また、こんなにっ!!

  
e0033713_7595031.jpg



だぁぁ~れぇぇぇ~がぁぁぁ~

こんなに食べるというのた!!





・・・



とか言いながら、いつの間にか溜めこんどいたはずのお菓子が
減っていっているところが怖い。










e0033713_811697.jpg


e0033713_8215956.jpg
日清シスコ クリスプチョコ マロンチョコ  

こちらの中味ですよ。





確かにマロンの香り。

バラバラになったチョコフレークの方とどう違うのだ? 
と思わないこともないけれど、
こっちの方が食べるときに手が汚れないよね。









e0033713_8252479.jpg



e0033713_8263279.jpg
こちらは、この中身。

ギンビス しみコーン マロン

袋を開けただけで栗の香りがするチョコフレークとちがって
こちらはそれほど香りがきつくありませんでした。
(・・・と思う。なにせ食べたのが大分前だから^^;)

あっさりした感じです。
(・・と思う。)



関係ないけれど、このギンビスっていう会社が出している
『アスパラ』というお菓子が好きなんですが、
知ってる方はいませんかね??









e0033713_8325372.jpg



e0033713_8345162.jpg
これはこの子、

ブルボン ちょこづつみ モンブラン味
かじったような断面写真になってしまったので
小さくしましたが、
歯型ではありませんよ。。。


“もち”って言ったらホントに餅なんだよね。
しっかりと粘りと伸びがある。
でもベタベタしない。

この食感はちょっとクセになりそうです。
日本の技術はすばらしい!!

中に入っているモンブラン味のチョコもこのお餅によく合っています。

普通のチョコだとお餅とケンカをする・・というか、
張り合う感じですが、
モンブランチョコは上手くなじむ感じ。

普通のチョコよりこっちの方がいいのでは??と思いました。











e0033713_8444593.jpg




e0033713_845249.jpg
で、こちらは

森永 ディセール・ドール 栗


これは、しっとり旨いです。



いつも思うのですが、
これは、某ロ●テ チ●コパイにそっくりだけれど、
こっちの方がしっとりしてる
・・・ていうか、ちょっと“モチっ!!”とした食感があります。

このわずかにあるモチモチ感が食べててホント気持ちいいんだなあ。

この会社のエ●ゼルパイは中のマシュマロがあまり好きじゃないけれど、
こっちの食感はとってもいいと思います。

もちろん“栗”って大書するくらいなのいで、
栗の香りもほどよく感じられ
甘味もいい感じでした。








さて次は・・

て、まだあるんかい!!








本日上にあげた4種に早くも手をつけてしまいました。

だって、忘れないうちに・・と思って・・・
ごにょごにょ・・・・




e0033713_85437100.jpg




こちら チロルチョコ株式会社 秋のプチデザート の中味です。

三種の秋のデザートが入っています。


秋のデザートといえばチロルチョコさん、
去年はチョコの中に柿の種を入れるというトビっぷりでしたが、


e0033713_94373.jpg



・・・・









関係者が左遷されておられないことを祈ります。。。






e0033713_9104284.jpg今年は無難に
オランジェ、アップルパイ、そしてモンブランロールの3種です。



そして、モンブランロールについては
ロールと言うからには・・ということでしょうか、
クリームを渦巻にするという念の入れよう。
(袋の後ろの解説より)




















e0033713_913444.jpg



・・・て、イッコも渦巻いてぇへんヤン!!







