良いお年を・・・

今年は何個モンブランを食べたかしら・・


e0033713_8584093.jpg




48個だったようで、意外に少なかったですね。
今年は『これっ!』ていうのがないんですよねぇ。








読んだ本は233冊。

初めてorほとんど読んでなかった作家さんで今年読み出したのは
   石持浅海さん 鳥飼否宇さん 海月ルイさん 大倉崇裕さん

   印象に残ったのは 累犯障害者(山本譲司)
      現在服役中の人を除いて、毎年新しい刑務所に入ることになる人は約3万人。
      そのうち20%以上が知的障害者だという。
      塀の中にしか安住の地がないという彼らの実態とは。

   ・・・だけですか。


     

  くわしくは こちら







観た映画は
  フォース・カインド
  アバター
  母なる証明
  オーシャンズ
  ラブリーボーン
  パーシージャクソンとオリンポスの神々
  シャーロック・ホームズ
  シャッター・アイランド
  アリス・イン・ワンダーランド
  名探偵コナン天空の難破船
  プリンス・オブ・ペルシャ
  ザ・ウォーカー
  アイアンマン2 
  プレデターズ
  告白
  ソルト
  バイオハザードⅣ
  ナイト&デイ
  エクスペンタブルズ
  13人の刺客
  ハリーポッターと死の秘宝
  スペースバトルシップ ヤマト(×2)
  トロン レガシー
  

     そう、世間は忙しい年末だというのに
     しっかりトロンを観てきましたよ。
     3Dと大変に相性がいい映画でしたわ。

  
     印象に残ったのは、アバター、シャーロックホームズ、告白、トロンくらいか・・
 





ケーキも本も映画も
印象に残ったのが少ないのは単にワタシの記憶力がないせいだったりして・・









そんなこんなでワタシにはとても楽しい2010年でしたが、
皆さん、来年もどうかよろしくお願いいたします。



それでは・・・



e0033713_991930.jpg







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-12-30 09:10 | ごあいさつ

栗整理

本当に見年も残りわずかとなりましたね。
みなさんお正月の準備はすすんでいますか?
ワタシは昨日でお掃除は終了しましたよ^^


クリスマスにはもちろん、こちらをいただきましたし。


e0033713_975084.jpg
  


たねや近江八幡店 の モンブランリース


e0033713_991755.jpg



スポンジ部分にナッツが贅沢に散りばめられていて、
その香ばしさがたまりませんわ。

クリームは甘味がしっかり感じられるのにくどくない。

栗クリームも栗の渋さやアルコール感はなくて上品な味わいです。

さすがにクリスマス用のケーキ、
子どもから大人までみんなが楽しめるように作ってありました。


おねえちゃんはまだ帰っていないのでただ今3人暮らし。
もちろんワタシが2分の1いただきましたよー。











さて、そんなこんなの年末、
パソコンの中には秋に食べた栗たちがまだ入っています。

先日恵那と中津川の栗をUPしましたが、
それより以前に食べた京都の栗たちが・・・・

今年のことは今年のうちにやっとかないと落ち着かない。
(・・ていうか、もうどんな味だったのか忘れそうだよ。)





e0033713_9165162.jpg
e0033713_917940.jpg



そんなわけで、まずは嵯峨野 竹路庵さんの栗大福です。


力を入れておられるわらび餅を尻目にこちらを買ってまいりました。

お餅がやわらかーい。
このきめの細かさはどうでしょう。

甘さ控えめのあんこの中にどどーんと栗が入っているのが泣かせます。


                           竹路庵 栗大福 378円







つづいて、笹屋吉清さん

ここはなんといってもこれでしょう。


e0033713_9245219.jpg


だって、名前が大栗殿 ですよ、大栗殿。


おおおくりどの!!

まさに栗さまさまじゃありませんか!
   ・・・と思ったら、ホントは『おおくりでん』って言うんだって。


これの小型の『弥喜ぐ里(やきぐり)』というのがあって、
 ↓ こちら
e0033713_9324211.jpg


それの中にくりをまるごと1個入れたのが『大栗殿』なのです。

やっぱ、特別扱いだよねー。

e0033713_934881.jpg



餡の部分は甘めですが、
やきぐりの方はとても小ぶりなので、
食べごこちがいいです。

大栗殿の方はどうやっているのか、栗の香りがすごくいい。
あれだけ強い“栗感”があるので、
これまた甘めの餡子との相性がばっちりです。

固めの栗の周りに付いた餡子をかじるのがまた・・・
(コラ!行儀が悪い!!)



