THE 世界遺産 WITH さくらッ!!




e0033713_1122431.jpg




今年も行ってしまいました。

京都東寺の不二桜は何度見ても立派。(去年のはこちら

     よーくよーく見たらば、下の方にはげ頭が写ってるのは、
      庭園内に入場しないで柵の外から撮ってるからです。
          入場料をケチるなよぉぉぉ。。。。





はい、美しい桜で初めて見ましたが、
今回は溜まったスイーツの整理です。


このあと胸やけ必至。
甘いものが苦手な方と健康上の理由等で甘いものを制限されている方の閲覧には、
十分なご注意が必要です。

当方では一切の責任は負いません。。。









まずはモンブラン、オンパレード。



e0033713_11124640.jpg




京都市は南区にある 手作り菓子工房 慈雨さん のモンブラン


ここは街の中の小さなケーキ屋さんって感じ。



e0033713_1113155.jpg




モンブランもいたって正統派。
きっちり丁寧に作りましたっ・・っていうモンブランです。

甘さもちょうど良く、中からでっかい栗が丸ごと出てくるところも好感度大でした。





                               手作り菓子工房 慈雨  モンブラン  390円












e0033713_11133956.jpg



続いて場所は飛びますが、こちらは岐阜県大垣市にある ロワ・エレーヌさんの モンブラン


こちらは比較的新しくできたケーキ屋さんです。




e0033713_1113489.jpg




土台のタルトの周り部分がとっても香ばしい。
それになんだかほんのちょっぴりしょっぱさがあるのが、とってもいいアクセントです。

上に乗ってる栗の作り方も楽しいですよね。




                        ロワ・エレーヌ  モンブラン 370円












つづいては株式会社ロピア プチモンブラン



e0033713_1115285.jpg




ロピア??なんじゃそれ???って感じですが、
コンビニやスーパーのスイーツをつくってるメーカーらしいですよ。

石の痛みに苦しんでいたころ、なぜかダンナが買ってきました。




e0033713_1115951.jpg




お味は可もなく不可もなく・・・
万人受けするっていう点では無難でいいんじゃないでしょうか。




                           株式会社ロピア プチモンブラン  137円 
                                  なにぃ??んなに安かったのかぁぁ。。。。。











・・・と、ここで小休止。





e0033713_1102331.jpg








e0033713_10595785.jpg

     どうしても下の方に人の頭が写ってしまうのは、庭園に入場しないで柵の外から・・・・(以下同文)













第2部はモンブラン以外の部。


東寺からほど近いところに新しいケーキ屋さんができたようなので行ってみましたが、
残念なことにモンブランが売り切れ。


がっかりしていたら、お店の方が

「こちらのも栗を使っていますよ。」
と、勧めてくださいました。



e0033713_1118225.jpg




ビゾン・フュテさんの、これはルーカっていうケーキ。
周りのひらひらは米粉のクレープだそうです。



e0033713_11181651.jpg




へぇ・・・、おいしいやん!

ふわふわ、キラキラしたケーキじゃなくて、がっつりどっしりしたケーキ。
濃厚っ!!て感じです。

上に乗ってる四角いヤツが意外にことに寒天(?)だったり、
モチモチのクレープが巻きつけてあったり、
クリームやチョコの向こうから洋酒が香ってきたり・・
と、なんとまあ複雑にできたケーキであることか!!


でも食べていて、なぜだか全然重くない。

まさに組み合わせの妙を追求したケーキなんじゃないでしょうか。






で、一個だけでは・・と迷ってる私に、
「これも栗が丸ごと入ってますよ。」と店員さんがおっしゃったのがこちら。
(なんにも言ってないのになぜだか栗好きをよまれてないかい???)


e0033713_1118265.jpg





これはノワゼット・マロン。



e0033713_11184291.jpg




下半分がチョコに覆われているところに感激。

生地はどっしりしっとり、こっくり。(コックリって何だぁ??)

ウェットな感じがあるのに口の中でほどける感じもある。
しっとりとざっくりとが絶妙な割合で一体になった感じ。

これもおいしいなあ。。。







・・・と以上二点が息子の卒業式の日。

東寺の桜を見に行った後日、近くだからと再度行ってみたらば、
またまたモンブランが売り切れ。



e0033713_11185819.jpg





e0033713_11191819.jpg





レモンケーキ(上)とアップルケーキ(下)です。


これもおいしいっ!!
特にレモンケーキ。

ぐっしょり濡れてる・・という状態の一歩手前でギリギリとどまった・・というほどのしっとりさがたまりません。
それにこのほどよいレモンの刺激!