 



関係者の左遷がないようにお祈りします。



あ、お味の方は中のクリームがとってもクリーミーでおいしいです。
周りのチョコもソフトな甘さだし、
とっても良くできていると思いました。











あ~疲れた、最後は・・

読んでる方が疲れるわっ!! ← 全国からの突っ込みの声)


e0033713_9194284.jpg




明治 マロンチョコレート


こっちは何の飾りも付け足しもなくて
ただ“マロン!!”と言ってるだけあって濃厚路線です。

しっかりとしたチョコの味としっかりとした栗。
甘さもそんなに抑えてあるわけではありません。

王道をいきました・・そんな感じでしょうか、
“チョコレイト~は、め・い・じ!!”の意地って感じですね。








栗は皮をむくのが面倒だし、
1個がそんなに大きいわけじゃないから
お菓子にするには数がたくさん必要になるし、
自己主張が強い味じゃないから
合わせたものの方が勝ってしまわないようにするのが難しそうだし、
・・・

と、いろいろと大変そうですが、

栗がない秋は「   」がない「   」と同じ。
(問題 「 」に適当な言葉を入れよ。)




様々に工夫をしてくださる各メーカーに感謝です。。。。











・・・と、うまくまとめたと思ったら


まだあったわぁ!!


e0033713_9334789.jpg




e0033713_9363847.jpg

ローソン マロンどら焼き




甘さ控えめ、でもたっぶり栗餡が入っぃいるのがうれしいです。

小ぶりだからパクパク食べられてしまう。

7個入りですが、一袋あっという間でございました。





今後の影響がこわいですねぇ・・・・・










にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2010-09-30 10:00 | マロンな日常 | Comments(8)


さて、ここらでひとつ今季今までの栗たちをまとめておきましょうかね。

・・・長くなりそうな予感。
みなさん、胃薬の用意はいいですか???



まずはやっぱり、モンブランケーキから・・


e0033713_8235729.jpg



滋賀県草津市 ポーレさんのモンブランです。


このポーレというお店は草津駅前の商店街の中にある本当に小さな(失礼!)お店。
でも、お店の方の対応がものすごくいい印象でした。

「モンブランを一個だけくれ」というワタシに嫌な顔ひとつせず、
「保冷剤はどのくらい要りますか?」とさえ聞いて下さる。

おまけにこんなのまで貰っちゃった!!


e0033713_828299.jpg


これだけじゃなくて、
さらに、全員におまけしているというリーフパイも1枚!!

おいおい、儲かってンのか?!


お味の方は、おまけしてもらったから言うわけではありませんが、
隅に散りばめられたパイ皮が香ばしく、
スライスしたアーモンドの香りがまたよくて、
でもって2種類のスポンジがまたしっとりとしてクリームとの相性よく、
とっても美味しかったです。

この形もかわいいよね。



有名パティシエのケーキは、それは美味しいけれど、
街なかのみんなに愛されるケーキ屋さんをあなどるなかれ!!
そう思いました。


このお店、包装してもらって帰る時、
中の作業場からわざわざご主人も出てきてお礼を言って下さった。


うっ、モンブラン一個だけのお客にここまで!!
と、感動してお店を後にしたのでした。




箱に小さく描いてあったワンポイントもなんかいいよねぇ。

e0033713_8354761.jpg





                           ポーレ モンブラン  320円











いつもはケーキ店で“1個だけ下さい。”となかなか言えないワタシ。
今のポーレで勇気を得て、次でも1個だけ頼んでみました。


e0033713_8472622.jpg



草津駅西口 Aスクエアというショッピングモール内にある

アップルツリー さんのモンブラン



こちらのお店もホントはカフェなのに
中で休みもせず、持ち帰り1個だけの注文ににこにこと、
「お持ち歩きのお時間は??」と聞いて下さる。

でもって帰り際に店主(かな?)さんまでお見送り。


うーん草津!愛想いいぞ!!



e0033713_8545024.jpg



ここのケーキはなんといっても上にのった巨大栗でしょう。
はい、でっかいです!!


