シャンハイ

e0033713_8354612.jpg



シャンハイ


太平洋戦争前夜。
新聞記者として上海に上陸したアメリカ諜報部員は、
そこで落ち合うはずだった同僚でも親友でもある男の死を知る。

その死の真相を突き止めるべく動く彼が出会ったのは、
中国裏社会のボスの妻である美しい女・・・













e0033713_91622100.jpg



大戦直前の上海はイギリス、フランス、日本、アメリカの租界が形成され、
各国の人々が入り混じる地。


それぞれの国は自国の利権のために権謀術数をつくし、

その権力に群がるもの、
レジスタンスを繰り広げるもの、
あるいは思想に関係なく金の匂いを追うものや
その金に媚びる者、


人種、思想、欲得・・
その頃の上海は混沌のさなか、
まさに『魔都』でありました。



その人も思惑も金もぐちゃぐちゃに入り混じった魔都の様子はすべてセットだとか。


当然私は当時の様子など知る由もありませんが、それには感心いたしました。












e0033713_8453077.jpg




しかし

当時の日本軍の蛮行、

渡辺謙さん、


・・・


完璧に悪役です。







戦争はいけない・・


そりゃその通りですが、
実際にどういうことがその中で行われたのか、
自国の一般人が被ったこと、
逆に他国に対して行ったこと、

そういう具体的なことは、
もはや映画の中でしか伝えられない時代になってしまったのだよなあ。

若者たちは、それをもはや『お話』としてしか観ないのだなあ・・・
などと少し思いました。
(そういう私も戦争体験など、なにひとつないのですが・・)











でもまあ、そんな難しいことばかり考えながら観てたわけじゃないのです。





妻が別の男にひかれていると知りながらも、
妻の命を守るために奔走し、
ついには死んでいく男や

e0033713_9322437.jpg





危険とわかりながらも最後まで女を守ろうとする男。

e0033713_9323796.jpg





二重スパイだったことを目の前で女に語られても信じようとせずに
処刑されていった男もいましたねぇ。





そう、

映画を観ながら私が思っていたのは、


なんか、男って哀しい生き物だなあ。。。 
ということでした。

映画の内容と関係ない感想ですみません








にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-31 09:58 | 映画な日常 | Comments(0)

暴飲暴食警報発令!

いつもは遠く離れて暮らしている家族も親元に集り、
先祖の供養をするというお盆。


しかあし!!


ウチの子どもたちはちっとも帰ってきやしない!




そもそもワタシの弟たちも仕事が忙しく、
実家バアチャンたちもその辺は諦めているのか、
みんなで集まるのはお盆から一週間遅れの日曜日に設定してありました。


それに合わせて・・・というか、
私からの『帰って来んのか?』メールに辟易したのか、
娘も息子も別々の日に、
それもたった一泊だけ帰ってまいりました。






それでも帰ってくるとなったら、ワタシはルンルン(・・って死語?)ですわ。

遠くに旅行するわけにはいかないけれど、
一緒に行きたいところいっぱい
付き合って欲しいところいっぱい。



息子と娘、それぞれとかわるがわる出かけていたら、
先週の木曜から一週間、先日の京都行きも含めて
ものすごい食べっぷりとなってしまいました。
















・・・・以下、胃薬片手にご覧くださいませ。








まずは息子といった 三井アウトレットパーク竜王 の中にある

岡喜さん のハンバーグランチ


e0033713_11334526.jpg
 



思ったよりデッカイな・・・とは息子のお言葉。

彼は親のお金なので堂々と特製ステーキなんて食べてましたが、
そんなに食べられないから・・と控えたワタシの方が大きいくらいだねぇ。。。


e0033713_1135244.jpg



あつあつ、ふわふわでとってもおいしゅうございました。














おねえちゃんとは こちら


e0033713_11363350.jpg



そう、守山 クラブハリエ の スイーツブッフェ だよ~。





上の第1弾に続いて・・・


キッシュ


e0033713_11372769.jpg





第2弾


e0033713_1138646.jpg





またまたキッシュ・・とタルト


e0033713_11384313.jpg






グレープフルーツのゼリー


e0033713_11391431.jpg






あと、フルーツヨーグルトとアイスもいただいてしまいましたが、なにか???










