まずは 神泉苑(しんせんえん)


e0033713_18304164.jpg




ここは平安時代の禁苑です。

禁苑というのは、宮中のお庭ということ。
一般人は立ち入り禁止。
高貴な方しか入ることができなかったお庭です。


ここでは平安時代に空海が雨乞いを行ったり、
疫病がはやった時には、人々が厄除けのために66本の鉾をたてて行進し、
それがのちの祇園祭になったともいわれています。




鳥居があって、拝殿、本殿があって、

e0033713_18333935.jpg





狛犬なんかも見えますから・・・


e0033713_18343645.jpg




神社のようですけれども、
これらは境内にあるお社、善女竜王社。
現在は真言宗のお寺です。




e0033713_1848456.jpg




e0033713_18481591.jpg




鎌倉時代に入り、源義経も雨乞いを行い、
その時の舞姫だったのが静御前で、
ここが二人の出会いの場であったとも伝えられています。



e0033713_1853442.jpg




かつては大池や泉、小川、森林などの自然を取り込んだ大庭園だったそうですが、
のちに二条城がつくられており、
今はお城のお堀に東端と西端を示す石碑でその大きさを偲ぶほかありません。



e0033713_1855129.jpg



e0033713_1855119.jpg






付近には弘文院大学寮の跡を示す石碑もあります。


e0033713_18555578.jpg



弘文院(こうぶんいん)は平安時代のいわば私立大学。



e0033713_18562688.jpg




大学寮(だいがくりょう)は平安時代の国立大学といえるでしょう。

源氏物語の中で光源氏の息子がここに通って勉強をする場面が出てきますね。


こうやって石碑を見ていると、
まさにこのポイントだけの建物だったような気がしますが、
本当は辺り一帯全部、広大な敷地だったんですよね。


赤い範囲内が大学寮、紫が神泉苑。
  赤マルが大学寮石碑  紫丸が神泉苑東端、西端の石碑
e0033713_1859416.jpg





さて、この付近の千本通りはかつての平安京の中心、朱雀大路(すざくおおじ)。


e0033713_193576.jpg



今はこんな感じですが、平安京の朱雀大路は巾80mもあったといいます。

札幌大通公園の巾が65メートルくらい(両側の道路のぞく)といいますから、
ものすごく広い道路だったのですねぇ。



その朱雀大路に大内裏の門である朱雀門がありました。


e0033713_192939.jpg





大内裏というのは天皇の私的区域(内裏)と各種役所や施設を全部含む宮城全体のこと。


配置はこんな感じです。

e0033713_1939405.jpg





この辺りには大内裏や内裏の中の建物の跡地を示す石碑がいっぱい。




主水司(もいとりのつかさ)跡

e0033713_19413651.jpg


水や氷の調達、それから粥の調理などをしたところです。






中司省東面築地(なかつかさしょうとうめんついじ)跡

e0033713_19415218.jpg


中司省は天皇の秘書のような仕事をする役所ですって。







内酒殿(うちのさけどの)発見の碑

e0033713_19422254.jpg


この場所で井戸が発見され、内裏に治めるお酒を作る役所があったことがわかりました。




しかし、どの場所もどの場所も、
マンションの一画だったり、デイサービス施設の車庫の片隅だったり・・・


掘ったら遺跡・・ってほんとだわあ。。。





そんな中、綺麗に整備されているのがこちら。

一本御書所(いっぽんのごしょどころ)跡

e0033713_19563534.jpg


世間に流布した書籍を各一本(一部)書き写して保管・管理した所だそうです。


ここは山中油店という老舗の油屋さんの敷地内。

さすが200年の老舗、史跡も大事にしておられます。











さて、ここからは内裏内の史跡。



承明門(じょうめいもん)跡

e0033713_19571181.jpg


内裏の正門です。






宜陽殿(ぎようでん)跡

e0033713_2055486.jpg


物を納めるところ。
当時の一級品が保管されていたそうです。






綾綺殿(りょうきでん)跡

e0033713_2073751.jpg


舞いや宴が行われていたところ。


余談ですが、ここの後ろは先ほどの山中油店が
その名も綾綺殿という町家カフェを営んでおられます。







内郭回廊(ないかくかいろう)跡


e0033713_20103011.jpg


ここはこの碑の後ろ、フェンスの中の広ぉーい空き地に石碑がポツリ。


e0033713_20114581.jpg










それから、千本通りの歩道の石の上に、
北回廊(きたかいろう)大極殿(だいごくでん)、小安殿(こやすみどの)、昭慶門(しょうけいもん)、
それぞれの跡の石碑が並んでいます。