でも、甘さを抑えてあるのでぜんぜんくどくありません。
久々にデッカイ栗を丸ごと食べることができて、
ああ、秋になったんだなぁ
と、ホントに思いました。


下のクリームはしっとりとチョコのスポンジになじんでとってもいい感じ。





                        アップルツリー モンブラン 450円









そして・・


e0033713_8434376.jpg



同じく草津駅西口近く エーデルマン のモンブラン


ここでも1個だけ注文。
おまけにスプーンまで付けてもらっちゃったよ。
お店の方の愛想よさがうれしい。



考えてみたら草津駅近辺は、
西口にはこの三店の他にパレットもあるし、
東口に出れば近鉄百貨店の中に
クラブハリエやマールブランシュの大御所もあるし、

ケーキ激戦区なんだな・・・



e0033713_961685.jpg




モンブランは薄めのメレンゲを一番下に敷いて、
その上にこれまた薄めのスポンジ。
そしてその上にカスタードのクリームがたっぷりのってるのが珍しい。

もちろんその上には生クリームと栗クリームもしっかりのって、
5層のケーキになってました。


食べごたえがあります。

見た目のはかなさとは裏腹に
味の組み合わせが考え抜かれていて
ケーキ好きに満足感を与えるような、そんなケーキでした。


見た目といえばこのお店、
ケーキの見た目の美しさと美味しさは比例する
が持論のワタシは
ショーケースをみた時点で“ここは美味しいにちがいない!!”と確信いたしました。



ああ、他のケーキも食べてみたい。。




                         エーデルマン  モンブラン 450円







e0033713_9172797.gif






次は和菓子



e0033713_918978.jpg




滋賀県米原市 じょうきやさんの秋の和菓子たち
上から右回りに“栗っこ”“栗きんとん”“栗蕎麦上用”です。

開けてみましょうかね。


e0033713_9212413.jpg




次は中味を・・


e0033713_9233547.jpg




あんこは甘さ控えめ、皮の部分はしっとり。
特にちょっともちもちした感じの蕎麦入り皮がたまりません。

それから“栗きんとん”は
ちょっと食べたことがないくらいの濃ーーーい栗の味。

これはやみつきになるかもしれないです。

1個ずつ丁寧に作られているなあ・・と
ホント、そう思うお店です。




e0033713_9282389.gif





次はパンを・・


草津のイオンモールをうろうろしていたら、
パン屋さんでこんなのを見つけてしまいました。

e0033713_9285988.jpg


カンテポーレ さんの マロンデニッシュ

“季節限定”って書いてあると、どーもいけない。



e0033713_9305443.jpg



生クリームたっぷり。
ても土台部分にしっかり栗クリームもたっぷり。

デニッシュサクサク、
そのデニッシュに対して、
“ちょっと多すぎるんちゃうん??”
というくらい気前よく入れられたクリームがなんとうれしいことか!

でもそれほどくどくなくてすっきりした感じでしたよ。



                   カンテポーレ マロンデニッシュ 180円








e0033713_9351779.gif





アカン・・・もう疲れたてきた・・・


次は栗お菓子と思ったけれど、もう今日はこれだけにしとこ。



e0033713_9364837.jpg



ファミマでみつけた ブラックモンブラン アイス


e0033713_9465744.jpg




そもそもワタシはナッツ系以外のツブツブがくっついたアイスはあんまり好きじゃないんだよ。

だいたい、ブラックモンブランて何やネン!

“ブラン”って確か“白い”っていう意味だよねぇ。
モンブランといえは、白い山

ブラックな“白山”って????

言うてることがおかしいやろ!!

(あまりの栗だらけにだんだん逆上してキレ気味)









中味は黒くない

e0033713_9453592.jpg




じゃあ、どこが“ブラック”なんだよぉっ!!