そして、とどめは親戚一同で会食。


長浜市は ふじ石亭 というお店です。


なんだか籠に入っちゃってる前菜は・・

e0033713_11425397.jpg




なかはこんなの。


e0033713_11433369.jpg





椀もの


e0033713_1144383.jpg






またまた大事にふたをされた焼き魚は・・


e0033713_11444753.jpg







中味は鮎さん


e0033713_1145192.jpg







あと・・


e0033713_11454082.jpg




e0033713_11455474.jpg






メインのお刺身やお肉は、写真をとるのを忘れちゃいました。。。。

(それを外したらアカンやろ!!・・とふじ石亭さんに抗議されそうだわ。)



ジイチャンがコースだけでは量が足りんやろ・・と、
長浜名物 鯖そうめんも付け足しといてくれたけれど、
それも写真がなくて残念です。





でもデザートの写真はしっかり。


e0033713_11492119.jpg



赤茄子のコンポートっていうから、なにかと思ったら、
赤茄子ってトマトのことなのね、へぇ~~・・



ふじ石亭さんはどれも盛り付けも器も美しく、
お味もとったも美味しかったです。









さて、こんなに食べたら当然の報いがあるというもの。

夜はお風呂場の前の体重計の上で絶叫があがったことは言うまでもありません。。。。。











おまけ・・・・


息子を京都に送っていって、ついでに和菓子の老舗

老松さん で買ってきました。



e0033713_11563014.jpg



御所車 というお菓子です。


平安京のお姫様が乗せたであろう御所車。




e0033713_11582513.jpg



おどろくほど濃い小豆の味と
ほろほろとくずれて溶ける外側のはかなさ。


優雅でみやびな時代が思い浮かぶようでありました。














ワタシのお腹のみやびはいずこへ~~~。。。。




にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-25 11:59 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

京都でプチ贅沢

お盆を過ぎて少し涼しくなったとはいえ、
夏の京都はまだまだ暑い。


それでも歩き回らないで、
こんなお店で食べるとなったら話は別です。


ちょっと豪華な気分を味わうために、

祇園萬養軒さん で、ランチ・・といってみましたよ。



お食事前のテーブル

e0033713_10162268.jpg




こちらのお店は明治37年の創業。


昭和3年に御所内で行われた「御大典」以来、
数々のVIPな方々のお食事を用意しておられるという
京都最古のフレンチのお店。


雅子妃をはじめ、皇室の方々がご贔屓なのはもちろん、
かのエリザベス女王やダイアナ妃もお召しあがっておられるという・・・



うーん・・・、ちょっと緊張。。。










まずは人参とウニのコンソメのなんとかかんとか・・
(メニューを覚えろよ!!)

e0033713_10222893.jpg



最初にメニューを見せて、
アレルギーや苦手なものはないか?と訪ねてくださる心遣いがうれしいし、
お食事を運ぶサービスもさりげないので、
入店時の緊張はどこへやら。

すっかりリラックスしてお食事をすることができました。






いべりこブタのほにゃらら・・・と、

e0033713_10261117.jpg



鱧のフリッターはにゃらら・・(コラッ!!)

e0033713_10262351.jpg



鱧を揚げちゃうんだねぇ・・と思ったけれど、
外はカリッ!!中はアツアツふわふわでとってもおいしい。







そしてここで再び冷たいスープです。


e0033713_10275881.jpg


コンソメとジャガイモのビシソワーズ。

めっちゃ上品!








メインの鯛とお肉



e0033713_10323524.jpg





e0033713_10324882.jpg



盛り付けの美しさ、
お魚やお肉そのもののおいしさ、柔らかさ、
さりげなく添えられた野菜への気配りなどなど・・
ぜーんぶすばらしいよねぇ。


それに何より、ソースがとってもおいしいのだぁ!








