京都市東山区 泉涌寺(せんにゅうじ)




仏殿。

e0033713_8443628.jpg




江戸時代の全ての天皇、皇妃の御陵がここに造営され、
明治維新後、歴代天皇、皇妃の菩提寺となったため、
皇室では「御寺(みてら)」と呼ばれる・・・つまり、

皇室内でお寺と言ったらここのことでしょ!!

・・ていうような由緒正しきお寺であります。








うーん・・・
いわれてみると、参道もどことなく神々しい。。。(かな??)



e0033713_8391510.jpg







こちらは舎利殿。


e0033713_846338.jpg






ゴミ一つ落ちていない境内に、
御本尊がおられる仏殿と並ぶ姿は圧巻だけど、どこか清々しい。



e0033713_848491.jpg





御本尊は運慶作と伝える阿弥陀・釈迦・弥勒の三尊仏。
それぞれ過去・現在・未来、三つの世界の平安と幸福を祈っておられるといわれていますよ。








明治大正昭和天皇や皇后のお位牌がある霊明殿には、
わたしたちは入れない。


e0033713_8553586.jpg






門も菊の御紋だなあ。。。。


e0033713_8555516.jpg









こちらは御座所へ入る勅使門。
ここもわたしたちは通れません。。。



e0033713_8565194.jpg






でも別の門から入れて、中やお庭は見学させてもらえます。





後ろ側から見た勅使門。


e0033713_859896.jpg





御座所のお庭



e0033713_901841.jpg






e0033713_905034.jpg







e0033713_9038100.jpg







e0033713_91756.jpg







e0033713_951329.jpg









泉涌寺には観音像をまつるお堂が別にあって、
ここの観音様は玄宗皇帝が亡き楊貴妃の冥福を祈って造ったといわれています。




楊貴妃観音堂。


e0033713_97393.jpg





いや、さすがに仏様のお写真を撮るのは遠慮いたしましたが、
ホントに美人の観音様でありました。

見たい方は泉涌寺のHPをどうぞ。・・・こちら








こちらは水屋形(すいやかた)
寺名の起源となった名泉が今も尽きることなく涌き出ているそうですよ。


e0033713_911992.jpg







水屋形の隣には、近くに隠棲していたといわれる清少納言の歌碑も・・



e0033713_9184855.jpg





夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも
世に逢坂の 関はゆるさじ

     中国の故事には鶏の鳴き声で函谷関(かんこくかん)の門が開いたというのがありますが、
     あなたが夜明けを告げる鶏の鳴き声をまねてみても
     あなたとわたしの間にある逢坂の関は開きませんよ。




御寺に恋のかけひきの歌・・・
似合うのやら似合わないのやら・・・









さて・・・


e0033713_9285124.jpg


霊明殿の東にある陵墓は月輪陵(つきのわみさぎ)と呼ばれ、
ここは四条天皇をはじめ後水尾天皇から仁孝天皇までのお墓なのですが・・



e0033713_9292051.jpg






こないだの台風では嵐山をはじめ、京都も大変だったようですが、
ここにも被害がありましたか。。。。。








しかし観光客の姿もほとんどなく、
こうして木々に囲まれたお寺の境内を歩いていると、
ここが市内であることを忘れていしまいそうです。





e0033713_9384320.jpg




静かな静かな泉涌寺の周り・・・
泉山(せんざん)には、他にも山内寺院がたくさんあるのですが、
それらはまた今度。。。。









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-09-29 09:44 | 京都な日常 | Comments(0)