このお店は、最近の一番のお気に入りとなりました。





                          ビゾン・フュテ  ルーカ   500円
                                    ノワゼットマロン  450円
                                    レモンケーキ、アップルケーキ  各280円








さて、こちらは先ほどの手作り菓子工房 慈雨さんのお菓子。


e0033713_11194694.jpg



お名前は、『くりぞう』さんです。

しっとりとした中からふわっと栗の香り。
なかなかやるじゃん!!っていうお菓子でした。



                      手作り菓子工房 慈雨  くりぞう  170円
                            





さていよいよ最後です。
これも先ほどの ロワ・エレーヌさん。

e0033713_1120076.jpg



プリンです。


とろっとろでミルキーでしかもたまごっ!!
これって今まで食べた中でかなり上位にくるプリンです。



                            ロワ・エレーヌ  プリン  ??円











ふー、やれやれ今日はこのくらいにしとこか・・・


スイーツの合間に挟みこんでは東寺の桜さんに失礼だったかしら。。。



e0033713_11202698.jpg





弘法大師さま・・・おゆるしを・・・・








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2013-03-31 12:32 | マロンな日常 | Comments(2)

    
 かにかくに 祇園はこひし 寝(ぬ)るときも

                枕のしたを 水のながるる
              
                                  吉井勇



e0033713_9483414.jpg







e0033713_1001559.jpg






京都市内でも比較的早いうちから咲きだす祇園白川辺りの桜は、
3月の終わりのこの日、だんだんと満開に近づいていました。



e0033713_9513828.jpg







e0033713_9514760.jpg





息子の卒業式を終えて、
そのあとの大学探検も終えた私は、祇園東の方に出てきてみました。


このあたりが一番花街っぽいっていうか、京都っぽいですよね。


そのせいか、しょっちゅうテレビドラマとかに出てくるけれど、
案の定この日も何かの撮影が・・



e0033713_9561832.jpg





花街祇園は、だいたい四条通を挟んで、
北側のここ、祇園東と南側の祇園甲部とのふたつに分かれております。


どちらもとっても風情がありますが、
祇園東のこのあたりは、川のそばというのがなんだか余計にいい感じ。


e0033713_103381.jpg






舞妓さんとかいないかなあ・・・
なんて思いますが、そう簡単にお目にかかれませんよね。

代わりにこちらのお花の方で・・・



e0033713_104796.jpg





e0033713_1051414.jpg









それから、こっちの方も・・・



e0033713_106148.jpg





切り通進々堂さんの『あかい~の』と『みどりぃ~の』。

舞妓ちゃんたちがそう呼ぶから、それがそのまま名前になったというゼリーです。



e0033713_107555.jpg




このきれいな見た目から、
今どきのぷるぷるでトロトロのゼリーを想像してスプーンを入れたら仰天します。

か、かたっ!!


その硬さは力を入れないとスプーンが刺さらないほどであります。
それに・・


すっぱ!!!


思わず口がすぼむ強烈なすっぱさ。


なるほどぉ・・・・・
これは昔ながらのゼリー・・というか、
流行を追わずにずっとこれでやってきた!という矜持を感じるゼリーです。

夏があつーい京都には、冷やしたこれがよく合うのかもしれません。



                                切り通進々堂 あかいーの みどりーの 各350円
                                    ちなみに『きいろいーの』もあります。。









さて、祇園東から四条通を渡った反対側に、
『幻のホットケーキ』を出すお店があるという・・・


休憩がてら行ってみると・・・・


カフェ ブルーファーツリーさん

e0033713_1030823.jpg




・・・・



やっぱり行列なのね。。。。。

仕方ない、待ちますか・・・


てなわけで、寒空の下待つこと約30分。



バーン!!!



e0033713_10314876.jpg





これが幻のホットケーキですよー。



メープルシロップも生クリームも山ほどかけちゃうもんねー。


e0033713_10324928.jpg




てっぺんの部分がカリカリしてて、
その歯触りと下の部分のふんわりさとの対比がとても楽しい。

分厚いけれど以外にあっさりと食べられるホットケーキでした。



                     ブルーファーツリー 幻のホットケーキ
                                  飲み物とセットで700円





・・・と、ホットケーキをぱくついているところへ息子からメール。
もし夕ご飯を一緒に食べられるなら連絡しなさい・・って言ったおいたのですわ。

どうせ夜は友達と遊ぶだろうと思ってほとんど期待してなかったんですがね。

「夜7時ごろになってもええか??」って。


(この時間からは2時間待ちなのに・・・)