(ホントにキレてる)





にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2010-09-24 09:48 | マロンな日常 | Comments(14)

いにしへの・・


奈良はもう一か所、

立派な五重塔がある興福寺へ・・・


e0033713_1537492.jpg


しかし、この五重塔というのは不思議ですね。

京都で見ると、“おおっ!さすが京都!!”と感動し、
奈良で見ると、“わおっ!いかにも奈良って感じっ!!”と思う。

どっちやネン!!ってハナシですが・・・

どっちなんでしょうね。。。
下に舞妓さんがいるか鹿がいるかの違いか???



e0033713_15353100.jpg












こちらは東金堂 (国宝)

e0033713_15393754.jpg













さて、ここ興福寺には、あの有名な方がいらっしゃいます。


国宝 阿修羅像  奈良時代

e0033713_1541481.jpg






美しい・・・



しかしいくら美しくても、記念撮影をするわけにはまいりませんので
“しおり”でごめんなさいよ。





興福寺というこのお寺は国宝だけを集めて『国宝館』などという資料館がつくれてしまうほど、
ずら~っと、国宝につぐ国宝。

奈良、平安、鎌倉・・と、
どれをみてもこれをみても国宝だらけのお寺です。



そのあまたの国宝の中で、
そしてひしめく観光客に埋もれながらも
真っ先に目を射てくる、その存在感は大変なものでした。



e0033713_16285924.jpg



いつまで見ていても飽きない。





国宝館には他にも巨大な千手観音をはじめ、
歴史の教科書で習ったあの像この像がたくさん納められています。

さらに、興福寺境内に点在する伽藍や塔自体もまた国宝。



ああ、ここに一日中いたい!!

   平城京はいかんでエエんとちがう??




こちらは南円堂 (重要文化財)

e0033713_16153172.jpg





奈良にしても京都にしても
古い都はそれだけの重みを持っているもの。

遠くの方なら、
駆け足でたくさん回って雰囲気を楽しむのも大事でしょうが、
近くに住む私たちは、
一か所にじっくりと腰を落ち着けて観光するのがいいかもしれません。


   ・・・て、京都も訪問しきれてへんのに奈良にまで手を広げるのは無理!
      わかってんのか、ワタシ!!


















さて、駆け足で奈良を歩きまわったワタシは
その晩は、足がつって苦しみ、
次の日は疲れで一日ゴロゴロ・・のていたらくと相成りました。


その間にまたこんなに栗関係お菓子が溜まってしまったのだよ・・


e0033713_16272284.jpg



どーすんの、これ??

いったい誰が、いつ食べるというのだ???

























あっ!!



この方なら簡単かもしんない!!  なにせ三人前・・・・


e0033713_15582563.jpg


(バチあたり)








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-09-21 16:35 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(6)

なんとキレイな・・・


e0033713_15181374.jpg





奈良です。

平城京遷都1300年祭です。



平安京フリークを自称するワタクシといたしましては、
いささか不本意ではありますが、
日頃お世話になっている手話サークルの旅行とあっては行かないわけにはまいりません。

平城京の方もご訪問することといたしました。



しかし・・・













e0033713_1525452.jpg


なーーーーんもないわねぇ。





最初の写真、“大極殿”の上から会場を見ているわけですが、
どーです、みごとに何もないじゃありませんか!!


むこぉぉ~~~~ぉの方に見える朱雀門との間を歩くこと約20分。


展示物なし
店なし
ベンチなし
日蔭なし

なし、なし、なし・・・の広ーーーい空間が広がっております。


考えてみたら朱雀門というのは大内裏の南門なわけで、
この中全部が平城京の政治の中心部。
そりゃ、広いわけですわな。



e0033713_15553812.jpg



あをによし・・と言われる奈良の都。
 
どんなに美しい都だったのでしょうか・・・。




・・・と、遠い時代に思いを馳せたいところですが、

そして会場には、遺構展示館や歴史館、資料館などもあり、
平城京についてゆっくりと見識を深められる施設もあるのですが、



この広大な場所を歩いて疲れ果てた私たちは
歴史の勉強は早々にほおり出したのでありました。













なあに、自分たちが天平人になったから、
当時の人々への理解はばっちりさ!!



e0033713_15475379.jpg









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-09-20 16:17 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)



アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇る巨大複合企業アンブレラ社は地下施設でひそかに細菌兵器の開発を行っていた。

ある日地下研究所から研究中の『Tウイルス』が漏れ出すというバイオハザード事故が発生。


e0033713_925490.jpgTウイルスは感染者野体力を異常に向上させ死なない身体にするものの、
知脳をもたない食欲だけの怪物(アンデッド)に変えてしまう。

研究所を管理するマザーコンピューターは、
施設を閉鎖し内部にいたすべての人間を抹殺することでTウイルス漏出を避けようとしたが、
アンブレラ社の企みにより地上への流出を止めることはできなかった。


(バイオハザード1)







e0033713_9522196.jpgTウイルスはある博士が自分の筋ジストロフィの娘のために開発したもので、
人間の身体能力を極端に高めることができる。

人間兵器として使うための改良過程でバイオハザード事故を招いたアンブレラ社は、
事態の隠ぺいを図るため町ごと核兵器で消滅させようとする。

Tウイルスに抗体をもち、
アンブレラ社の人体実験の材料にされていた女性アリスは、
ウイルスの力で超人的な身体能力を得、町に取り残された人々を救おうとする。


(バイオハザード2)








e0033713_10271854.jpg8年後、ウィルス汚染は全世界へと蔓延し、
地球はアンデッドで溢れ返る砂漠化た死の星と化していた。

アリスはわずかに生き残った人々と合流する。
人々は唯一汚染されていない土地だというアラスカをめざしていた。

アンブレラ社はアンデッドを一掃するために
アリスの血液から血清の作成とアリス本体のクローンの作製実験を繰り返していた。


事態の元凶となったアンブレラ社への復讐と残された人類を救うために
アリスは単身アンブレラ社の地下研究所にのりこむ。


(バイオハザード3)










で、やっと4。。。




バイオハザードⅣ アフターライフ


誰もいないアラスカでアリスは
前作で生き残った人々の中心となっていたクリスと再開する。
彼女は何者かに記憶を消す装置を付けられていた。

アラスカは安住の地ではなかった??





e0033713_1032691.jpg



ふぅ~・・・

誰に頼まれたわけでもないのに
ながながと解説してしまったぜ。





だってねぇ、今回ほとんどストーリーがないのだもの。

アンデッドからさらに進化したゾンビが出てきて
あちこちで驚かしてくれるものの、
話の内容は?
なにがどーしたっていうの?



e0033713_10562130.jpg




話の早い段階でTウイルスを無効にする抗体を注射されたアリス。
なのにそのあともあの超人的な闘い方をするのはなぜ?
(いや、アクションはとってもうれしいんだけれど)

“人間に戻してくれてありがとう”
なんて言ってたけれど、アレで彼女は“人間並み”だというの?


ていうか、アンブレラ社・・・



そんな抗体が作れたんなら、はよアンデッド達に打たんかい!!





安住の地とか偽ってさらに人々を集めて何を実験してるのだ??

さらに強力な兵器の研究??

アンブレラ社アンタ・・・




人類がほぼ壊滅しているというのに何がしたいのだ???








e0033713_11101062.jpg





アンデッド達もすっかりその他大勢扱い。
なにやらさらに強力になった風のも出てきたけれど、
自分にも感染の危機が迫ってくるという追い詰められた怖さは消えて、
いきなり、

わっ!!!

と、驚かされる怖さだけ。





脅かすのは上手いですよね。


おなじみの視線の低いショットがじわじわ、じわじわ迫ってきて
くるぞ、くるぞ・・
と不安が頂点になった所へもってくるのではなくて、

なあんだ、違ったのか・・
と安心したところへ

わっ!!!


