<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

モンブランまとめ

  

こちらが2011年、1年間で食べたモンブランでした。。。。


みなさん、よいお年を・・・




e0033713_18343460.jpg





















と思ったら、最後の最後にもう1個。


e0033713_18352964.jpg


e0033713_18355192.jpg





岐阜県大垣市のショッピングモール、アクアウォークの中にある

カフェ アビアンカさん のケーキセット モンブラン



クリームがたっぷり。
でも甘さ控えめだから、とっても食べやすい。









ちなみに、今まで食べたモンブランのすべては こちら です。



それではみなさん本当に よいお年を・・





にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2011-12-31 18:41 | マロンな日常 | Comments(0)

今年の読書



今年もあと少しですね。

少し早いですが、今月の読書をまとめてみました。


e0033713_17342151.jpg



e0033713_17344431.jpg



 
  シチュエーションパズルの攻防(竹内真)
  古道具屋皆塵堂(輪渡颯介)
  殺人源氏物語(斉藤栄)
  怪談 24の恐怖(三浦正雄編)
  COLORS(藤田宜永ほか)
  風を見にいく(椎名誠)
  いい奴じゃん(清水義範)
  密室殺人ゲーム・マニアック(歌野晶午)
  本棚探偵の生還(喜田雅彦)
  花の鎖(湊かなえ)
  用もないのに(奥田英朗)
  百鬼夜行殺人事件(赤川次郎)
  ばんば憑き(宮部みゆき)




e0033713_183619.jpg










さて、今年2011年に読んだ本の総数は166冊でした。


前半で印象に残ったのは・・



神の手上・下(久坂部羊)

    安楽死についていろいろと考えました。   

    感想は こちら



悪の教典上・下(貴志佑介)

     さすがのサスペンスです。

     感想は こちら



蒲生邸事件 (宮部みゆき)

      歴史小説かと思いきや、壮大なミステリー。

      感想は こちら


四畳半王国見聞録 (森見登見彦)  

      出た、森見ワールド!!
 
      感想は こちら




e0033713_18361151.jpg





後半は・・




ジェノサイド (高野和明)

    人類が滅亡する原因となるものとしていくつかの可能性が考えられるが、
    そのひとつとして人類の進化があげられる???

    感想は こちら




偉大なる、しゅららぼん (万城目学)

     びわ湖のお話ですから。。

     感想は こちら




1Q84Book1~3 (村上春樹)

    とっつきにくくて読まず嫌いだったけれど読んでみたら意外に面白く、意外につまらな・・・・

    感想は こちら





虚言少年 (京極夏彦)

    この語り口が妙におかしいのです。

    感想は こちら





e0033713_18475867.jpg


e0033713_18482296.jpg





記憶力に衰えを特に感じる今日この頃、
一年たっても内容を克明に覚えてる本って意外に少ないです。。。。





例によってこれ見よがしに挟まっている写真は、上から、


岐阜県 養老軒さん のくりきんとん大福

   フルーツ大福が有名なお店ですけど、これもとってもおいしい。



嵯峨野の イクスカフェさん の京黒ロールくろまる

    めっちゃ落ち着けるカフェです。

    真っ黒のロールケーキ“くろまる”もしっとり。



京都左京区 ZACOさん のケーキセット。

    万城目学さんの『鴨川ホルモー』にも出てくるお店ですよ。








ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-12-29 19:02 | 読書な日常 | Comments(0)

今年の映画

  
e0033713_16485677.jpg


♪ チャッ! チャッ! チャッチャッ!!
   ♪ チャッ! チャッ! チャッチャッ!! 




この曲を聞いただけでわくわくですわ。



その映画の名前を聞いただけでテーマソングが頭に浮かぶ・・

そんな映画シリーズがいくつかありますが、
この映画もそのひとつ。



ミッション・インポッシブル






おもしろかったです、はい。

多くは語りますまい。
年末年始にストレス発散してください。















e0033713_16551461.jpg





e0033713_1656419.jpg






というわけで、今年観た映画を列挙してみましょう。





e0033713_1725219.jpg








e0033713_1795429.jpg





相棒
白夜行
アンストッパブル
RED
ウォールストリート
ツーリスト
名探偵コナン 沈黙のクォーター
ブラックスワン
パイレーツ オブ カリビアン 生命の泉
八日目の蝉
アジャストメント
XーMEN ファーストジェネレーション
スカイライン
スーパーエイト
ハリーポッター ハリーポッターと死の秘宝 PART2
トランスフォーマー
シャンハイ
世界侵略
ワイルド スピード メガマックス
猿の惑星 ジェネシス
三銃士
源氏物語
ミッション・インポッシブル ゴースト プロコトル