最後にデザート。


e0033713_10331882.jpg






ああ、なあんて贅沢なんでしょ!


ランチ用のコースとはいえ、
こんなにゆったりとしたおいしい時間を過ごすことができて
ほんっと、大満足です。



蝶ネクタイの方にお店の外までお見送りをしてもらって
気分はすっかりセレブなのでありました。














さて・・



実はランチの前に朝からこんなお店にも寄ってしまいました。


ヤオイソ フルーツパーラー


ジャジャーン!!


フルーツサンドと岡山水蜜桃のパフェだぁ!!





e0033713_10442649.jpg






e0033713_10443910.jpg





もう、さすが果物屋さん。


フルーツが旨い!!


としか言葉がありませんっっ!!



季節ごとに訪れてみたいお店でありました。




                     ヤオイソ  岡山水蜜桃パフェ   1575円
                            フルーツサンド スペシャル  840円










にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-24 10:50 | 京都な日常 | Comments(0)

真夏のモンブラン

暑いっすねぇ。
でも暑いからといって冷たいものを食べすぎるとお腹をこわしますよ。。。

・・て、なんだか実感こもってますが・・・




いや、こないだかき氷と(あれ、三つとも食べたわけじゃないですよ、念のため・・)桃ケーキ、
そしてその合間にランチとしてびっくりドンキーのハンバーグ食べたら
お腹が痛くなっちゃってねぇ・・・

どうしたんや?
と、胃の裏側あたりをさすってくれるダンナに、
アンタが暑い中働いてる間に冷たいスイーツを食べすぎたとも言えず・・
困ったわあ…









e0033713_15384257.jpg



暑い夏はどのケーキ屋さんのショーケースも
涼しげでさっぱりしてそうな果物がいっぱいのった華やかなケーキやゼリーがいっぱい。


そんな中、ダラダラ汗を流してお店に入って
モンブランを注文する人の気がしれません。

あれは暑い中食べるケーキじゃない気がする。







e0033713_15424068.jpg



とか言いながら、使命感に燃えて(いや、だれも頼んでないって。。)食べてきたモンブランです。


これは京都 四条通りから高辻通りを西にちょっと入った所にある

高木珈琲本店さん のモンブラン


ドアを開けると、上にくっついたベルがカランカランってなって、
お店の奥には蝶ネクタイをしたマスターがいる。

そんなお店です。


朝お邪魔しましたが、
地元の方が新聞を読んでくつろいでおられたり、
出勤前の常連さんが朝ご飯に入って来られたり、
と、『京都の朝の日常』感がありありです。


モンブランも極めて親しみ深いお味。

時折、黄色い栗粒が舌に当たるのがうれしく、
なんだかほっとするひと時なのでありました。




                         高木珈琲 モンブラン  珈琲と共で720円









e0033713_1552952.jpg



これは同じく京都市、三条通りと新町通りの交差点にある

トゥレ・ドゥさん の和栗のモンブラン


かわいいお店で、下には席が少ししかありませんが、
2階でも食べられるようになっています。



e0033713_15552291.jpg



栗クリームがちょっと固いかなあ・・なんて思いましたが、
中の生クリームのミルキーさといい、
全体のべたつかない、なんていうかサラッとした甘さといい、
なかなか・・なモンブランでした。





                       トゥレ・ドゥ  和栗のモンブラン  飲み物とセットで1050円












続いて岐阜のあのお店。


e0033713_15584466.jpg



パティスリー フランセ ヤノさん の和栗のモンブラン



ここのショーケースには美しくておいしそうなフルーツケーキがいっぱい!!