                      笹屋吉清 弥喜ぐ里 8個入り672円
                           大栗殿 1個263円






笹屋吉清さんではもう少しお買い物。


e0033713_941130.jpg
e0033713_9413950.jpg





e0033713_942777.jpg
e0033713_9421865.jpg




くりもちと栗もなか。

ここはとっても気前がいいようで、
どちらもデッカイ栗が入っていますよねぇ。

その栗の歯ごたえがとってもいい。
やっぱりふにゃっとしてる栗よりこうでなくっちゃ。

あんこはあっさりめ。
どちらも小豆の香りがとてもいいし、たっぷり感がありました。


                  くりもち 150円   栗最中 170円






さて次は 仙太郎さん

四条通り、新京極の辺りから入った路地にある新京極店の方に行きました。

こんなところに道があるのだなあ・・
いつも新京極をまっすぐ抜けているから気が付きませんでした。
京都はホント、おもしろいです。


e0033713_9504760.jpg


『こぐり』です。

めっちゃかわいい!!

e0033713_9513731.jpg


これ、ちっこいけれどあなどれません。

栗の香りがとても強いです。

餡子は甘さ控えめ、皮部分は柔らかく、
いっちょ前に粒栗まで入れてもらってます。

油断してるとパクパク全部一気に食べてしまいそうです。





つづいて・・・


e0033713_9545452.jpg
e0033713_9551077.jpg




こちらは『やきぐり』

これは皮の部分がとてもよかったです。
パンやドーナツによくあるあのもっちり系の感じをうすーく伸ばしたというかなんていうか、、
こんなに薄いのにすごくしっとりもっちり感がありました。

それにどうやってるんだろ、
中に入っている栗に香ばしさを感じます。

こっちはパクパクじゃなくて、ゆっくり味わっていただきました。





e0033713_1022144.jpg
e0033713_1023530.jpg




最後は渋くりまんぢう


栗まんじゅうの皮がパサパサしてると本当にがっかりですが、
これはしっとり。

それだけでうれしいところにさらに香ばしさまであって、
とてもよくできたヤツでありました。




       

                       仙太郎 こぐり 1カゴ840円
                           焼きくり 270円
                           渋くりまんぢう 265円
                            (※少し値段があやふやです。)








やーれやーれ、
これで今年の栗は食べ納め・・・かな。。。



にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2010-12-27 10:11 | マロンな日常 | Comments(10)

メリークリスマス!!

    

e0033713_8363585.jpg





イブは一日中、山の中の温泉施設で過ごしたワタシです。

温泉好きのダンナのお付き合いで。
朝10時から夕方6時まで。

まったく・・・
なにゆえイブなのに温泉??
イルミを見に行くとか“ろおまんちつく”な発想は毛ほどもないヤツじゃ。




今日は冷蔵庫の掃除です。
(残ってるのを食べるという意味じゃくて、ホントの掃除)


我が家の辞書に「クリスマス」はないようです。





        でも、ケーキはあるけどね。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-12-25 08:45 | ごあいさつ | Comments(2)

ヤマトを二度観るバカ

ジャンジャンジャ~~~ン(パパパパ~~)、
    ジャンジャンジャジャ~~~ン(パパパパパ~~)


e0033713_152438100.jpg





なに?
まあた観てきたんかいな!!