e0033713_17131629.jpg





e0033713_17152390.jpg





今年は23作でしたか。
月平均2本には至りませんでしたね。


“なんだこれは??金返せ!!”
・・・というのも無きにしも非ずですが、
お気に入りはトランスフォーマーですかね。


なにせ、スカッ!!とするのが好き。











e0033713_17155920.jpg





e0033713_17161393.jpg





e0033713_17181120.jpg






DVDは41本ほど観てました。(レンタルで)

ずらずら列挙するのはやめときますね。




e0033713_17165341.jpg





やっぱ映画は“映画じゃないとつくれない!!”・・っていうのが見たいです。

スケールがでかくて、お金がかかってて、豪華メンバーで、あり得ないような技術で・・・




テレビの特番ドラマでもOKっていうのはテレビで見りゃあいいじゃん!!




e0033713_17213934.jpg




e0033713_17215243.jpg










さて、合間にこれ見よがしに挟まっているのは
先月あたりから私が京都で食べたヤツですよ。



上から・・


京都嵯峨野 うなぎ廣川さん のうな重定食

   まあ、なんとお昼には一時間待ち
   ・・・て言われたけれど、結局2時間近く待ちましたわ。
   うな丼だけで済まそうと思ってたのに、待ちに待ち過ぎて、
   “こうなったら定食だぁ!!”と。
   
   待つだけの値打ちはありますよ。




京大のすぐ前 天ぷら かふうさん のミックス天丼

   目の前で揚げてもらう天ぷら屋さんの天ぷらがお昼にお得にいただけます。




三条京阪近く グリル・ド・レブンさん の和風ビーフシチュー

   ものすごーくお肉が柔らかい。




京都駅地下街ポルタ お好み焼き 町やさん のねぎ塩たこ焼き

   お好み焼き屋さんだけれどたこ焼きもとろっとろのカリッカリでおいしいの。




建仁寺近く 喫茶コリスさん の豚のブルーチーズカツレツ
 
   豚肉にブルーチーズを挟むという豚カツ。
   ブルーチーズの香りは好き嫌いがわかれそうですが、クセになりそうです。

   それにこの店、なにせ山盛り。
   ランチにくっついてくるサラダもこの大盛りです。
   パンなんてぶっとい巨大バゲットがひとり半本。
   “食べれるわけないやん!”と思ってたら、持ち帰り用に包んでくださいました。




京都駅 JR伊勢丹すばこ内 はしたてさん の鯛の胡麻味噌寿司

   あっさり目の酢飯と鯛のお刺身がもう・・たまりません!




最後は京都じゃなく岐阜ですが、
大垣アクアウォーク内 築地銀だこさん のたこ焼き

   大ぶりでうまい!!!




あら、たこ焼きが2軒だわ。
やっぱ、関西人だしね。。。。






にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2011-12-27 17:40 | 映画な日常 | Comments(0)

年の瀬

気まぐれのように時たまの投稿で失礼しております。


寒いですねー。
   
ホワイトクリスマス・・はロマンチックでよろしいが、
ンなこと言ってらんない所もございまして・・



e0033713_916818.jpg



こちら、関西の方には、
東海道新幹線、関ケ原付近の雪のため遅れが・・・
の放送でおなじみの関ヶ原でございます。



ここから新幹線は滋賀県に入って京都に向かうわけですが、
ここを通るたび、新幹線を滋賀県にひきこんだのは間違いだったんじゃなかろうか・・
と思うわけでございます。

だって、この関ヶ原からほんの数キロ離れた所は雪なんてまーったくないんですよ。
京都に停めたいのは重々わかりますので、
岐阜→三重→京都と線路をひけば雪なんて関係なかったのにねぇ・・・

・・・て、滋賀県人自身が言うか???