と。





なるほどそういう作戦か・・
とわかっていながらその都度とびあがってしまった自分が悔しい。。










アクションはかっこいいです。

3Dを意識しすぎてるせいかスローモーションの多用は鼻につきますが・・


e0033713_1114492.jpg



もうこうなったら話の内容なんてどーでもいいいから、
アクションシーンだけを次々に見せてくれたらそれでいいです。

とさえ思います。
(エロ映画か)








お馬鹿アンブレラ社が生き残った数少ない人々に攻撃さえ仕掛けてくるようですが、
Ⅴはどーなってしまうのでしょうねぇ・・












にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2010-09-14 11:18 | 映画な日常 | Comments(0)

栗お菓子第2弾

  
心なき 身にもあわれは 知られけり


e0033713_12463830.jpg



栗お菓子買う  秋の夕暮れ   
 










また買ってしまいました。


それも、大物!




        森永 ディセール・ドール 栗 


        ロッテ キャラメル&マロンのケーキ  







ご覧のとおり、まだ箱は開いていません。
なので味がどうだこうだのご報告はまだできません。

しかし、それではあまりに申し訳ないので、
森永栗ケーキの変遷などをご覧ください。。。

  2008年から今年まではほとんど間違い探し状態^^;




e0033713_1310843.jpg




      それぞれの記事はこちらです。
           2005年  
           2006年  
           2007年  
           2008年   
           2009年  











ロッテさんの方は去年出た、これ のみのようです。


e0033713_1310504.jpg






両社ともケーキ自体の写真は去年と同じじゃないのか???










あ、そうそう先日溜まっていたお菓子は少し食べましたよ。


e0033713_13195444.jpg



ロッテ 大人のトッポ 和栗


いつもは冷蔵庫に入れておいたものを食べるので中のチョコが固めですが、
今回、ある程度の時間外にあったので、中はとろりと柔らかかったです。

栗ですよっ!!!ってほど栗を主張するわけではありませんが、
コクのあるクリームがたっぷりでうれしいです。






e0033713_13232030.jpg
日清シスコ チョコフレーク マロン


こちらは袋を開けただけでふわっと栗の香り。

でもそんなにくどい感じではなくて、
飽きずに食べられます。










さて、残りの栗お菓子たち、

なくなるより増えていく方が多い気がするのだけれど・・・







にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2010-09-12 13:27 | マロンな日常 | Comments(2)

  
秋来ぬと目にはさやかに見えねども・・・


e0033713_16571118.jpg



季節限定栗お菓子にぞ驚かれぬる



お菓子の世界には秋がやってきたようです。








というわけで、

ロッテ 大人のトッポ(和栗のケーキ)

日清シスコ チョコフレークマロン と、
        クリスプチョコマロン

森永 栗キャラメル




えっ??
封が開いてないって???





もう食べられません!!

・・ていうか、
食べられるけれど我慢中!です。





この封が開けられる日は来るのかなあ???












でも、こっちは食べちゃいました。。。


e0033713_17112244.jpg



長●市ジャスコのパン屋さんで見つけた、


和栗のパイ


e0033713_17143648.jpg




中が粒の栗じゃなくて栗餡なのがイマイチですが、
1個80円だから許せますね。


チョコとパイ、そして栗にゴマがよく合っておいしいです。




あ、実物はこんなに巨大じゃないですからね、念のため。。。








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2010-09-07 17:18 | マロンな日常 | Comments(10)


e0033713_9595087.jpg
  これ ワタシもほしいです。    



       マクドナルドさん写真無断使用謝罪多大



でもLLセットを食べないともらえない。

ちょっと、それはねぇ、
食べて食べきれないことはないと思うけれど、
いや、多分食べきれる
昨今のいろんな事情を鑑みても、
LLセットは避けたいのは必定。

なら、息子にメールじゃあ!!・・とばかりに
「至急LLセット食べてあれ貰って。ハンバーガーか、ポテトのヤツ!!」
と、送ったらば、






「あれは選べん」
    (おおっ!!過去最高の6文字の返信だわ!)