はい、あの発進と波動砲部分だけを観たさに
この忙しいのにまた映画館へと・・・・
  (ダンナには内緒だよ、とほほほ)

それにこないだ一部の場面の撮影をしたというダムまで出かけちゃったしね。
その部分の確認もしないいといけないしぃ。。。(←ばか)






撮影に使われたのは岐阜県を流れる揖斐川の上流にある横山ダム

e0033713_15311796.jpg




このダムは全国でも珍しく中が空洞になっているそうで、
修復されるヤマトを前にして艦長(山崎努)と防衛軍司令長官(橋爪功)が話し合う場面に
この中空部分が使われたって。


最初にこれが映って・・・

e0033713_15362818.jpg



この通路を歩きながら話すお二人。

e0033713_1537631.jpg



沖田「この船を私にください。」
  「これがあれば少なくとも人々は希望の中で死んでいける(・・とかなんとか)。」

長官「いったいどんな物語を紡ぎだすつもりだね・・・」


重々しく語る二人の前につくられつつある巨大なヤマト(CG)・・・











と、あくまでも軽々しいオバサン2人・・

e0033713_15434893.jpg


一緒にいるのは この方 ですよぉ。
付き合わせてごめんねぇ~^^







そして、いくらヤマト撮影を記念して特別公開中だからって
こーんな山の中に誰が見学に来るのだぁ!!
と思っていたら、意外にもたくさんいた見学の方たち


e0033713_1545981.jpg



私 「いやあ、正直見学者なんて誰もいないと思ってましたわ、
  いったいどういう方が来るんですか?」
(オマエや、オマエ!)


国土建設省のおにいさん 「ダムオタクの方が結構来られるようで・・。」


私 「ひゃあ、どんな物にもオタクっているんですよねぇ。」
(アンタに言われたくないわ!!)













ダムの下まで降りるエレベーター

e0033713_15481286.jpg



・・・って、どーでもよろしいわな。




どーでもいいといえば、
映画を2回も観て、ますますそう思いましたが、ホンマにあの映画は、
 
最初の10分だけでよろしいな。


発進してしもたら、あとは眠たいばかり




さあ泣け!いま泣け!!の人生物語やラブシーンを3分の1にして
戦闘場面が3倍だったらよかったのにぃぃぃ。



2回目だと余計なこともさらに考えちゃって、
つっこみどころばかりおってしまう始末。









アニメのヤマトで多用されまくった特攻は大キライだけれど、
百歩譲って今回の最後の特攻は許すとして、

よく見たら、最後はあとかたもなく消滅したようなそうでないような・・・
別次元にとばされて生きていたとかって、

まさか復活させたりしないでしょうねぇ。



ンなこたぁ、ゆるさヘンでぇぇぇぇぇ!!










それとやっぱり最後の歌は

♪あの子ぉ~がふっていた~~、まっかな~~スカーフ~~~・・・

じゃないとぉ。。。。。。







にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2010-12-21 16:11 | 映画な日常 | Comments(1)

今年もだんだんと押し詰まってきたというのに私は

山奥のダムへ出かけてみたり(こちら参照)、
忘年会にはしりまわったり・・
それを大掃除の合間にやるもんだから
忙しいったらありゃしない。

なのに、なのに、
ダンナとミニ旅行まで行ってきてしまいました。

岐阜県は恵那市と中津川市。


恵那、中津川といえば岐阜では有名な栗の町。
ここへ誘われたら断れないよねぇ。



まずは前々から食べたくてたまらなかったこちら。

e0033713_175548.jpg


なんですか、ものものしい箱入りでございますねぇ。

中には・・

e0033713_1763613.jpg


茶碗蒸しじゃあございませんことよ。

これが中津川市は 松月堂 さんがつくる

和菓子屋のモンブラン 栗花堕(つゆり)です。

ふたを開けてみましょうね。

e0033713_1781613.jpg




スプーンでいただくモンブランです。

e0033713_17191527.jpgまさか入れものを割れないのでお店のサイトのお写真を借りてみましたよ。

中は生クリームとかバターとか油系がないだけあって
栗そのもの!という感じです。

モンブランケーキを食べる時、
一度この栗クリームだけをモリモリ食べたらどんなにいいだろうなあ・・
なんて思うものですが、
(アンタだけやって!)
その夢をかなえるようなモンブランです。


しかし惜しむらくは、量が少ない!!
茶碗蒸しか?なんていったからお湯のみくらいの大きさを想像してませんか? 
実はぐい呑みくらいの大きさです!