ま、古く、江戸の昔から、
東海道も中山道も滋賀を通って京へ抜けたわけでして、
許してやっておくんなさい。。。。












ここからは雪景色じゃなくて、
季節外れではありますが、
先月終わりに出かけた香嵐渓の紅葉のお写真です。






e0033713_1043011.jpg






e0033713_946232.jpg







e0033713_9254415.jpg








そんな12月。(どんなや??)

私はいったい何をしていたかというと、
ずーーーーーーーーーーーーっと掃除をしておりました。
12月1日から。
はい。




e0033713_9262942.jpg





e0033713_9264025.jpg





掃除に一カ月かかるというといつも、
どんな大邸宅や??
と言われるのですが、
大邸宅でも豪邸でもお城でもございません。
ただのミサワホーム。
(ただの・・・って、今ミサワホームさんを敵に回した気が・・・)





e0033713_9265226.jpg





e0033713_9271016.jpg





要するに私の掃除がマニアックなのですね。

ドアから柱からあらゆる木の部分は三度拭き、
隅はつまようじでほじくる始末ですから。




e0033713_9554567.jpg





e0033713_9272590.jpg






しかし、そんな年末掃除もやっと終わりを迎え、
私は今、疲れ果てております。



しかし、そんなに疲れるくらいなら一度にまとめてやらなけりゃいいわけで、

それにこの掃除ぶりを人に話すとキレイ好きだと言われるけれど、
そもそも日ごろからきちんと掃除してれば、
年末にまとめて大掃除などする必要などないわけだし・・・






e0033713_9424644.jpg





e0033713_9274286.jpg




マメなんだか無精なんだか、
キレイ好きなんだかそうじゃないんだか・・・・





ま、どっちにせよ終わったんだしね。

これからは年末のお買い物三昧・・














と、思ったらこのありさま。



e0033713_10145119.jpg







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-12-26 10:15 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

モンブラン整理

  
え~・・・・


前回の投稿は11月の読書ですか・・・

月一更新・・・・




ま、言い訳の言葉もありません。

皆さまのところもちょいちょい訪問させていただいてはいるものの、
読み逃げばかりで申し訳ないことです。


どうも私は書くより読むほうが好きなようで・・・
 ↑ あ、これも言い訳でしたね。





気を取り直して、うかうかしてると年が改まってしまうので、
ここんとこパソコンの中にたまったままになってしまっている
モンブランを整理することにいたしましょう。




e0033713_18335381.jpg


e0033713_1835442.jpg





京都SAZARE から、
   上 モンブランパリ
   下 和栗のモンブラン です。




e0033713_18412868.jpg




e0033713_18415398.jpg





モンブランパリの方はパリというだけあって、洋酒が効いてオシャレなお味。

かわって和栗のモンブランの方はムースが中心で、栗がとっても強調されたお味。
がっつり栗!!っていう感じですが、ムースなので食べやすいです。

オシャレ系とガッツリ系、どちらも捨てがたい。。




                          京都SAZARE  モンブランパリ  450円
                                      和栗のモンブラン  450円











続いて、今のお店のすぐ近くにある プレジール・シュクレ からもモンブランをふたつ。



e0033713_18491461.jpg





e0033713_18493259.jpg







   上  丹波栗のモンブラン
   下  マロンヴァニーユ


どちらも栗のクリームが濃そうですねー。



e0033713_18514135.jpg



e0033713_18522180.jpg





下のマロンヴァニーユは何層にもなっていてまるでパフェのよう。

両方とも見た目の通りクリームのクリ度がとても高いので、
中のクリームや土台部分などのいろんな部分とのハーモニーが存分に楽しめます。




              
                    プレジール・シュクレ  丹波栗のモンブラン  480円
                                   マロンヴェリーヌ  430円












さてお次は、(まだまだあるよぉ~・・・)
京都大学の近く、ラ・シャンス の モンブラン


e0033713_18573154.jpg



こちらは下の部分がプリン風。


e0033713_1944321.jpg




上の部分クリームになった栗、下の部分でムース状の栗、
いろんな種類の栗が味わえてうれしいモンブランでした。



            

              ラ・シャンス  モンブラン   お値段忘れた。。。。










そして・・・(まだ続きます・・)


e0033713_198492.jpg



東洋亭 のモンブラン

アイスと一緒にサービスしてもらえます。


e0033713_1995170.jpg




中にツブツブの栗がいっぱいです。

喫茶店とかで食べるあまり特徴のないモンブランになってしまうところを
そのたっぷりの栗でランクアップ・・っていう感じです。




                       東洋亭  モンブラン  410円










さらに・・(まだあるのぉ???)