そうか、ダメなのかあ・・・







でも、これだけ!!


e0033713_9414813.jpg





どうしたのかって?


はい、息子が持ってきてくれました。










持ってきてくれたって言ってもそこにはこーんな事情が・・・


なんでも東京に下宿してるお友達のところへ遊びに行くんだそうで、
それも青春18切符で行くそうで、

青春18切符は普通列車だけしか使えないから、
米原で乗り換える時に 「家のデジカメを駅まで持ってきてほしい」って。








京都から東京まで普通列車って・・


東海道五十三次か!!

オマエはヤジさんキタさんか!!








・・・とか思いながらも、そこは親バカですから持って行きましたよ、いそいそと。
カメラに充電器、それに道中のおやつまで添えて


そのときにデジカメの代わりに貰ったのでした。







意外にデッカイんですねぇ。

でも2個めアイテムとしてはアップルパイはありですが、
やっぱりハンバーガーのヤツがほしいなあ。。。



だれか、LLセット食べません???









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-09-05 10:10 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(19)


それは夜も10時をまわったころ。

ご近所主婦(専業)から近隣主婦3名(ワタシ以外は仕事持ち)に
一斉送信したと思われるメールが・・・


明日、クラブハリエに行かへん???    




あしたってアンタ?!
みんな仕事やろ???


と返信したとたんに案の定、1名から
“ごめーん!仕事や!!”と返事が入ります。




ほら、ゴランなさい、ンな急には無理やわ。
と、内心ほっとするワタシ。

だってねぇ、お盆の同窓会からこっち、
食べる機会が多くて多くて、
その上この暑さでガリガリ君にはまって、毎日2個ずつ食べてたもんだから、
体重が戻らヘン。
  ・・戻るていうか、既に高値安定。

ここでスイーツブッフェなんてとんでもないのであります。


無理、無理、無理、無理・・・
どうか今回は延期になりますように・・・


なんて思ってるのにもう1名の返事は、



大丈夫。歯医者、予約してたけど断ってハリエ行くわ^^







歯医者やめてケーキ屋さんて・・・・











e0033713_8164510.jpg




というわけで、また行ってしまいました。


クラブハリエ ペーストリーブッフェ(ケーキバイキング)





夏のフルーツケーキ特集の最終日だったようですね。


もうこうなったら食べるしかないじゃないですか!!

しかも、フルーツ系だからあっさり、すっきりしてるので
なんだかいつもよりたくさん食べられるときてる。



e0033713_8231856.jpg




うすーいタルト生地に甘味を抑えたクリームと新鮮なフルーツがのった
フルーツタルトが絶品でございました。


ひと皿め、6個、
ふた皿め、7個、

このあともう写真を撮るのを忘れてしまいました。

三皿めは3個とグレープフルーツゼリーとフルーツヨーグルト。

それらの中休みにはキッシュとミニピザをいただきました。












うーむ、







破滅への道のなんと甘美なこと!!







いけない、あの人だけはいけない・・
とかいいつつ恋の深みにはまっていく昼メロの奥さまの気持ちが
少々わかったのでありました。(←大ウソ)
















さて、悪魔のお誘いから戻ること3日。


アンタ、こんなの知ってる?!


と、メールを送ってきたのがもうひとり。


そこには栗だらけのロールケーキの写真が!!





ひこにゃん市のショッピングモールで行われてる物産展の模様でした。


そりゃあ、行かないわけにはいきますまい!!




e0033713_8385180.jpg






どうですか?
この栗ぶり???


新潟県長岡市 ガトウ専科 というお店のモンブランロールです。





e0033713_842384.jpg






お味はしっかり。

甘さを抑えて・・なんて上品なことやってません!!