ああ、もうちょっと大きければどんなによかったことか。。。

それと、やっぱり少しは油分も必要だなあと・・・



     松月堂 和菓子屋のモンブラン栗花落   3個1575円(バラ売りなし)







さて、念願のモンブランを手に入れた後は、
せっかく栗の町にいるのですからこれをしなくっちゃ!!

e0033713_1727127.jpg

e0033713_17272477.jpg



そう、栗きんとんの食べ比べ。

上の写真 右 恵那寿や(えなすや) さん   左 ひとつばたご さん
下の写真 右 松月堂 さん    左 すや さん


どれも一口目の栗度はスゴイです。
本物の栗を食べているより栗を感じるといいますか・・

しかし差が・・・
どれもおいしくて差がほとんどわかりません。
目隠しして出されたら区別つかないなあ・・

強いていえば、
上の2店は粒栗の歯ごたえがよかったかな。
栗の香りは恵那寿やさんが強かったかなあ。
なめらか度はすやさんか・・

どれも本当に栗の味が前面に出されていました。


      恵那寿や 210円 ひとつばたご 200円 すや 210円 松月堂 210円 







つづいて栗きんつば食べ比べ

e0033713_1747361.jpg


栗きんつばを買ったのは恵那と中津川両方のすやさんです。
(右が恵那寿やさん)
わってみると違いがはっきりです。

e0033713_17485415.jpg


両方とも甘さ控えめであっさりしたきんつばです。
なめらかなのは中津川すやさん。

つぶあん好きな私はあんこは恵那の方だし・・
栗好きから言うと栗は中津川だし・・

とか迷いながら交互に食べるって至福の時ですねぇ。




           恵那寿や すや 両方とも1個189円






さて、他にもいろいろと珍しい栗のお菓子がありましたよ。

e0033713_17544585.jpg


上から右回りに
 松月堂 栗焼  中津川すや 栗こごり   ひとつばたご 栗ごもり

栗こごりはゼリーが固まったような感じ。
栗でこんなのができるんですねぇ。
ちょっとずつかじって味わうのが楽しいです。

栗焼は栗きんとんが焼いただけかな?と思っていると・・

e0033713_17585674.jpg


ほおら、中にも栗が!!

香ばしさとなめらかさと栗の歯ごたえと
小さいながらとてもよくできたお菓子ですよね。


そしてこの栗ごもりが・・

e0033713_1804743.jpg


なんと干し柿の中に栗きんとんが入っているという!

栗の味って個性の強いものと合わせると負けてしまいますよね。

それが干し柿の控えめで上品な甘さとはお互いを引き立て合って、
何ともいえない美味しさを出しています。

これはいいです。
今回のお菓子の中で一番印象に残ったと言ってもいいでしょう。

・・ていうか、今度岐阜に行ったらこれをお土産にしようと思えるのがこのお菓子でした。



         松月堂 栗焼 231円  中津川すや 栗こごり 199円
         ひとつばたご 栗ごもり 250円
 




最後にもう少し

e0033713_1853426.jpg


恵那寿やさんの 右 栗万頭  左 姫くり子


e0033713_1811868.jpg


栗万頭は皮がしっとりと柔らかいのに栗はしっかりした歯ごたえ。
その間をあんこがとり持って、
なんだか食べ出すと止まらない味わいでした。

姫くり子はあんこにつつまれてるだけあって、
あんこの香りがすごくいい。
甘さ控えめでさらさら感のあるお菓子でしたよ。


          栗万頭 168円  姫くり子 189円









現地に到着する前、名神高速道路の養老SAではこんななのも売っています。

e0033713_1839839.jpg


新杵堂 さんの栗きんとんロール

スポンジ部分のもちもち感がたまりません。
間の生クリームは少し甘めですが、
こちらは甘さが控えめの真ん中の栗きんとんぶぶんととてもよく合っています。

一本じゃなくてカットで買えるのもうれしいですね。





ついでですが、馬籠宿ではこんなのを食べ歩いてしまました。

e0033713_18421413.jpg
e0033713_18422950.jpg




e0033713_18425538.jpg





恵那、中津川、ほんっとにいいところですね。

毎年行かなくっちゃ!