e0033713_20153492.jpg



これらは朝堂院という国家の中心的な儀式や宴を行う場所内の施設。

大極殿はその中心施設で「高御座」(たかみくら)がおかれ儀式や謁見の際に天皇が着座する場所、
小安殿は天皇が政務を行った場所だそうです。




大極殿跡の石碑は近くの公園の中にもこんなに立派なものが作られています。


e0033713_20321154.jpg





だいたいの石碑の位置関係はこちら


e0033713_20324112.jpg









しかし真夏、かんかん照りの京都。

こんな石ばっかりを見て回って、何が楽しいというのか・・

ていうか、炎天下歩き回るのはもはや自殺行為。




平安京を偲ぶのも楽ではありません。。。。。









歩き回ったのはだいたいこのあたり。







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-31 21:12 | 京都な日常 | Comments(0)


お料理ッ!!


e0033713_830504.jpg




e0033713_831688.jpg




e0033713_8312565.jpg




前菜やら、スープやら、お魚のお料理やら、
数々撮り忘れ・・・・




デザートッ!!!



e0033713_8321941.jpg





e0033713_8324235.jpg





e0033713_8325441.jpg





でもデザートはしっかりと記録。





これは何かというと、
娘の披露宴用のお料理の試食会なんですねぇ。


結婚する2人はコースが無料、
その他の付き添いは半額という大サービス!

ご両人と両家の親、総勢6人で三種類のコースを頼んで、
あれやこれやを食べ比べしてきました。


会場を決めるのに京都のホテルを周りまくり、
最終的にはお料理で決めた・・・
と、二人が言うだけあって、
ここのお料理はどれもとってもおいしい。

しかも見た目が極めて美しい。


いや、当日が楽しみですね。





ほかにも・・・



テーブルセッティング


e0033713_8551669.jpg




模擬披露宴


e0033713_8555757.jpg




衣装のファッションショー


e0033713_8562484.jpg





と、ホテルはブライダルフェア―一色でありました。



見てる分には楽しいけれど、
いろいろ決めていかなくちゃいけないことがあって、
結構大変だよねぇ。。。。。










にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-31 09:01 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

あ、inじゃないか・・・
なんだろ、at?、by??




滋賀県は米原市に三島池という池がある。

その近くのキャンプ場で手話の仲間たちとバーベキューをいたしました。


e0033713_8323820.jpg



バーベキューは米原市手話入門講座の一環で、
受講生とろうあ者との交流が目的らしい。

私たち市内の手話サークルメンバーはそのお手伝い。



e0033713_8345726.jpg




・・といっても、

手話の腕前など入門講座の受講生とたいして変わらない私は、
主に肉を食べたり、焼きそばを食べたり、
肉を食べたり、スイカを食べたり、
肉を食べたり、トウモロコシを食べたり・・・・



めっちゃ楽しかったです。(オマエが楽しんでどうする!)








スイカを持ちながら片手で手話をする団長(?)

e0033713_848532.jpg



手、半分しか動かしてないヤン!



でも通じるから不思議だよねぇ・・。



不思議といえば、ワタシがやったってわかってもらえるから、
ますます不思議だよねぇ・・・・。










要は気合だな!!
     
        向こうがわかろうと大変な努力をしててくれる・・・     という説もある。






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-24 09:02 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

アマゾンでお買い物をすると、
よく似た商品や関連商品のお勧めメールが次々にくるよね。


で、こないだ・・・・・


e0033713_1514027.jpg





アフリカゾウを勧められてしまったよ!!












あ、前に買ったナノブロックの話だったのね。。。。。。










にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-14 15:03 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(1)