もちろん、ええよ、ええよッ!!
ごちそうしちゃる!!!
   ←親バカ。。




というわけで、息子と二人、祇園の天ぷら屋さん 天周さん で、
夜は更けていったのでありました。。



付き出し

e0033713_10443097.jpg





天ぷらの数々(ホントは13種類ある)

e0033713_10444256.jpg






締めの天茶づけ

e0033713_10445313.jpg







ゆっくりと丁寧に揚げていただいて、
3種のお塩と天だしのどれと相性がいいかを勧めてくださる。

適度にかまって、適度にほおっておいて・・
という絶妙の接待具合で、ほんとにゆっくりすることができました。



天ぷらの他に中休みのお料理やサラダ、デザートまでのコース、
ものすごく贅沢な時間が過ごせた気がしました。






                                祇園天周  夜は5000円のコースのみ
                                   内容から考えると、とてもお得だと思う。








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-29 10:53 | 京都な日常 | Comments(0)

京大構内の建物探訪


京都大学といえば、時計台ばかりが有名ですが・・・


e0033713_1041544.jpg


    実はこれ、入学式のときの写真。
     卒業式の時もおんなじスーツ!!
     だから別のを家に取りに帰ってこいって言ったのにぃぃぃ。。。。










あたりを見まわしてみれば、さすがに歴史的建造物の宝庫であります。




旧石油化学教室本館(1898(明治31)年築・1922(大正11)年増築)

e0033713_10445639.jpg









保健診療所(1925(大正14)年築・1931(昭和6)年・1936(昭和11)年増築)

e0033713_10511520.jpg








工学部土木工学教室本館 (1917(大正6)年築)

e0033713_10482430.jpg





など、レンガ造りの建物も素敵だけれど、
こんな感じのも、またステキ。


埋蔵文化財研究センター資料館(尊攘堂) (1903(明治36)年築)

e0033713_10563324.jpg







京都大学・文学部陳列館 (1914(大正3)年築)

e0033713_1059029.jpg





建築様式だとか素材だとか、私には全然わかりませんが、
それぞれ裏とか側面とかに回ってみるとまた感じが違ってますし、
細部もなんだかいいんですよねぇ。




e0033713_1141828.jpg







e0033713_1143128.jpg









e0033713_1144552.jpg







e0033713_115043.jpg







それぞれの建物に学生たちが普通に出入りしているのがなんだかスゴイですよねぇ。

美しい建物が数々ある中で、
私のお気に入り、ベスト2は次のふたつですよ。







まず、第2位!!



農学部・旧演習林本部事務室(1931(昭和6)年築) 

e0033713_1195215.jpg







農学部の構内にあるこちらは、校舎というよりどこかの別荘のような感じ。



e0033713_111810100.jpg







e0033713_11144365.jpg






大学の構内にいるのを忘れそうです。



e0033713_11204960.jpg







構内じゃないみたいといえば、
ここは農学部ですから、温室や畑や農園も・・・


e0033713_11271398.jpg




もー・・、どんだけ広いんだかっ!!






・・・て、疲れてる場合じゃない。

いよいよ第一位の発表です。
  誰も待ってないと思うけど。。。。。





第一位っ!!





京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター(1930(昭和5)年築)

e0033713_1129239.jpg





ここは飛び地というか、農学部キャンパスを出てほんの少し東に行ったあたりの場所に
別に立っている建物です。


正確には構内とは言えないかもしれませんが、
でも、ねっ、いいでしょ、いいしでしょ!
この趣!!





e0033713_1136291.jpg






e0033713_11365967.jpg







e0033713_11371171.jpg






e0033713_1139353.jpg






ここには図書館もあるので、いつもは普通に出入りできるそうですが、
中をのぞいてみたらば、日通のおにいさんたちと段ボールの山!

お引っ越しかなあ・・。



今度機会があったら、中もゆっくり拝見したいです。










いかがでしたか???