つけたし

e0033713_1844126.jpg


名神養老SA上り線でしかかえない飛騨トマトソフトクリームですよ。

どなたかの影響でどうもソフトクリームに目がいっちゃってさあ。。。








いや~、ながながとお付き合いありがとうございました。

さぞかし胸やけがしたことと思います。

そんな時は こちら の岐阜の馬籠宿や大正時代村のお写真で口直しをしてくださいませ。


  音に注意です。





にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2010-12-19 18:46 | マロンな日常 | Comments(0)

あれから・・・


先日モンブラン200個を達成して以来、
すっかり安心してモンブランからは遠ざかり・・













なあんてことは、まったくありません。
パソコンの中は栗だらけです。







まずは先日京都に行った時のモンブランから。

e0033713_2143589.jpg


ル・ペール さんの 和栗のロングモンブランです。

この長ーい形!
ちょっと見たところ、芋虫のように見えなくもない。



e0033713_21461448.jpg


一口食べるとカスタードクリームの香りがふわっとします。
そしてあとから濃い栗の香りも。

そしてこの形の意外な利点を発見しました。

そう、食べやすい!!


栗クリーム、カスタード、そして生クリーム、
それらを一度にほおばれて、そのハーモニーを味わえて
なんとも贅沢な気分にひたれるモンブランでした。



                       ル・ペール 和栗のロングモンブラン 430円






続いてところ変わって
こちらは岐阜県揖斐郡池田町 サンローヤル さんのモンブラン


e0033713_21513388.jpg


街の中にある小さなケーキ屋さんです。

本物の紅葉の葉っぱに秋を感じますね。


e0033713_21551189.jpg



抹茶のロールケーキの上にモンブランクリームがのっかってるスタイル。
抹茶の香りがとてもグッドです。

甘さも控えめ。

なんだか親しみを感じるモンブランでした。



                     サンローヤル モンブラン 400円










さて、こんどはちょっと変わって・・・

こんなところにもモンブランがありました。


e0033713_9113282.jpg



そう、回転寿司 スシロー さんです。


目の前にモンブランが来たら
とても見逃せるものじゃございません。

でも、こういうとこのサイドメニューって、
バカにできないんないんですよ。


e0033713_9123038.jpg




普通っちゃあ、普通ですが、
よくまとまってると思いますよ。









ついでにと言ったらナンですが、

近所にはもう一軒回転寿司がありまして、
そちらは・・・


e0033713_9191246.jpg



くら寿司 さんです。


とろけるマロンマロンだって。
名前の通り、とろとろでなかなか美味しい。

でもこちらはプリンなので
惜しくも(なにが惜しいんだか・・)モンブラン一覧入りならず。






モンブラン入りならずといえば、こちらも


e0033713_922751.jpg



前述、サンローヤルさんの栗のケーキ

まあた、
「モンブラン一個だけ下さい。」
って、言えなかったのね・・


別においしかったからいいんだけれど。。。











そういえば、こんなのも食べたなあ・・・
(もう、いつのことだったかわかりゃしない。。。)


e0033713_9295727.jpg

e0033713_930453.jpg




地元米原市 ときどき登場する じょうきやさんのお菓子です。

つるつるのどごしとほのかな甘み
そして、なんてったってドカーン!と入った栗がたまりません。










それからこんなのも貰ったんだよね。


e0033713_9362021.jpg

e0033713_9363395.jpg




カントリーマアムの栗きんとん味。


送り主 から
「アンタ、それ、いつの話よ!!」
って突っ込みがきこえてきそうですが・・・


ほんとに 栗きんとんの味!!
   ・・って、あたりまえか。

なんとなくホクホク感まであるから不思議でした。










ああ、そろそろ掃除してこなくっちゃ!
師走は忙しいったらありゃしない。



栗?


これくらいで済むと思うなよ!
  
      (エラそうですみません・・・)


















にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2010-12-12 09:45 | マロンな日常 | Comments(2)

実写版 ヤマト

何を隠そう、ワタシは往年のヤマトオタク。

本編から再放送にいたるまですべて見て、
再放送時に至っては 
全編カセットテープに録音する

ということまでやってのけました。
(ビデオなかったしねぇ・・・)




それを
実写で、ですか、
キムタクですか、


・・・・


これほど公開前に期待と不安が入り混じったことがありましょうか。。。。



e0033713_8232483.jpg




♪パン、パッカパン、パッパ、パッパパ~~~

はい、実写版 ヤマトです。

宇宙戦艦ヤマトは、スペースバトルシップ ヤマト となっておりました。




ここからネタばれ全開、オタク全開!!














