歩くことになってしまいました。

で、「プランタンのモンブランを一個だけください。」
と言えずに、こっちも・・・。




e0033713_8485375.jpg




こちらは『昔ながらのモンブラン』というお名前。


e0033713_8541850.jpg




栗クリームがしっかりとしていました。
つぷ栗は中の部分ではなくて周りのクリームの中に入っている。

こちらも気取らずに素直なお味。
栗を主張しすぎてえぐくなったり、
お酒を効かせすぎたりしてなくて
誰にも愛される食べやすいモンブランだと思いました。



                                          昔ながらのモンブラン 350円








e0033713_90194.jpg




うって変わってこちらはオシャレ路線(?)のお店、 ラ・シャンブル・スイーツ・コレクション

銀のトレイの上に飲み物とセットになって登場です。


e0033713_921062.jpg



ぐっしょり濡れるほどシロップが沁みたカステラの上に
生クリーム、カスタードクリーム、栗クリーム。
真ん中に入った栗はもうひとつ別のクリームをまとってたんだけれど、なにかわかりません。

それぞれのクリームの柔らかさの度合いが合っているというか、
これはもう、渾然一体!
ひとつずつのクリームが際立つというより、
すべてを合わせた味わいがなんともたまらないモンブランでした。




                                           モンブラン 504円






e0033713_993249.jpg



次はクラークシーゲル
お店のおねえさんたちが元気で親切で、とっても明るいお店でした。

これは、ショコラモンブラン。


e0033713_9143111.jpg



中にチョコ風味のスポンジが入っていますが、そんなにチョコを感じるわけではありません。
それよりたっぷりの栗クリームがうれしいです。

甘さは控えめだけれどまったく甘くないわけじゃなくて、
なんていうか、遠くの方で甘さを感じるというか…
食べやすい感じです。

上の部分に油断していると、
土台のタルト部分が甘さはほんのりながら食べごたえが十分。


最初のお店プランタンがお持ち帰りだったため、実際に食べているのはここでまだ二個目。
なのに、
「うっ、早くもギブアップか???」
と思えるほど、ボリュームがありましたね。






                                     ショコラモンブラン  498円








e0033713_9381393.jpg
 
続いてのお店のモンブランは、
アイスと一緒に登場。

ケーキばっかり食べてた身にはうれしいじゃないですか。
(・・って、ほんとか??)


モンシェリー


このケーキのお名前はなんと、





モンブラン愛




e0033713_9354521.jpg



うーん、愛を感じるモンブランだなあ。。(謎!!)



e0033713_9404747.jpg



栗クリームだけでバラをかたどったモンブランは見たことがありますが、
生クリームとカスタードもうまく形にとりこんでいるのはスゴイです。

それにこの形は、食べる身としては、
栗クリームがいっぱいあっていいじゃないですか。


横に添えられた栗は洋酒が香って、大人の感じ。


広い店内だけれど、照明はおとし気味でなんか居心地良く、
ゆっくり過ごすことができました。

ケーキも丁寧に作られてる感じでした。




                                         モンブラン愛 550円







ここにきてさすがにおなかが苦しくなってきました。
少し歩こうと思って本通りをぷらぷらしていたらでっかいパンやさんが・・・


広島アンデルセン


1階にパン、チーズ、ハム類、ワインなどの食材
2階はレストラン
3階は小物や食器
・・・

上から下まで探検していたら、やっぱりモンブランもありました。


e0033713_9563040.jpg



2階のレストランでも食べられますが、
1階の通りをすこぐ横に眺められるカフェでいただくことにしました。


e0033713_9583259.jpg




上に栗、中に栗、
こぶりなのにきっちり、しっかり。

どこを見てもパンの部分なんてないのに
なんか、パン屋さんのケーキ!!っていうお味。
(どんな味なんだ!?)
悪い意味ではありませんよ、
なんていうか、食べなれたというか、よく知ってるっていうか・・
でもちょっと上等っていうか・・・