焼きそば・・・


e0033713_12194259.jpg




実は注文して待っている時に隣のテーブルに運ばれていくのを見てました。

一緒に行った息子が、
「な、なんかすごいのでできた!」っ・・・て。

でも隣は三人様だから、あれは三人前だろう・・なんてヒソヒソ言ってけど、


これで一人前です。



焼きあがり。


e0033713_12233627.jpg




このお店はお好み焼きもものすごい。


e0033713_12242310.jpg




しつこいようですが、 これで一人前です。


焼く前・・・


e0033713_122581.jpg



こんなのひっくり返せないよぉ~~・・なんてご心配はいりません。

店の人がイチから十まで全部やってくれます。



京都市にある、その名も じゃんぼ さん。


お好み焼きを焼きながら、隣で焼きそばを焼いてくれる。
それだけでもう鉄板の上は山盛り状態。

焼きそばを焼く間、お好み焼きの方はほおったらかし状態なので、

こんなに焼いてしまっていいかなあ・・中までパサパサじゃあ???
なんて心配しましたが、食べてびっくり。

外はカリッと、中はとろっとろで、とってもおいしいんですよ。



焼きそばの方も太めの麺とソースがよく絡んで、とってもいい感じ。





                      じゃんぼ   焼きそばジャンボ
                              お好み焼きミックスジャンボ  各750円










さて、今回は市内に点在する天満宮をめざして市バスでグルグル。

しかし夏の京都は歩き回るモンではありませんね。
暑いったらありゃしない!!

のどが渇いて仕方がありません。


e0033713_1644260.jpg




コロラドコーヒーショップ西洞院店 のオレンジスカッシュ。

後ろに見えてるように、素敵な中庭があってくつろげるお店です。




e0033713_16453032.jpg



シュークリーム専門店 クレーム・デ・ラ・クレーム の、こちらはスーリー。

これもシュークリームですよぉ。


e0033713_1646484.jpg
 


外はホワイトチョコ、中はとろっとろのクリーム。

子どもっぽい見かけだけれど、甘さは控えめで大人も充分楽しめます。










息子とはお昼にジャンボな焼きそばとお好み焼きを食べたあと別れておりましたが、
(ちゃんと下宿で受験勉強してたんだろうな!!)

夜にもう一度会って、一緒に夕ご飯。
      ご馳走してもらえるとなったら、必ず出てくるんだよ、ヤツは・・・



三条河原町近くのインド料理店 ケララ でカレーのセットです。


パパド(インド風のお豆のおせんべい) と サモサ


e0033713_1703590.jpg



e0033713_1701855.jpg




パパドはちょっとピリ辛。お菓子のようです。






シシカバブとシレミカバブ、それにサラダ、

e0033713_16514671.jpg



骨ぬきチキンを、ヨーグルト、カシューナッツとマサラに漬け込んで焼いたものだというレシミカバブ
(写真の白っぽいお肉)が柔らかくていい感じでした。




海老のカレー・・・


e0033713_17239.jpg




これは辛さが程よく、香辛料の香りがきつすぎない、
日本人にとってなじみのある感じのカレーでした。



それにもちろん、ナンがついてきてお腹いっぱい。

インド料理のお店って、たいていどうしてこう山盛りにお料理がでてくるんでしょ。
どんだけ食べるんだ? インド人??

・・・とか言いながら、デザートまでしっかり。


e0033713_1754429.jpg







                                   ケララ  Bセット 2600円
 









なにお昼があの大盛りでしょ。
(食べきれずに一部はお持ち帰りにしてもらった。。。)

食べすぎた息子は、シャツをめくって
ベルトからはみ出したお腹を出して見せる始末。

そんな状態になったのがよっぽど珍しかったのでしょう。


でも・・・・・









ワタシゃ、いつもそんなだよ。。。









おまけ。


e0033713_17104249.jpg



お持ち帰りのおやつは 老松さん の夏柑糖。

4月から夏蜜柑のある時だけしか作られない季節限定品。


e0033713_17121523.jpg



まさに夏ミカンを凝縮した爽やかなお菓子です。


これを食べんと夏がきぃしまへんなあ。。。。






                              老松  夏柑糖  1260円(自宅用)








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-08 17:21 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

ここが生誕の地だ!

・・・という場所だけでもいくつもある菅原道真公ですが、
お生まれになった場所じゃなくても、彼をお祀りした神社は全国各地にたくさんあります。

もちろん京都市内にもたくさん。



e0033713_1541141.jpg




こちらは水火(すいか)天満宮


ここも醍醐天皇の勅命で初めて菅原道真公をお祀りした神社として
「日本最初の天満宮」と称しておられます。


境内には、「登天石」と名付けられた石があり、


e0033713_15472487.jpg





菅原道真公の死後、天変地異が続くことを心配した時の帝、醍醐天皇は、
延暦寺の法性坊尊意僧正に祈祷を依頼します。
勅命を受けたその僧正が、急いで都に向かう途中、
突然鴨川が増水して町へと流れ込みました。

けれども僧正は騒がず数珠をひとして、天に向ってお祈りを捧げたところ、
不思議な事にたちまち水位が下り、水流の間から一つの石が現れました。
そしてその石の上に菅公の霊が現れ、やがて昇天し雷雨も止んだということです。
その石がこの登天石。