懐かしい!!!

冒頭のナレーションが、
(声はなんと、あの時ヤマトのテーマを歌ってたささきいさおさん!!)
無限に広がる大宇宙・・・・
と入った段階で既にウルウル。
思い出モード全開です。



ヤマトがイスカンダルに向かうに至る事情を説明するための
導入部分か長いなあ・・・と思うけれど、
それは、そんな事情など百も承知の私たち世代と違って、
この映画で初めてヤマトを知る方たちが多いのだから仕方ありません。







でもって、いよいよ

ヤマト   発進!!
        ↑ この“タメ”がいいんだよなあ。




やってくれました!!

アニメで何度も何度も見たあの場面、

瓦礫と土の中からヤマトの砲台が
ガラガラガラァ~~ッと、
姿を現して、

船首が
ググググゥゥゥッ!!と持ちあがり動き出すあの場面を
見事にそのまま再現してくれました。

そしてその場面に見事に重なるあのテーマ
♪パン、パッカパン、パッパ、パッパパ~~~


e0033713_8353383.jpg
                  (ちっこい写真でチョー不満。。。)





おおおっ!!!(感動!)







でもってそんな感動冷めやらぬ間に

波動砲発射ですか!!! 






あの円筒形の、大きな機械の端が
グルグル グルグル と回って、

後ろの部分が前の部分に
ガッシーン!と合体して戻る・・

波動砲発射5秒前、総員対閃光防御 の声、

そしてヤマトの発射口にキラキラ粒々が現れ、
ドドォォォォォッ!!!と・・
    (なんか、今回すごく擬音が多いなあ。)






そう、アニメのあの場面を忠実に再現してありました。


あ、あの場面を実写で見られるなんて・・・


感涙!!!











ストーリーとしては、
前半4分の1で往年のヤマトファンに感動の嵐を与えた後は、
現代風にアレンジして少しずつ変えてありました。




しかしもうあとは、

森雪がやたら勇ましい戦闘員になっていようが、

ガミラスがプレデターのような外見になっていようが、

サド先生が女性になっていようが、

どーでもよろしい。




さらに

キムタクの演技やラブシーンがどうであろうが、

さあ泣け!ここで泣け!!これでも泣かんか!!!の最後であろうが、

それもどーでもよろしい。




そう、後半4分の3はどーでもよろしい。




e0033713_97649.jpg



まあ、島隊員だけはちょっと不満。

実はワタシは昔、古代クンより
この操縦士の島さんの方に入れ込んでたんだよなあ。

こっちも渋カッコイイ配役にしてくれなくっちゃあ。



緒方、腹が出てるぞ!!(怒)



柳場さんの真田さんはまさにぴったり!だったのにぃ。









でももうワタシは
ヤマト発進場面を実写で(CGだろうけど)観られただけで満足です。

あそこだけで、もう一回観に行こうかとさえ思っとります。




ああ、あと ロボットのアナライザーを
かっこよく実写にしてくれてありがとう!!



それから2部、3部と続いてグタグタになってしまった
劇場版アニメの轍を踏むことなく、
最後にきっちりと消滅させてくれてありがとう!!!!









にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2010-12-07 09:18 | 映画な日常 | Comments(7)

11月の読書

師走ですねぇ。
みなさん、掃除してますか??

ワタシはこんな時間(AM11:00)に、ベッドルームから更新ですよぉ。



だぁって、ダンナがリビングの窓ふきなんか始めちゃってさあ・・。

窓ふきったって、ヤツは窓枠ごと外してマル洗いするんだよぉ。
この寒空にリビングが吹きっさらしじゃないか!!
ワタシはエアコン付きベッドルームに避難だあい。



え?
掃除を手伝わないのか、とな???