下のパイ部分もめっちゃ香ばしくておいしかった。






                                           モンブラン 504円






さて、デパ地下もちょっと探検。

そごうの地下から、Kサブールのモンブランを・・



e0033713_1010233.jpg



伊予栗の抹茶モンブラン


e0033713_1014887.jpg




ホントに抹茶!!
香りと苦みがすごく生きている。
これは、抹茶好きにはたまらないでしょう。

いくらモンブランが好きと言っても、
ここまで栗クリームを食べ続けてきた私が
その変化に喜んだことのも当然と言えるでしょう。

全体にケーキというより、ムースを食べてる感じでした。



                             伊予栗の抹茶モンブラン  472円







さて、こちらも持ち帰り。


e0033713_10182948.jpg



マリオデザート  栗のタルトモンブラン


全体に誰にも食べやすいモンブランが多かった広島で、
あちこちにたくさんお店があるからここもきっとそうだと思いきや、
意外にも洋酒が効いた大人のモンブランでした。


ツブツブの栗がたくさん入っているところも好印象。
・・・と思っているところにさらにナッツも出てきたりしてますますの好印象。
たっぷり食べられて大満足のモンブランでしたよ。





                                     栗のタルトモンブラン  630円







最後は通販をしない、ここでしか買えないモンブランを・・



e0033713_10262647.jpg





パティスリー アルファ  焼きモンブラン



e0033713_1028371.jpg




外はほんとにパリパリ。

といっても、パイ生地のあのパリパリさではありません。
まさに焼いたというか、
いやこれはもう、揚げたといえるほどの、
春巻きの皮のあのパリパリさ!!
(なんちゅう表現や)
香ばしさと歯触りがたまりません。

それでいて中は柔らかい。
さらに栗が丸ごと一個!!

さらりとした甘さとほんのり感じる油分と・・・、
これは確かにうまい。

ああ、食べてしまったらもう広島にこないと出会えないのだなあ・・
と、名残惜しくなるようなモンブランでした。



                       

                                   焼きモンブラン 280円






e0033713_10393365.jpg




最後と言ったものの、このお店でこんなモンブランを見たら買わずにいられないじゃありませんか。


これがパティスリーアルファの焼きモンブランじゃない方のモンブランです。



e0033713_10411527.jpg



中に栗が二つのなんて、初めて見ました。
ちゃんと切れ目まで入れてある。

ていうか、
外の栗クリームといい、中のクリームといい
このモンブランは美味しいです。

形もまためっちゃ美しいし、
その形ゆえに栗クリームがパラパラかと思えばまったくそうでない。
むしろ味がしっかり感じられる。


いっぱい食べた中でこれが一番印象的だったかもしれない。



                                        モンブラン ・・・円
                                    (旨さに逆上して値段を忘れてしまったよ。。)






みなさん、こんなもんでいかがでしょう。

あ、決して一日で全部食べたわけではありませんよ、
念のため…


                  二日で食べたけど・・・







このたび 今まで食べたモンブランが150個を記録いたしました。

そのモンブランたちは こちら をご覧ください。







にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2009-11-18 10:55 | マロンな日常 | Comments(8)

く、くるしい!!

こころなしか身体から甘いにおいが漂うような・・


ていうか、さすがにもう、当分甘いもんはイランわあ。。。



e0033713_1320850.jpg





紅葉も平和への誓いも後回しにして、

ご期待通り食いネタを炸裂させようと思ったけれど、

アカン! 今日はやすんどこ。。。






ちゃあんと観光もしてきたってばあ!!






e0033713_13285777.jpg








あわわわ・・・


こっちじゃなくて、ほら!!






e0033713_13294932.jpg

















にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2009-11-17 13:32 | ぜんぜんミステリじゃない日常

この週末はちょっとばかしお出かけしてきます。

行き先は・・・




その市がランキングで日本一なこと


○新生児死亡率の低さ

○市職員のうち係長以上の役職の中の女性の占める割合

○15歳未満の人口の割合

○路面電車の車両数

○お好みソースの生産量

○お好み焼き店の数

○一世帯当たりの牡蠣購入金額




はーい、みなさんわかりましたか???