  

この石に祈ると、迷子が無事に戻るそうですよ。

後ろの松の木は菅公 影向松(かんこう ようごうまつ)といって、
菅公がこの世にあらわれる時にこの松に降りられるのだとか。













e0033713_1555850.jpg



こちらは高台寺のすぐ近くにある高台寺天満宮


豊臣秀吉の夫人、北政所ねねが菅原道真公をお祀りした神社です。










つづいて 霊光殿(れいこうでん)天満宮


e0033713_16133846.jpg




道真公のが左遷され大宰府に向かう途中、
菅原氏の領地であった河内国で天から一条の光とともに天一神・帝釈天が降臨されたそうです。

その地に道真公をお祀りする社が建てられていましたが、のちに京都のこの地に移されました。





この神社は蒙古襲来の時(元寇)に後宇多天皇が当社にて戦勝のお祈りをしたところでもあり、
元寇の際に神風が吹いて日本軍が辛くも勝利したことはよく知られていることです。

後宇多天皇はそのことに感謝して、『天下無敵必勝利運』の額を送っています。


e0033713_1623820.jpg



のちに徳川家康もこの神社を深く崇敬し天下太平の祈願もしており、
今ではその家康も合わせてお祀りされています。













市内のど真ん中、四条河原町付近のビルの片隅にも天満宮がありました。



e0033713_16303571.jpg




火除(ひよけ)天満宮

ここはこんな風にビルの陰に埋もれるようにしてあります。


e0033713_16271074.jpg




天正5年ころから九州筑紫国(福岡県)大宰府で兵乱が多発した際、
一人の老神官が菅原道真公の尊像を背負い乱を逃れて京へとやってきて、
六条街に鎮座させたのが始めといわれています。




お社はこんな格子の中。


e0033713_16345357.jpg



度重なる火災でも無事だったので、火よけ天満宮と言われているそうですよ。













そこからほど近い新京極のアーケードの真ん中にも天満宮が。


e0033713_16365744.jpg




錦(にしき)天満宮



観光客をはじめ買い物客などでごった返す町のど真ん中のせいか、
この時は韓国か中国からの団体さんが・・



ここの鳥居はビルの中に突っ込んでいることで有名ですよね。


e0033713_163924100.jpg









以前に訪れたのと合わせて、前半後半でご紹介した天満宮は十か所。

こちらが訪れたそれぞれの天満宮の場所です。








市内にはほかにもまだ天満宮があります。

それぞれに由緒があり、それぞれに歴史があります。

そして、それぞれが生活の中にしっかりと溶け込んでいる。


それが京都なんですねぇ。。。。





にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-06 17:01 | 京都な日常 | Comments(0)


京都 北野天満宮


e0033713_8332187.jpg



全国に数ある天満宮の総本山、
・・・じゃなくて、総元締め?
じゃなくて、・・・なんて言うんだろ???

・・・とにかく、数ある天満宮のたいていはここから御霊分けされている、
そういう神社であります。



京都市内にも天満宮と名のつく神社がたくさんあり、
前々から少しずつ訪れていたのですが、
今回、ちょっと集中的にまわってみよう・・・
ということで、出かけてまいりました。









まずは当然、その北野天満宮から・・・



楼門


e0033713_846214.jpg





北野天満宮はご存知、菅原道真公をおまつりした神社。



道真公は無実の罪で大宰府に流され、その地で憤死しますが、
その後都では彼を罪に追いやった関係者たちが次々に亡くなるなど怪事件があいつぎ、
あげくにとうとう内裏の清涼殿に落雷。
多数の死者を出すという事件まで起こります。

これはもう、道真公の崇りにちがいない・・
と、恐れられていたある日、

平安京の片隅に住んでいた娘、多治比文子(たじひのあやこ)や
近江の国のとある神社の息子の元にお告げがあり、
この辺りに祀られたのがはじまりとされます。




現在の本殿は現在の本殿は1607年、豊臣秀頼公によって造営されたものです。




こちらは三光門。


e0033713_8434447.jpg



三光とは日、月、星を表しますが、
この門の上部に日と月の彫刻はあるけれど星は見当たりません。
星は内裏からこの門を見ると真上に輝く北極星なのだとか・・






天満宮といえば牛さん。


e0033713_9175754.jpg




菅原道真公は丑年だ・・とか、
亡くなったのが牛の日だ・・とか、
九州から彼の遺体を都へと運んでいる途中、牛が座りこんで動かなくなったとか、
(そこが太宰府天満宮のはじめ)
いろいろ言われております。