迷いに迷って、
やはりモンブラン研究家の意地から、数あるケーキの中で一番地味なモンブランを選びましたが、
それにはかなりの決断力が要りました。


結局、後日他のケーキを食べに、また行っちゃいましたよ。 (それが こちら









e0033713_1633167.jpg



モンブランは、“これっ!”といった特徴はありませんが、
とても食べやすいモンブランでした。

中におおきに栗が丸ごと入っているのも高感度大。

そして、その栗がふにゃふにゃしてなくて、
きっぱりと固めなのもワタシの好みでした。




                             フランセ ヤノ  和栗のモンブラン  430円











最後、モンブランじゃないけれど、これも・・


e0033713_1665943.jpg



先ほどの高木珈琲のすぐ近くにある

パティスリー Sさん の その名もエスっていうケーキです。


お店の名前を貰っているケーキがおいしくないはずはない!!



e0033713_1694445.jpg



クリームチーズのムースと赤いフルーツ。

結構こってりとしたムースだけれど、
ベリーの酸味がとってもいいアクセントになっていて、
めっちゃおいしい!



ビルの中、隠れ家のようなお店でこれをいただいていると、
暑さも忘れるというものでした。





                             パティスリー S   エス お値段は忘れました。。










最後のパティスリーエスさんでケーキを食べている時に隣の席に座った女性、

一度に2個のケーキを頼んだかと思うと、
おもむろにデジカメをとりだしてパチパチと・・


ああ、ケーキを食べ歩いてるんだな、

暑い中、ようやるわ。。。。。

















オマエが言うなっ!!










にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2011-08-12 16:16 | マロンな日常 | Comments(2)

  
e0033713_17112346.jpg



トランスフォーマー ダークサイド・ムーン



もう、面白い!!


なにがって、

車形態からこう・・クルクルクルッッ!!って変身する巨大ロボット、

アポロが月面に着陸した時からだというその因縁、

人間がはるかに及ばない科学力で攻めてくる巨大惑星、

地球人の味方のロボットと敵方のロボットの戦い、

ドドーン、ガガーン!! の大破壊!!

ビル真っぷたつッ!!

などなどなどなと゜・・・・



もう、もう、胸のすくような
(あわわ・・、町中大破壊なのに不謹慎でしたかしら・・)
映像が満載です。



かっこいいいっっっ!!!


パチパチ、パチパチ・・・


ああ、スカッとした。















<ここから先は蛇足、タダのひとりごとです>


e0033713_17261894.jpg





しかし、高層ビルに蛇のようなロボットが突き刺さって、ビルが真っぷたつ・・

・・て、アメリカの方は、9.11のトラウマはもう克服されたのでしょうか。

日本だったら絶対にどこかからクレームだよ。。。









このシリーズ、巨大ロボットに頼りきりじゃなくて、
人間も対等・・とはいかないまでも、いつも結構奮闘するんだよね。




e0033713_1733782.jpg



めちゃくちゃ頼もしい軍の兵士たちに加えて・・・


もう駄目だ、やられる!!
・・っていう瞬間、危機一髪でやってくるトマホーク。


さあ、これからロボットと一緒に反撃だぁぁッ!!
・・・ていう場面に大きく翻る星条旗。





うーん・・・


こんなのを子どもの時からいつも見てたら、
そりゃあ、憧れるよなあ。
自分の国というものにも自信を持つよなあ・・・



ウルトラマンだけに頼った国は、
自国の部隊をあそこまで登場させられないのだろうなあ・・
いろんな事情がある国はつらいねぇ・・・







にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-11 17:46 | 映画な日常 | Comments(2)