キャンパスはあまりに広いので、
自分の学部以外の場所へはほとんど行くことがないという息子に、
「こーんなところがあるんだよぉ~~。」
と、ちょっと自慢ができたのでありました。








歩き疲れたので白川疎水沿いのカフェ しずくさん で休憩。



e0033713_11532566.jpg



疏水を眺めながら、まったりと落ちつけるカフェです。


こちらはお持ち帰りしたタルト。


e0033713_11542479.jpg





見ての通り、ナッツがこれでもかっ!とぎっしり!!







あと、おみやげの京大チョコレート。。。



e0033713_11552087.jpg




e0033713_11553521.jpg





京大ゴーフルとか京大八つ橋とかいろいろあるけど、
これがいちばんおススメです^^






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-28 11:58 | 京都な日常 | Comments(0)

いならぶ教授や理事たち・・・


e0033713_1455599.jpg


はるか後ろの家族席から見せていただく卒業式です。





単位を落とす危機を乗り越え、
院試を学内進学の温情に頼り、
卒論をやっとのことで間に合わせた彼も・・・

ようようこの日を迎えることができました。




e0033713_152315.jpg



蛍の光を聞いてたら、なんだかウルウルしてしまいましたよ。
   (・・・て、続いてあと2年あるんだけどね。。。。)







e0033713_153222.jpg




卒業式は大学とは別の場所にある会場で行われましたが、
その後、卒業証書・・ていうか、学位記をいただかないといけないので、
応援団の方々がエールを送ってくださっている大学校舎の方へ移動しました。






で・・無理やり一緒に記念撮影。。。



e0033713_1513087.jpg

          ざーとらしく大学名を消してもミエミエなので、もうやめました





このあと、一緒に学食へ行ってみましたよ。

観光客でいっぱいのカフェ“カンフォーラ”や時計台のフランス料理店“ラ・トゥール”じゃなくて、
普段学生が使う工学部地下の学食へ。



中央食堂 たまごトロトロてりたま丼と・・・

e0033713_152449100.jpg




一品料理のコーナーから、きんぴらごぼう


e0033713_1545425.jpg



甘辛の鶏肉、そしてタレに卵を絡めて食べると、
それはそれは、ウマかったですわ^^

きんぴらごぼうのピリ辛ぐあいも大変にいい具合でした。




ケーキなんかもあるんだよ。

e0033713_15463779.jpg


これはまあ・・・、普通かな。。。。







料金はいつも使ってるプリペイドカードで息子が支払ってくれました。


初めて息子におごってもらったかも。。。

     ・・・と、喜ぶ私は、夕ごはんでその10倍ほど御馳走する羽目になるのを、その時まだ知らない。。







晴天に恵まれた卒業式。

理系の彼はこれからは学部生の時のように遊んではいられなくなることでしょう。

しっかり励んでいただきたいものです。









おまけ・・・・・


真正面からじゃなくて、ちょっと横から見る時計台もまたいいですね。


e0033713_15531083.jpg






そういえば、ここの大学には時計台以上に歴史があって、
見た目にも趣がある建物がたくさんあるんです。

普段は桂のキャンパスに通うことになるので、
こちらの吉田キャンパスに来るのは今日でおしまいかもしれないと思って、
しっかり見て回ってきましたよ。


    つづく・・・・・








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-27 16:04 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(3)


右を見ても・・・

e0033713_15494627.jpg






左を見ても・・・


e0033713_15513869.jpg










e0033713_15572574.jpg











e0033713_1694370.jpg








ウメっ!!!


e0033713_1549222.jpg










ここは、三重県いなべ市の梅林公園。


広さはなんと、38ヘクタール!

色とりどりの梅の木は約4500本もあるそうです。






満開のこの日はお天気にも恵まれて、遠くの山までくっきり!!


e0033713_1604829.jpg








まだ雪が残る山々は鈴鹿山脈です。


e0033713_1611356.jpg










尿路結石と診断されてから二週間。

石が出たのか出ないのか、自分でもわからないままではありますが、
もう痛みは全然なくなりました。

今度の週末に再びレントゲンで石の行方を確認する予定になっていて、
その日が早く来てほしいような、来てほしくないような・・・





でもお花の季節までに動けるようになってよかったです。


e0033713_15543273.jpg










もう、こんなにたくさんの梅を見ると言葉が出てきません。

あとはお写真だけをどうぞ・・・




e0033713_167589.jpg







e0033713_168255.jpg







e0033713_1691710.jpg







e0033713_16141399.jpg










しっかし、広いひろい・・・

夢中で歩き回りすぎて、次の日からまた痛くて動けなくなりましたとさ。




e0033713_16192537.jpg







e0033713_16164182.jpg













今度は筋肉痛。。。。




e0033713_16122141.jpg






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-24 16:22 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