な・ん・の・ことかしらあ~~~。




e0033713_10493713.jpg




というわけで、11月に読んだ本です。
なんか少ないんだよね。



聖域(大倉 崇裕)
京都 おつつみ手帖
三面記事小説(角田 光代)
丑三つ時から夜明けまで(大倉 崇裕)
砂漠の悪魔(近藤 史恵)
十四番目の月(海月 ルイ)
プルミン( 〃 )
夜のだれかの玩具箱(あさの あつこ)
桜の園 神代教授の日常と謎(篠田 真由美)
新本格謎夜会(ミステリー・ナイト)(綾辻 行人・有栖川有栖)
小暮写眞館(宮部 みゆき)





プルミン(海月ルイ)
  制服を着たプルミンおばさんが持ってくるという乳酸菌飲料を飲んだ子どもが死んだ。
  過度のやんちゃのため地域で鼻つまみだったその少年を殺したのは誰??

    ミステリとしてなかなか面白かった。 
    ヤ●●トオバサンからクレームこなかったかしら。。。






   詳しい感想は こちら



e0033713_1163572.jpg





写真はJR伊勢丹が京都駅改札前で出している“スバコ”という店舗の中にある
はしたて さんの鯖寿司。


実はこの『はしたて』というお店は
これまたミシュランで三ツ星を取った 和久傳(わくでん) が出してるんですよねぇ。




酢がきつくなくてさらっとしてますが、
鯖の身はどっしり。

食べごたえ十分です。
さすが、三ツ星の片鱗が・・・



ちゃんと竹の皮に包まれてるのもいいよねぇ。

      半本で1575円












コミックはこれだけ。


Real Clothes1、3、4(槇村 さとる)
天才 柳沢教授の生活29(山下 和美)
プライド10、11(一条 ゆかり)
ヤマトナデシコ七変化26(はやかわ ともこ)







ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-12-04 11:18 | 読書な日常 | Comments(4)

秋の京都の旅、
今回は紅葉の他にもうひとつ楽しみな目的がありました。


それがこちら、瓢亭 さんでの朝ごはんです。


e0033713_9272432.jpg



 
瓢亭といえば、アナタ、
先日発表されたばかりのミシュランガイドで

三ツ星、星が三つ三ツ星 (しつこい!!)

をとった料亭ではありませんか。




偶然にも発表の一週間ほど前に
予約を完了していた私たちはなんてラッキーだったのでしょう。
今は予約殺到で、とても無理だろうなあ、うひひひ・・・


おっと、
下品な笑いをしていると入店を断られそうだわ。。。
(今回、別館だけどね。)




e0033713_922723.jpg


瓢亭のあさごはんといえば、“あさがゆ”ですね。


それとこの“瓢亭たまご”

e0033713_942195.jpg






おかゆと卵だけだったらどうしよう・・・
と、ちょっと心配だったのですが、
ちゃんと瓢箪の中におかずが入れられていました。



e0033713_965794.jpg




e0033713_97238.jpg




e0033713_974133.jpg








お皿には・・

e0033713_981284.jpg




おつゆ

e0033713_9165389.jpg






どのお料理も薄味に仕立ててあるのに
一つ一つの違いがはっきりとしています。

なんていうか、薄味なのに味が濃い!!

・・・意味不明のコメントで申し訳ありませんが、
ああ、こういうのを薄味っていうんだな、
今まで食べてたのは薄味なんじゃなくて、ただ味付けが水くさいだけだったんだ
と、思った次第です。


本当においしいものを食べないと“不味いもの”ってわからないんだなあ・・
と、タカビーな感想さえ頭に浮かんできてしまいました。


ほんま、おいしかった~。









さて、実はおかゆはこれらのお料理をいただいた後で登場します。


e0033713_9152919.jpg





吉野葛でとろみをつけたかつをぶしのあんをたっぷりとかけていただきます。

e0033713_9172086.jpg






なんてすがすがしい味。

嫌みのないというか癖のないというか(当然だ!!)
清らかな味としか言いようがありません。

なんだか身も心もが綺麗になったような気がしましたよ。





朝からお腹いっぱいです。

朝ごはんに4500円!!と少々ビビっておりましたが、
充分・・ていうか充分以上に満足いたしました。








食べてる途中でお庭に・・・


e0033713_923811.jpg



鷺?か何かが舞い降りてきて、

さすが、瓢亭!!
こんなのまで飼ってるの?!


と驚きましたが、鳥はどこかへ飛んでいきました。


そりゃ、そうだろうなあ・・・・







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-12-01 09:25 | 京都な日常 | Comments(10)

好きなことしかしないっっ!!