フルーツ天国


暑いわあ~~。。。


せめて涼しい写真でもご覧ください。




桃のかき氷

e0033713_8354748.jpg






メロンのかき氷


e0033713_8362444.jpg





マンゴーの・・・


e0033713_8364640.jpg





岐阜県岐阜市は 赤鰐さん のかき氷です。

一杯あたり800円から1000円とエエ値段がいたしますが
普通の良く知っているかき氷とは別物でした。


氷がさらさらとしていて口当たりがいいのはもちろんですが、
かかっているシロップが、よく目にするあの人工的な味のシロップと違って
果汁そのもの。


氷だけを食べていても、
よく冷えた果物をそのまま食べているような気がします。





11時の開店に間に合うように出かけたのに、
店の前には既に行列。

店内が狭いので私たちは入れずに約30分待ちでした。


ま、それも仕方ないかな・・・と思えるかき氷でしたよ。










つづいて・・


e0033713_8433986.jpg



同じく岐阜市 ケーキハウス フランセヤノさん の桃のケーキ

お名前は『丸ごと桃太郎』ちゃん




桃って皮が気持ちよーくむけるヤツもあるけど、
なかなか向けなくて、キーッ!!!ってなるヤツもあるよね。

それに中にでっかい種があるから、切り分けるのにも苦労するし、
種の周りに残った果肉がもったいない気がするし・・・




でもこれなら大丈夫。

e0033713_8453963.jpg



皮もちゃあんとむいてあるし、
その上種までくりぬいてあるし、

なあんて、親切なんでしょ!



そこへもってきてさらに、中にカスタードが詰まってるんですよッ!!


こんな幸せなことがありましょうか!!!







なんだか、やたらと!!が多いご紹介になってしまいましたが、

このお店は実は先月来たことがあって、
その時は見た目にもおいしそうな果物のケーキたちを横目に見ながらも
そこはモンブラン研究家としての意地としてモンブランをいただいており、
このケーキが心残りで心残りで・・・。

この度、二回目の来店となったのでありました。







えっ、前に食べたモンブランはどうしたって???



それは次回・・・・むにゃむにゃ・・・・






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-10 08:59 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(2)

湖岸の花火ディナー

滋賀県はびわ湖というとっても大きな水辺があるので、
夏はその周りの各地で花火大会が開かれ・・・


・・・てた・・・はずなのに、




びわ湖の北の二大花火大会のひとつ、
長浜市の花火大会は今年でおしまいだそうです。

お金がないのかなあ・・・
もう一つの市、ひこにゃん市は今後も続けるそうですがねぇ・・・・





e0033713_17181552.jpg




今年でおしまいの花火大会を惜しんで
琵琶湖岸のレストランで花火ディナーとしゃれこみました。


予約してくださったのは こちら のお方。

花火大会5日前だったのに、よく席が空いてたねぇ。

働くおばちゃん 女性の人脈をあなどるなかれ!!ですわ。




e0033713_17214583.jpg




手話サークルの皆さんとの会食でしたが、
よく考えてみたらば、手話をしながら食事をするって難しいですよね。

まさかフォークとナイフを持ったままそれを振り回すわけにもいかないので、
持ったり置いたり・・・





e0033713_17235345.jpg





ワタシの手話では片言にしかならないし、
相手の手話を読み取るなんてほとんどできないので、
ベテランの この方 に間に入ってもらってですが、
とっても楽しい会でした。


会話が少ししか通じなくても、
一緒にいる時間が長くなると気持ち的にはすっかり親しくなれるもんだなあ・・・
と思うこの頃です。






e0033713_173029100.jpg





お食事をしたのは 長浜市 湖岸道路沿いにあるレストラン 
ノースポール さんですよ。


お魚もお肉もおいしく、結構食べごたえもあったし、
ちらちらっと珍しげな食材も使ってあったりして、
いいディナーでした。





花火大会の方も、今年で終わりということで大変な力の入れよう。

今年は風がなかったせいか、
大量に打ちあげられる花火の煙が立ち込めてしまって
せっかくの花火が隠れがちだったのが残念でした。





えっ?写真はないのかって??





・・・・





夜の撮影は難しいのだよ。。。。

なのでこっちで我慢してね。



お料理のアップ


e0033713_1737575.jpg





e0033713_17373340.jpg


つけたし
[PR]
by michirudesu | 2011-08-05 17:53 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(2)


こんにちは、今日はなんだか涼しいですね。

毎日お尻をダンナにさすらせているみちるです。

はよ治ってもらわんと、うししし・・・・



・・・・



どおゆう意味だぁぁぁッ??