梅の香りに誘われて・・

e0033713_9162213.jpg




e0033713_9182542.jpg




あたたかくなってきましたねー。

フリースのハイネックの上にフリースのパーカーを重ねて出かけた私は汗だくでした。。
  ↑ バカ







e0033713_9165077.jpg




こないだの『寿長生の里』とよく似た光景ですが、
ここは岐阜県海津市にある『南濃梅林』。

約1万坪 の敷地に梅の木が500本以上あるそうです。



中日本氷糖(株)さんの私有地なのですが、
一般人も散歩できる。

しかも無料!!

いや、太っ腹な会社です。
    ・・・・て、去年も書いたような・・・・(こちら





e0033713_924415.jpg







e0033713_9244715.jpg







前日にものすごい風が吹き荒れたせいか、
既に散ってしまっている木が多いのが残念でした。


でもぽかぽかと暖かい中ゆっくり歩いていると、
本当に気持ちがいい。

今、私の身体のどこかにある石のことなんて忘れてしまいそうです。
(・・とか言うってことは、少しは気にしているらしい。。。。)






e0033713_9254916.jpg



青い空に白い梅の花っていいですねー。



あまりこの場所のことを知る人がいないせいか、平日の昼間は訪れる人もほとんどなく、
たまーに出会う人が「こんにちは」と声をかけてくださるのも
なんだか嬉しいです。



足元には小さな春の花たちが・・・



e0033713_9314785.jpg






じきに桜の季節を迎えますね。

それまでに余計な物は身体から出して、
すっきりとして出かけたいものです。。。




あ、でももう痛くないからどんどん出かけちゃうもんねー・・・

こちらは同じ日に続いて出かけた安八百梅園の梅。



e0033713_9372788.jpg





こちらもいささか訪れる時期が遅かったようです。。。








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-20 09:41 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

 
白梅。


  
e0033713_1824093.jpg






白梅。



e0033713_185248.jpg







白梅。



e0033713_1825615.jpg






ここは、滋賀県は大津市。

びわ湖から唯一流れ出る川、瀬田川を下って行った山の中にある
叶匠寿庵 寿長生の里(すないのさと)にある梅林です。


ここでは、今日の陽気に誘われて
約千本の梅が見ごろをむかえようとしていましたよ。


e0033713_18193164.jpg






叶匠寿庵といえば、滋賀県に本店を持つ有名な和菓子屋さん。

県内だけにとどまらず、全国各地のデパートにもお店を出しておられますが、
ここ寿長生の里は広大な山一帯にお食事どころをはじめ、
カフェやホール、茶室などが点在する一大自然ゾーンなのであります。






遠くに見えるのが、和菓子売り場とホールなど


e0033713_1832345.jpg






どこにいたって痛いときは痛いじゃないですか。

家の中に閉じこもってると、よけいにくらーくなりそうです。


・・なものですから、お天気もいいことですし、思い切って出かけてしまいましたわ。
(自分が運転する車ですからね、どこででも休めばいいのです。)