きっぱり甘くて、
しっかり栗で、
めっちゃ食べごたえがある。


いうなればガッツリ系。




一度に半分は食べられるあの堂●ロールに対して、
こちらは2センチで大満足。



どっちの路線がいいというものではありませんが、

ああ、どっしりしたのもいいなあと再認識したのでありました。




                      ガトウ専科  モンブランロール たしか1450円


















しかし・・・


この夏の過ちを取り戻すことはできるのでしょうか。

















友だちっていいなあ!!
  (涙)







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-09-02 08:56 | マロンな日常 | Comments(18)

8月の読書

  

e0033713_9415118.jpg




探偵は吹雪の果てに(東 直己)
夜行観覧車(湊 かなえ)
バイバイ、ブラックバード(伊坂 幸太郎)
渇き(東 直己)
NOVA2---書き下ろし日本SFコレクション(東 浩紀,恩田 陸,法月 綸太郎,宮部 みゆき,神林 長平,倉田 タカシ,小路 幸也,新城 カズマ,曽根 圭介,田辺 青蛙,津原 泰水,西崎 憲)
甘栗と戦車とシロノワール(太田 忠司)
ライダー定食(東 直己)
残光( 〃 )
ファッションファッショ(山田 詠美 ピーコ)
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン(小路 幸也)
綺想宮殺人事件(芦辺 拓)
すれ違う背中を(乃南 アサ)
ゆかいな誤変換。(ヨシナガ)
薔薇を拒む(近藤 史恵)
自白―刑事・土門功太朗(乃南 アサ)




e0033713_9423337.jpg




探偵は吹雪の果てに、渇きなどなど(東 直己)
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン(小路 幸也)
  
   一度確かに読んだことがあるはずなのに内容はさっぱり・・
   そんなことがよくあるくらいだから、
   シリーズになってる本の場合、あとの方を読もうとして
   シリーズ開始当初はどうなってたんだっけ???
   なんて思うのは当然です。
 
   この際、飛び飛びに読んでたシリーズを最初から読み返そう・・
   と、図書館の方に面倒をかけて書庫から出してきてもらってます。


   読み直したの本はここにはあげてませんが、
   東京バンドワゴンの初回や東直己のススキノ探偵などなど
   あ、映画化するというのを聞いて『はて?どんな話だっけ??』と悩んだ
   米澤穂信「インシテミル」も・・
   

   しかし、何度でも新鮮に読めるってお得だよねぇ~・・・




夜行観覧車(湊 かなえ)

   ・・・て言ってるそばから、これ読んだ時、
   告白を超えるのはなかなかないけれど、2番目くらいにはなるかな?
   と思ったはずなのに、たったひと月で
   “どんな話だっけ??”と、自分のHPてを見にいく羽目に・・





      そういうわけで詳しくは こちら をご覧ください。
   















上のお写真は、下鴨神社、糺の森で毎年開催される 下鴨納涼古本まつり


ブッ●オフの100円コーナーにあるような本もいっぱいあれば
(値段はそのまた半額くらいも)
なんだかよくわからないぶっとい専門書もあれば、
和綴じになったほんとの意味の古書もあれば、
ちょいと古い昭和初期の雑誌もあれば、
絵本や児童書もあれば・・・

・・・と、きりがないくらいたーーーんさんの本たち。



そんな本を並べた古本屋さんが0軒くらいテントを並べる中、
あちこちきままにのぞいて歩けます。










二枚目は大丸地下で食べられる あの 三嶋亭 のすき焼き膳


一度は食べたい三嶋亭本店のすき焼きではありますが、万札がとんでいくのは必至。
それを大丸地下で1995円の定食として出してもらえるのはありがたい限りです。



こんなモンは本店とは別物です!比べたら失礼!!
食べログにはこういう意見もありましたが、
ワタシにはこれでも充分!!
ていうか、満足以上の満足。


お肉が口でとろけるとはこのことか!との感動を味わえました。

コミックは・・・
[PR]
by michirudesu | 2010-09-01 10:37 | 読書な日常 | Comments(4)

好きなことしかしないっっ!!