では、いってきまーす。。。。








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2009-11-13 23:08 | ぜんぜんミステリじゃない日常

こんなん、どう??

マイケルの “THIS IS IT” よかったです。

いろいろと奇行が噂される方ですし、どーなんだろうなあ・・と、思っていましたが、
やっぱり彼は“超一流”でした。




で、全然関係ありませんが。
こんなん、見つけました。


e0033713_23355591.jpg




不二家 の ミルキークリームロール
10月から発売されていたようですが、今お買い上げ。


箱もかわいいけれど、中味もまた可愛いんだよぉ~。




ほぉ~ら!!





e0033713_23364745.jpg





巨大なミルキー!!




包みをあけてみると・・・



e0033713_23433338.jpg




これまた、ミルキーのように真っ白なロールケーキです。

クリームたっぷり^^



お味は、まさにあのお味です。

でも全然しつこくありません。

こーんなに巨大なミルキーを食べたら大変でしょうが、
その辺は、ちゃあんと考えて甘さをおさえてあります。

ミルキーの感じを残しつつ、さらりとした食べごこちを出したところはさすがというものでしょう。

今日は四人で分けたけれど、
私はひとりでだって食べられるなあ。。。




                                    ミルキークリームロール 1本 1000円









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2009-11-12 23:48 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(14)

図書館へ行く途中で近くの山を見たらば、
たった2、3日のことで紅葉が一気にすすんだようで、
見事に色づいていました。

カメラを持って出かけたいところですが、
今日はあいにくの雨ですね。

部屋に閉じこもって静かな秋を楽しむことにしましょう。



・・・・


と、いつにないロマンチックな出だしだったけれど、
ま、じっとしてても落ち着かないので、
この際、今までに食べたケーキ写真の整理でも・・・
(やっぱりそっちかい!!)



e0033713_1002343.jpg



滋賀県は彦根市 彦根城のすぐそばにある ボム・ダムール のモンブランタルト

ここのシェフはフランス人。

日本の人たちはケーキのほめ言葉に
“甘くなくておいしい。”
なんて言ったりして、甘さが控えめなのを好みますが、
フランスじゃあ、お菓子は甘いものに決まってます。

だからここは、
ここチョコならチョコ!!チーズならチーズ!!!
と、はっきりと濃厚で主調のあるケーキを作られます。


モンブランもガツンとしっかりモンブラン!

濃い栗クリームとたっぷりの生クリーム。
タルトの土台も香ばしい。

しっかりと甘いものを食べて満足したい・・
そういう時にここのケーキはもってこいなのでありました。


 
                                            モンブランタルト 450円







次は守山市のケーキ屋さんのケーキを・・・


e0033713_10134044.jpg



パティスリー シュクル のモンブラン


このお店は小さいけれど、可愛く飾られて、
なんだか家庭的な感じがするお店です。


e0033713_1016317.jpg




お味はかなりの“甘さ控えめ”系。

栗クリームの下の生クリームなんて、
“味あるんかい??” ってくらい甘味を控えています。

でもミルクの味がしっかり残っているし、
土台のメレンゲが甘さを補うので、
上から下まで一緒に食べるととってもいい感じ。


あっさり食べられるモンブランでした。




                                      モンブラン 400円






ここのお店の栗ケーキをあと二つ。



e0033713_10224261.jpg




e0033713_10231163.jpg






マロンタルト(上)と、季節のなんとか(名前忘れた^^;   下)


ご覧の通り、このお店のケーキは1個がかなりでかいです。


お店のショーケースに並んでると、
栗!栗!!
って、栗が迫ってくるようで、
モンブランだけ買うつもりが、ついふらふらとこんなに買ってしまったほどですわ。。。



e0033713_10274718.jpg




e0033713_10281710.jpg




どっちも、変な表現ですがかなり甘くない。

マロンクリームがどれもおんなじ味なんじゃ?
と、思わないでもありませんが、
どれもたっぷり、ぎっしりのクリームがうれしいじゃないですか。

そして、そんなにたっぷりのクリームでも甘さが控えてあるからくどくない。


タルト土台はとっても香ばしい。
モンブランよりタルトの方が好みかも、
なんて思ってしまいましたね。








                                        マロンタルト 420円
                                        季節の・・・・   4?0円
                                           (ひと月前だからねぇ・・・・)






食欲の秋にダイエットなんて言ってるのはどなたですか??
今のうちにしっかり脂肪を蓄えて、
一緒に冬眠しようよぉ~~~



      オマエは熊か!!






にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2009-11-11 10:46 | マロンな日常 | Comments(8)

昨日のモンブラン


最近はどの町にも情報誌があって、
いろんな情報やお得なクーポンがもらえるものですが、
滋賀のタウン誌 GO GUY!(ゴーガイ)も 岐阜の情報誌 LI COLOR (ライカラ)も秋はケーキだらけ。


e0033713_11405594.jpg




こんなのを見せられた上に、この土日の好天ときたら、
もう、出かけないわけにはいかないじゃないですか!!




e0033713_11421869.jpg



そんなわけでまずは、滋賀県大津市 パティスリー ユーピユーピ の モンブラン


e0033713_11462232.jpg



洋酒の香りただよう栗クリームの中に甘さがほとんどない生クリーム。
土台はダックワースって言うんでしょうか、
ナッツが香る固いクッキーのような感じです。

生クリームはミルキー系で、
そのミルク度がちょっと少なめな気もしましたが、
栗のクリームととっても合っていました。

そうそう、栗クリームの下にフランボワーズが隠れているのもうれしいアクセントで、
全体的になんていうか、とっても丁寧に作られてるなあ・・と思うモンブランです。


しかし・・・
土台がちと固い。
上から下まで、ナイフで切れ目を入れようとした時に、
お皿を“カッチャーン!!”といわせないのは至難の業。
お店で食べるのにものすごく気を使うじゃありませんか。。。
せめてもう少し大きいナイフを添えるとか???



ケーキのお皿にはナッツのクッキーがおまけに付いてきました。
それがモンブランの栗クリームによく合って、
何と何を合わせるかよく考えてるお店だなあと思いました。





                                       モンブラン  420円








続いて、びわ湖をぐるっと回って向こう側に向かいましょう。


e0033713_11591855.jpg



比叡山のふもと、 大津市坂本 ラ・フルール なめらかモンブラン。


このケーキ、姿が美しいですね。
後ろからも見てみましょう。


e0033713_1214820.jpg



ホント、なめらかで羨ましい(なにが??)。


e0033713_1233055.jpg



お味は、昔ながらの黄色いクリームのモンブランがあるでしょ、
あれをもっとずーっと上品にした感じ。
甘さを控えた栗クリームと中の生クリーム、カスタードクリーム、
そしてカステラが、なんとも優しいお味です。


お店も明るくて家庭的。

オーダーを聞いてくださった方はほっそり優しげな奥さまで、
ああ、この方がケーキを作っておられるのだなあ。
なるほどなるほど、柔らかい感じのケーキと雰囲気がぴったりだ・・
なんて思って食べてたら・・・

お店の奥のキッチンにまゆ毛の濃いがっちり型のシェフが!!


ウッ!ケーキと似合わない!!


それはともかく、嬉しくなるくらい素直で優しいモンブランなのでありました。




                                    なめらかモンブラン  410円







さらに、びわ湖の西側を北上。


e0033713_12125190.jpg



比良駅の近く 菓子工房 友 のモンブランは 栗のお山 というかわいらしい名前。


e0033713_12163419.jpg



栗クリームのクリ度が高いのが嬉しいです。
あっさりした生クリームの中にはカラメルのクリームが入っています。

全体を一度に食べると、なんと表現したらいいのか、
“複雑な味”
としか言いようのないモンブランでした。



 
                                       栗のお山 420円



ケーキを求めてびわ湖をぐるっと一周まわることになりましたが、
紅葉にはまだすくし早かったようですね。


e0033713_12203372.jpg




このあたりが、ほぼびわ湖のてっぺんですよー。








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2009-11-08 12:22 | マロンな日常 | Comments(10)