梅の木は枝の形が面白いですよね。


e0033713_183202.jpg






外はあたたかくて気持ちいい。

梅見は桜のお花見と違って、
なぜだかみんな、少し静かになるようで、
自分のペースでゆったりと好きに歩けるのがなによりです。




e0033713_18363576.jpg






なにせ広い広い。

梅林のほかにボタン園やゆず園もあるのですが、
それらは“ある”・・というより、まさに“点在している”って感じ。


適度な起伏もあって、
歩きまわるだけでもいい運動になりますよ。



e0033713_18412883.jpg







やぎさんもいたなあ・・・・。


e0033713_18414697.jpg







ここのご飯は完全予約制。

懐石料理が2種類、
時間も11時からと13時からの2回しかございません。


でも、今のこの梅の時期だけ観梅席で梅見弁当が食べられる・・・


と、それを目当てに行ったのですが、
数量限定のため販売と同時に完売だそうで、ありつけませんでした。。。

   観梅だけに完売・・・・・・









なので、カフェでお食事。

e0033713_18474767.jpg






ご飯のメニューは近江牛のカレーと近江牛のお弁当だけ。

他はおしることか甘いもの系です。
和菓子屋さんのカフェだものね。



e0033713_18491724.jpg






お肉が柔らかくておいしかったですよ。
辛さはほとんどありません。

辛さより、マイルドさ重視の感じ。



カフェの名前が川床カフェっていうくらいだから、
屋根はあるもののほぼテラス席です。


でも、今日はあったかかったので気持ちがよかったです。







e0033713_18533184.jpg




しかし、昨日まで豆腐とか、くたくたのおうどんとか、離乳食のようなご飯だったのに
いきなり牛肉カレーは無謀だったか、
食べ終わったとたん、

ぃててててて・・・・・

と、ちょっと焦りましたが、
それでも、もう痛さは周囲の人に悟られないで済ませられる程度。





やっぱり出かけてよかった。


そう思いました。









e0033713_18573496.jpg






ここはほとんどが白梅。

紅梅は駐車場の辺りに少しあるだけです。



e0033713_1944271.jpg







e0033713_18574119.jpg











にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-16 19:06 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

あれから・・・・

石持(いちもち)さん・・・・


いや、知り合いのお名前じゃあございません。



e0033713_1625761.jpg




まだ出ないんですよねぇ・・・


結石は痛い。
痛いですが、
その痛みは石が尿路を動いていくからだと思っている人が多いんじゃないですか???


そうじゃなくて、石があるせいで尿がせき止められ、
その結果、腎臓に高い圧力がかかるから腎臓が痛むのだそうですよ。





e0033713_16431823.jpg







でも、腎臓ってヤツは痛みに慣れます!!

だから、二三日で痛みは大分マシになっていきますよ。





救急外来へ駆け込んだ翌日、
私を正式に診察してくれた泌尿器科のお医者さんがそう言っていました。



ホンマやろな!
嘘ついたら、タダじゃおかへんっ!!
( ↑ あまりの激痛に殺気立ってる。。。。)





e0033713_1641760.jpg






でも、さすが医師。

おっしゃるとおり、石はまだ出ないけれど痛さはほとんどマシになりました。


一日のうちに何度か痛いときはありますが、
痛さの継続時間はだいぶ短くなって、痛み止めの頓服を使うことはなくなりました。


痛さが治まっている時間に家のことを普通にやっています。




ホントは出てくれるとすっきりするのだけれど、
まあ、だましだましできれば、それでいいかなと・・・。






e0033713_1651310.jpg
しかし、飲み物がだんだんとお徳用化というか、お買い得品化というか、
低価格化してるような気が・・・・








でも、診察の時にお医者さんが言ってたんだよねぇ・・。





あなた、腎臓にまだたくさん石がありますよ。



ほんま、ぎょうさんやわ、
十何個あるで!!
って。








・・・・・








( ̄□ ̄;)!!




石持さんの苦難は続く。。。。。





にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-14 17:00 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(2)

    
それは木曜の夜のこと。

突然、左の腰というか、背中の左下に、

ビシィィッッ!!

という感じで激痛が!




あ、しまった、とうとうやってしまったか!!

と、私の頭によぎったのは魔女の一撃とも呼ばれるぎっくり腰のこと。



e0033713_17283870.jpg




でもそれにしてはなんだか、おなかも痛い。

ていうか、

痛いッ! 


痛いぞッ!!!



イッタッイッッッッ!!





横になってみても、座ってみても、立ちあがってみても、


痛い痛い痛い痛い痛い痛い!! 状態。



あまりの痛さのためなのか吐き気も襲ってきて、
でも吐こうとしても何にも出てこない。



もはや、腰が痛いんだか、背中が痛いんだか、おなかが痛いんだか、胸が痛いんだか、
なにがなんだかわからない。



e0033713_17355978.jpg




これは朝まで待ったところで、どう考えても自分で車を運転して病院へ行くことなど不可能やわ・・

と、ダンナを起こすことを決意したのがだいたい夜中の一時半。


息も絶え絶えに、

お、おとうさん・・・、おなかが・・・い・・た・・・・い・・・


という私にヤツはすぐに起きてはくれたものの、

どうしたんや、えっ?
だから、どうしてほしいんや???