       なんだか治ってはいけないような予感











e0033713_10332236.jpg





坐骨神経痛かな??
とはいうものの、別に普段は何ともなくなったのに気を良くして
観てきましたよ、

パリポタ最終回。

3D。




これで終わり・・ということは、いわばラスボスとの戦いですからね、
ほんとにもう、戦闘シーンのオンパレード。


それにあの人も、あの人も、あの人も・・・
みんな死んでしまいます。



こんなに死んでエエんかいな???

これ、子ども向けのお話やったのと違うのぉ????



e0033713_10544713.jpg







ま、でも、とっても面白かったです。


ふーん・・・あの先生は・・・・
そうだったのねぇ・・・(しみじみ)



e0033713_10472960.jpg




わけのわからない感想ですみませぬ。
あとはご自分でご覧下さいませ。




しかし、2時間以上も座っていると、やっぱりお尻が痛くなってくるなあ・・・



あの杖から出てる電気みたいなのを当てたら効くかしら。。。。。。













にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-02 11:00 | 映画な日常 | Comments(2)

イヤ、書き忘れたんですがね、
あれは先週の金曜の夜中のこと。


イタタタ・・・!!


と右足が痛くて目が覚めてしまいました。

右足・・というより、右のお尻・・

ていうか、おしりのお肉の奥の奥の方??

尾てい骨???




e0033713_1151322.jpg






とにかくお尻から右足、ももの裏側をとおってふくらはぎ辺りまでが
突っ張るように痛い!!

でも足がつったわけではない。
だって動かすことはできるし。。。



ひゃ~・・どうしたんやろ、
前々から座ってるとお尻が痛くなるなあ・・と思ってたけれど、
足まで痛いってなに??


明日は土曜だから、病院休みジャン!
月曜まで我慢しろってかぁ??




e0033713_11534126.jpg




だんだんと想像が悪い方へ悪い方へと向かう中、
悶々と朝になるのを待って
さっそくネットで検索いたしましたわよ。



“お尻 痛い”


って。








e0033713_1273899.jpg






よくしたものですねぇ・・・

検索結果に怪しいサイトが並んだらどうしようかと思ったけれど、
一発で今の症状とドンピシャの様子について解説したサイトがいくつも出てきましたよ。













恐るべし、ネット社会!!






e0033713_1205327.jpg




どうもこの症状は坐骨神経痛というらしい。


とりあえずは安静にしとけ・・とある。


座っていたら痛いというのに、それ以上安静って、
寝てろてか!!


と思わないでもないが、
人間というのは、わけがわからないうちはひどく痛みを感じるけれど、
正体がわかってしまうと落ち着くものです。



夕方になるころにはもう普通にしてても大丈夫
と相成ったのでありました。






e0033713_12103236.jpg




ダンナにお尻をさすらせ、
無理やり肛門近辺に湿布を貼られ、
(色気もなにもあったもんじゃあない。。。)

あれから二日後、日曜となった今現在、

土日休みの病院をあれほど恨んだくせに、
受診のタイミングの欄に『症状が一週間くらい続いた場合』ってあったし、
治ったからもう行かなくてもいいや!と。



のど元過ぎればなんとやら・・


また、もっかい痛くなったら病院いこ~っと。。。。












写真は上から(なんでいちいち食べものの写真を挟むかなあ)


コメダコーヒー のシロノワール
  
  あったかいデニッシュの上に冷たいアイスをのせたというコメダの名物メニューだよ。



大丸百貨店の鱧のお寿司


京都市 大極殿本舗 の春庭良(かすていら)
 

同じく京都市 前田コーヒーのオムハヤシ







大極殿本舗のカステラは
以前に聖地巡礼をした森見登見彦の『四畳半神話』シリーズ、
本やアニメでたびたび登場したカステラなのです。


アニメで出てきたほどの巨大カステラは売ってないけれど、
代わりに『半本』・・つまりひとり分にちょうどいいくらいのサイズがあって嬉しいです。


包み紙もなんだかレトロ


e0033713_1218445.jpg









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-01 12:21 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)