e0033713_1912576.jpg



京都駅地下街ポルタの カフェ・ド・アンリ のモンブラン


e0033713_19134820.jpg



土台部分がシフォンケーキなのでかるーい感じです。

周りのナッツも香ばしい。




                   カフェ・ド・アンリ モンブラン    飲み物とセットで860円








さて、最後です。


こちらはシュークリームのモンブラン


e0033713_19164363.jpg



e0033713_19175056.jpg



モーツァルト のモンブランシュークリームです。

黄色い栗クリームに渋皮栗クリーム、そして丸ごとの栗も、
いろんな栗が食べられて、とっても贅沢なシュークリームなのでした。




                      モーツァルト モンブランシュークリーム  380円











あ、最後だと思ったけど、まだありましたわ。。。


e0033713_19204937.jpg



変わった外見ですが、これも立派なモンブランなのです。

だって、お店がそうだって言ってるし・・・


e0033713_19213517.jpg



e0033713_1922019.jpg





KAMARARIYA の焼モンブラン

焼いてる・・って言ってるけど、食べごこちはしっとり!
甘さは控えめで、それより栗度が高い。

和菓子のような洋菓子のような・・・
そんな不思議な食感が味わえるケーキです。



                    KAMANARIYA  焼モンブラン  260円







ヤレヤレ、これで本当に終わりです。

・・ていうか、これで年度内終わりにできるのかなあ。。。。



にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2011-12-20 19:30 | マロンな日常 | Comments(0)

11月の読書

e0033713_18202852.jpg




な、なんじゃ~??? このデカイ写真は!!



記事を書いてる最中にプレビューで見てびっくりしたけど、
ええい、このままにしといたれ!




e0033713_18221391.jpg








てなわけで、11月に読んだ本です。


  仔羊の巣 (坂木司)
  「ABC殺人事件」(有栖川有栖ほか)
  しあわせ食堂(武内ヒロクニ+毎日新聞夕刊編集部)
  念写探偵加賀美鏡介(楠木誠一郎)
  NOVA5(大森望編)
  カンナ 出雲の顕在(高田崇史)
  君は素知らぬ顔で(飛鳥井千砂)
  キョウダイ(嶋戸悠祐)
  消された竜馬(楠木誠一郎)
  虚言少年(京極夏彦)
  ある少女にまつわる殺人の告白(佐藤青南)
  あなたに、大切な香りの記憶はありますか?(阿川佐和子ほか)
  京都呪い寺殺人事件(木谷恭介)
  名短編ほりだしもの(北村薫 宮部みゆき編)








e0033713_1829454.jpg






11月は紅葉周りに忙しかったのか、短編集のようなものばかりでしたね。

それとも歳とともに気力が続かなくなったのか・・・・・







e0033713_18344387.jpg







虚言少年(京極夏彦)

  ちょうど昭和30年代から40年代くらいにくらす少年が語っているという形式なのだけれど、
  この少年の語り口といい、面白がることの内容といい、
  なぜかジイサンのようで面白いんだなあ。

  アンタがなんで平成の時代の道具や風俗を知っとんネン!!
  ・・ていうつっこみはナシにしとくと笑えるよ。。





ある少女にまつわる殺人の告白(佐藤青南)

   あの様々な人のインタビューでつづるという形式の話は、
   どうしても、湊かなえさんの『告白』を思い出さずにはいられないし、
   そして迫力負けを感じずにはいられない。
   でも、児童相談所の実態や最後のうすら寒さはものすごく印象的だ。






 詳しい感想は こちら です。







e0033713_18392737.jpg






写真は アイスまんじゅう と パックンチョ マロン



両方とも、ものすごい栗感!とはいかないまでも、
いつものと違った感じが楽しめていいですよ。



その間のパフェは 珈琲館の『秋味シンフォニー』
    秋の味覚には欠かせない栗と柿がのっていて柿がとっても甘ーい。 
    下のコーヒーゼリーもすっきりとしたお味









ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-12-04 18:47 | 読書な日常 | Comments(0)