と、さんざん尋ねる始末。


わたしが、
び・・・、びょういん・・

と、言うのを聞いても自分の着替えをするわ、保険証の準備はするわ、トイレに行くわ、
のゆっくりぶり(怒)

ずっと前、腸閉そくもどきで腹痛になったときには、根性で自力で病院に行ったけれど、
今度ばっかりはホントは救急車を呼んでほしいのに、
ヤツはその気が全くない。


二階から抱えるようにして下ろされて、ようやっと救急外来へたどり着くこととなったのでありました。



e0033713_17442213.jpg




看護婦さんに同情され、
尿をとったコップを渡して、「こ、これは・・」と納得され、
やっとの思いで医師の前へ行って、

い、い・・・い、痛いです・・・・


と告げているのに、

ああ、それはいたいでしょうねぇ。
といとも平板に言った後、

こんばんは、私は内科の○○といいます。。

と、のどかに自己紹介を始める医師。



なにも今、自己紹介なんかしなくてもッ!!(怒×2)





e0033713_18184486.jpg




とまれ、お医者さんにはすでに病名の検討がついていたのでしょうね。


尿路結石です。これから検査をしてはっきりさせますが・・と、のたまった。




検査なんていいから、とにかく痛み止めをはやくしてくれぇッッッ(怒×3)!!!






e0033713_18282820.jpg




あれから、三日、
痛み止めで痛さをごまかしつつ、石が排出されるのを待つ日々です。


まだ出ない。。。。。。



痛さはあの夜ほど激烈なものではなくなってはいます。
でも、不定期的に痛いときと平気なときが交互にやってきております。

平気なときは車の運転とかもできて、ちょっとした買い物にも行けるんだけれどね、
痛いときはめっちゃくら~いです。


できることは水分をたくさんとることしかないそうで、
写真はあれからワタシが飲んだ飲み物の数々です。


ダンナいわく、
そんな小さい500ペットじゃなくて、でっかい2リットルペットにすれば???



て・・・



おんなじ味のばっかり、そんなに飲めるかあぁぁぁッッッ!!!(怒×4)









それにしても、夜のあの激痛の直前に読んでたのは、
宮部みゆきさんの ソロモンの偽証 第2部と3部。

1ページ読んでは痛さでうずくまり、
2ページ読んでは腰を押さえて寝転がり・・・

すごい痛さの中なのに、なんとかかんとかでも読もうとさせる・・・



宮部みゆきさん、おそるべし!!   
です。。









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-10 18:45 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(2)

2月の読書



e0033713_15124348.jpg





  やせる旅(都築響一)
  仰臥漫録(正岡子規)
  名探偵はどこにいる(霧舎巧)
  京都木津川殺人事件(小谷恭介)
  プリティが多すぎる(大崎梢)
  カレイドスコープ島(霧舎巧)
  虚像の道化師(東野圭吾)
  ノエル(道尾秀介)
  新・新本格もどき(霧舎巧)
  ドッペルゲンガー宮(霧舎巧)
  残り全部バケーション(伊坂幸太郎)
  途中の一歩(雫井脩介)
  笑うハーレキン(道尾秀介)






e0033713_15254443.jpg





2月は13冊ですか。
寒くて閉じこもっていたから、もう少し読んだかと思ったのですが・・。








e0033713_15132742.jpg




虚像の道化師(東野圭吾)

いっとき 福山雅治と柴崎コウのドラマに本の方の内容が引きずられているような気がしたものですが、
 また元のガリレオに戻ってきたようです。

 雰囲気とか思いこみとかに呑みこまれないで、科学的に判断したいよねぇ。





ドッペルゲンガー宮(霧舎巧)

 館もので孤島もので密室もので・・・。
 この盛りだくさんな感じに驚喜しないミステリファンがあろうか。。。





残り全部バケーション(伊坂幸太郎)

  まさに伊坂節。
  ここがこう関連して、この人は実はこう関係していて・・
  と、伏線が次々につながっていくのは、まさに快感です。



   詳しい感想は  こちら 




e0033713_1530424.jpg





寒いと読書がはかどりますが、
面白い本を読むとなぜだかおやつも食べたくなるワタシ。


写真はローソンから新発売。

あんこや十勝あずきのミルク包み

おなじみウチカフェシリーズのアイスが食べたいという要望に応えた・・
と、おっしゃっています。





e0033713_1535585.jpg




「プレミアムロールケーキ」の純生クリームと、
「ウチカフェあんこやシリーズ」の北海道十勝産小豆だそうですよ。



見た目より甘さは控えめです。











          付け足し・・・
             風景の写真は春の余呉湖。
 
             春の湖はのどかな感じですね。









ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-05 15:40 | 読書な日常 | Comments(0)