7月の読書


e0033713_10444917.jpg



うかうかしていたら、もう8月。

祇園祭に出かけて食べ歩いたケーキたちがパソコンの中に埋まっているのに、
その上さらに別の場所で食べ回ってくる始末。

いったい、いつどこで食べたのやら・・・
と、最近とみに鈍くなった記憶力が
全くゼロになってしまわないうちに、なんとかUPしなくては。。。



やっぱ夏は果物がさっぱりしていいよねぇ。


e0033713_10464856.jpg




・・・て、

ちがあう!!



読書の話でしたわね。。。










7月の読書



オジいサン(京極 夏彦)
京都貴船殺人物語(秋月 達郎)
カンナ 天満の葬列(高田 崇史)
三つの名を持つ犬(近藤史恵)
僕僕先生(仁木 英之)
メサイア 警備局特別公安五係(高殿 円)
京都小町塚殺人事件(木谷 恭介)
ダークゾーン(貴志祐介)
秋の牢獄(恒川 光太郎)
神様のカルテ2(夏川 草介)
あなたがいない島(石崎 幸二)
猫と妻と暮らす 蘆野原偲郷(小路幸也)
絶叫委員会(穂村 弘)
ベスト本格ミステリ2011()
地のはてから 上・下(乃南アサ)
袋綴じ事件(石崎 幸二)




e0033713_10595240.jpg




オジいサン(京極 夏彦)

   私たちって普段、たとえぼおっとしてる時でも
   頭の中はまったくの『無』というわけじゃなくて、
   絶えず何らかのことをとりとめもなく考えてるじゃないですか。
   あとからは決して思いだせないけれどね。

   そんな、頭に浮かぶけれど意識もしていないような思いを、まあ、よく書きだしたものです。
   ・・・というようなお話。


三つの名を持つ犬(近藤史恵)

   犬、出てくるよぉ~。
   最初はこの主人公の女性にちょっと腹が立つけれど、
   よくよく読み進めていくと、同情のできる部分もあるなあ・・と。


ダークゾーン(貴志祐介)

   この作者のクリムゾンの迷宮を思いだすお話。
   ありえへん別世界の戦いだけれど、やっぱり手に汗を握ってしまうのだ!


神様のカルテ2(夏川 草介)

   ふんわりほんわり・・
   こう話が進んで、こう泣かされるだろうなあ・・と思ったとおりに話がすすんでいきます
   クサッ!!と思いつつ、
   やっぱりウルウルしてたりして・・


地のはてから 上・下(乃南アサ)

   上下巻。女の一代記・・ていうか二代にわたる女の記録。
   今は日本中どこへ行っても大差ないけれど、
   ちょっと前までは都会と田舎では、江戸時代と現代くらいの差があったんだよなあ。






その他の本や詳しい感想は こちら





e0033713_11164975.jpg







写真は上から

昔テレビチャンピオンで優勝したこともある
岐阜市の果物屋さん おおくまさん のフルーツアラカルト



滋賀県高島市 とも栄さん のフルーツタルト



岐阜市 パティスリー アタッシェさん のチョコレートのケーキ(名前を忘れました)





どれもうまいよぉ~~~

(・・・て、なんちゅう感想なんだか。。。)













7月のコミックはこれだけ

XXX HOLIC1~10(CLAMP)
拝み屋横丁顚末記14(宮本 福助)
岳13(石塚 真一)
へうげもの1(山田 芳裕)






おまけ


e0033713_11254739.jpg




滋賀県大津市 かねよさん のきんし丼

明日、8月2日も土用の丑の日なんだって。


うなぎ、食べる??? 








ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-08-01 11:28 | 読書な日常 | Comments(2)

好きなことしかしないっっ!!