なでると頭がよくなるそうですよ。。。





いつも修学旅行生や観光客でいっぱいですが、
本殿裏に回ると意外に静かです。


e0033713_839346.jpg




・・・て、ここまでで気づいておられましたか、

写真がですわ。。。。



はい、きのうは息子を伴って、真面目に合格祈願をしてまいりましたので、
観光気分はなし。
パチパチ写真を撮って回るなどは遠慮いたしました。。。。





ま、それはさておき、

境内の奥には、最初に道真公をお祀りするようにお告げを受けたという多治比文子を祀る社もあります。


e0033713_9272887.jpg










文子さんといえば・・・

彼女は道真公から
「わが魂を右近の馬場(今の北野天満宮辺り)に奉れ」
と、お告げを受けたのですが、
そんなこと急に言われたって、貧しい娘にはどうしようもありません。

仕方なく、最初は自分の家に祠を建ててお祀りしておりました。





それがここ、下京区にある文子天満宮のはじめです。


e0033713_942312.jpg






なのでこの神社には、

天神信仰発祥の地の石碑や・・

e0033713_9441230.jpg



道真公が大宰府に流される際、途中で腰かけた石

e0033713_9452065.jpg


なんていうのもありました。











さて、菅原道真公ですが、

京都市内には、“ここが生誕の地だ!!”という場所が、なぜか3個所もあるのです。



まずは仏光寺通りにある 菅大臣神社


e0033713_9595840.jpg





ここは菅原道真公の邸宅である紅梅殿や白梅殿、
それに菅家廊下(かんけろうか)といわれた学問所の跡があった所です。





e0033713_10054100.jpg





道真公が大宰府に流された時に彼を慕って飛んでいったという『飛梅』がこちら。


e0033713_1045794.jpg



邸宅があったのだから、そこでお生まれになったのは当然・・・
ということだけでもないでしょうが、
きっちり生誕の地だということを主張されています。


e0033713_1081023.jpg






お屋敷は今のこの神社の敷地よりはるかに広大だったので、
紅梅殿の跡地は少し離れた場所にありました。


e0033713_1052189.jpg


よく見ると、鳥居の額に『紅梅殿』の文字がありますね。











二つ目は京都御苑、下立売御門の向かいにある 菅原院天満宮



平安時代の初期、
菅原道真の父是善、祖父清公、曽祖父古人の三代にわたり住んだ屋敷跡と伝えられ、
世に「菅原院」と呼ばれていました。




e0033713_10265192.jpg




ここは道真公が産湯を使ったという井戸があります。


e0033713_10202459.jpg



じっと見てたら、神社の方が出てこられて、
『井戸の周りの石は平安時代のものですよ。』
と、教えてくださいました。


ふむふむ、これが、平安時代の・・・


e0033713_10214250.jpg







さらに、この灯籠は道真公が愛されたものだという・・・


e0033713_10224869.jpg


どう見ても新し・・・・あわわわ・・・











三つ目はぐっと南に下がって、南区にある 吉祥院天満宮


e0033713_10391334.jpg




道真公の祖父清公卿は遣唐使の命を受けて唐へ渡航中に暴風にあいます。
けれども船上で吉祥天女の霊験を得て無事に唐にたどり着くことができました。
なので帰国後、自邸内にお堂を建て吉祥天女をまつったのがはじめ。





ここも生誕地だとこうやって主張されており、


e0033713_10404580.jpg




道真公のへその緒を埋めたという胞衣塚(えなづか)も・・。


e0033713_10524966.jpg




ほほう、ここにへその緒を・・・


e0033713_105326100.jpg





あと、道真公が姿を写したという鏡の井や、
幼いころ手習いに使ったという硯の水もありました。


e0033713_10561521.jpg




e0033713_10561682.jpg








硯の水については、この神社からさらに南に500メートルほど行ったところ、
街中の空地の隅に石碑があり、


e0033713_10583587.jpg

                 菅丞相硯之水(かんじょうしょうすずりのみず)碑



ここに湧き出す水を硯に入れたところ、道真少年の「書」が上達したと伝わっています。

今は水が枯れていますが、昔は書初めに用いる水を求めて訪れる人があったといいますから、
吉祥院天満宮の境内の硯の水は、ここからなんらかの形で移転させられたのでしょうかね。







吉祥院天満宮は平安時代、文章院(もんじょういん)・・今の大学のようなところ・・
があった所でもあり、その石碑もありました。


e0033713_1191047.jpg





今はこんなに新しい文章院。


e0033713_1193912.jpg



当時も学問を修める機能の他に関係者のための儀式や宴会も行われていたというから、
これでいいんですよね。









ところで、天満宮。
お告げによって文子さんが祀ったのが最初かと思っていたら、
ここも朱雀天皇の勅命により創建された最初の天満宮であるといわれています。




生誕の地もいっぱいあるし、ここが最初・・というところも複数ある。
どこがホントだ! と白黒、決着をつけたくなるところですが、


そんなこと、決めんかてよろしやないですか。。。
全部ほんまのことなんどす。




ていうのが、京都の奥深いところなんどすなあ。。。







後半につづく・・・・・・







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-05 11:33 | 京都な日常 | Comments(0)

6月の読書

  

    こめぐら(倉知淳)
    なぎなた(倉知淳)
    彼女はもういない(西澤保彦)
    やさしい死神(大倉崇裕)
    The Blood Scooper(森博嗣)
    真夜中の探偵(有栖川有栖)
    幻想即興曲(西澤保彦)
    歪小小説(東野圭吾)
    クロスファイヤー(柴田よしき)
    春から夏、やがて冬(歌野晶午)
    東尋坊マジック(二階堂黎人)
    祭ジャック・京都祇園祭(西村京太郎)
    刑事の子(宮部みゆき)
    ナニワ・モンスター(海堂尊)
    PK(伊坂幸太郎)
    百鬼夜行 陽(京極夏彦)
    Happy Box(伊坂幸太郎ほか)
    日曜日の沈黙(石崎幸二)
    夏天の虹(高田郁)





e0033713_7521599.jpg




こめぐら ・ なぎなた(倉知淳)
 

    短編集。クスクスあり、ぞぞ~っあり、
    あほかいな!というバカバカしさとうーむ、なるほどという真剣推理と両方味わえます。
    それにしても変な書名ですが、二冊とも合わせて読まれることをお勧めします。



彼女はもういない ・ 幻想即興曲(西澤保彦)

    事件を巡って登場人物たちがあーでもない、こーでもない・・と。
    いつもの西澤さんの進め方を堪能できます。
    幻想即興曲・・読んでいる間中、頭の中をショパンが流れるよう・・・・




真夜中の探偵(有栖川有栖)

    現在の日本のようでビミョーに違う世界の日本。
    先の大戦で京都に原爆が落とされ、北海道と他の地域の二つの国に分けられた日本・・
    闇の喇叭につづく作品ですが、まだまだ続くらしいのでこの先が楽しみです。
 



歪小小説(東野圭吾)

    わははは・・と笑いながら、ホントはそんなものかも??とか思ったり・・




春から夏、やがて冬(歌野晶午)

    スーパーで保安員をする男。万引きをした少女は亡くした娘と同い年で・・・。
    本を読んでスカッとしたい時には読まないよーに。。。。。



百鬼夜行 陽(京極夏彦)

    京極堂のシリーズのサイドストーリー。
    既に元の話を忘れてるので、これ誰だっけ??何の話だっけ???の、
    オンパレードになってしまいます。
    もう、誰か登場人物の一覧表か相関図をつくって!
    (・・と思ったら、ネットにやってる人がいっぱいいたよ。。。。) 
    




e0033713_8132463.jpg






6月はけっこう読みました。
推理小説だらけ。

読んでると、
一気に最後までたどり着きたいのに、はやく全部読み終えてしまうのがもったいない・・
なんて気持ちになる本がありませんか?

そんな時ワザと休憩を入れるためにおやつを食べたりするのですが、
あまりそれが頻繁だと、これから夏に向かって薄着になるのに困ったことに・・・




詳しい感想は  こちら



e0033713_8175482.jpg




写真はスカイツリーツアーの時に買ってきた 
パティスリー サダハル・アオキ の ケーク・オ・マントン


開けただけでぶわっ!(フワッ、じゃなくてぶわっっ!!)とお酒の香り。

スポンジなんか、もうぐっしょりって言ってもいいくらいお酒が浸みています。
でもそれが全然嫌みじゃなくて、さらっと食べられてしまうところがすごい。


お酒が全く飲めない私は一切れ食べただけで、とってもよく寝られました。
   

寝酒か!!




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-07-03 08:27 | 読書な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31