こないだ京都御苑辺りに行ったときに、
わざわざ地下鉄で足を延ばして大丸物産展にこれを買いに・・・。


e0033713_818189.jpg




シェ・リュイさん 和栗のモンブラン。

代官山のお店だって。



e0033713_8222718.jpg




いやあ、やっぱり季節のものですよねぇ。
秋に食べるモンブランは格別ですわ。
久しぶりに栗が濃いモンブランを食べた気がします。

中の生クリームも甘みがぐっと抑えられていて、
まさに栗を食べてる!!っていうモンブランでした。



                              シェ・ルュイ  和栗のモンブラン 441円











こちらは御苑のすぐ近くのケーキ屋さん。


e0033713_8253599.jpg





欧風堂さん の モンブラン。

こちらはうって変わって、“町のケーキ屋さん”です。




e0033713_8262847.jpg




さっきのシェ・リュイさんのモンブランと立て続けに食べたので、
『甘っ!!』て、思いましたが、
これはこれで気取らなくていいんじゃないでしょうか。

土台のカステラ部分もなんだか懐かしいお味です。

地元に愛されるお店の庶民派モンブランも捨てたもんじゃありません。





                             欧風堂 モンブラン 368円











ついでに栗のお菓子も書いときましょう。




ブルボン ブランチュールミニDX 濃厚マロンチョコレート



e0033713_832941.jpg




e0033713_8322662.jpg








明治 ガルボミニ まろやかマロン



e0033713_83316.jpg





e0033713_833778.jpg






どっちも箱を開けると栗の香りがぶわっと香ってきます。

普段小箱のチョコレートをあまり食べないので、
栗のシリーズが出て初めてそのお菓子を食べる・・なんていうことも多いのですが、
ガルボっておいしいんですね。
(↑ 栗とは関係のない感想。。。)





              ブルボン   ブランチュールミニDX 濃厚マロンチョコレート  130円
              明治 ガルボミニ まろやかマロン 178円









にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2013-09-18 08:44 | マロンな日常 | Comments(0)

  

京都御苑の近くでかわいい和菓子を見つけました。


e0033713_13532849.jpg




亀屋友永さん の 小丸松露。


普通の白い松露に加えて、桜と栗の形がめっちゃかわいい!!



栗のヤツ、あーっぷ!!!




e0033713_13564045.jpg





中は黄色い栗のあんこだよ。


e0033713_1357653.jpg




かわいい形を見ていると頬がゆるんできます。
こんなに小さいのにとっても丁寧な作り。


和菓子ってホントにいいですよねぇ。


甘くてほろほろ。
渋いお茶と一緒にいただきたい。



                              亀屋友永 小丸松露 16個入り 945円












亀屋友永さんから丸太町通りをもうちょっとだけ西に行って、
お昼はカレー。



e0033713_1424815.jpg




近江屋清右衛門さん で 自家製欧風とろとろ牛バラカレー (クリームコロッケをトッピング)




さっきのお写真にこのアッツアツのカレーをかける。


e0033713_1452178.jpg




カレーがプクプクいってるのがわかりますかあ。

もう、どばーっとかけちゃいましょう。



e0033713_1463530.jpg




ンまいっ!!


近江屋清右衛門さんは、
京漬物の総本家、『近清』さんがプロデュースするカレーのお店です。


シャバシャバしたインドカレーじゃなくて、
昔からなじみのある欧風っていうか、日本風のあのカレー。

辛いんだけど、辛すぎない。
辛さもうまみも両方感じられる絶妙の辛さ。



牛スネ肉もトロトロでやわらかーい。
お箸でほぐせちゃいます。

そのくせ噛みごたえもちゃんとあって、
噛んでるとお肉のおいしさがどんどんでてきます。

いつまでも噛んでいたくなっさてしまうのは、
固くて飲みこめないんじゃなくて、
いつまで噛んでてもおいしいから飲みこんでしまいたくないの。


熱々のものフェチ、辛すぎるもの苦手・・
そんな私のために誂えたようなお店なのでありました。



               近江屋清右衛門  自家製欧風とろとろ牛バラカレー 1000円
                               クリームコロッケのトッピングは150円












さて、デザートを食べに烏丸通りを上がりましょう。
  (あ、京都で上がると言ったら、北に行くということね。)




御苑を右に見ながら今出川通りまで行って、
同志社大学を超えたらそこはフルーツパラダイス!!



・・て、それは大げさですが、
四条大宮にあるあの果物屋さん、 ヤオイソさん が、
ちょっと前からここ、烏丸今出川にもお店を出されています。

お店の横はフルーツパーラー。



e0033713_14212916.jpg




季節のフルーツパフェ。



e0033713_14262479.jpg




ホントはこの梨の部分がスイカだったんだけれど、
スイカが苦手だと言ったら代えてくれた^^


果物は文句なしのみずみずしさ!
ごくごく飲みたいくらいだわ。


中のバニラアイスもミルキーで、
甘さが勝ちすぎず、逆にフルーツの甘さをより引き立ててくれます。


ああ、やっぱりフルーツパフェは果物屋さんのに限るよなあ。



                         ヤオイソ 季節のフルーツパフェ 945円













さて、今度は今出川通りを横に(西に)歩いて行きましょう。
次の大きな通り、堀川通りを通り過ぎてしばし・・・



e0033713_1434404.jpg





ル・プチメックさん のパン。


こないだ行ったのは御池店でしたが(こちら)、
この今出川店は週末の金、土、日だけの営業です。



e0033713_14363861.jpg




e0033713_1436565.jpg








e0033713_14372050.jpg








上から、

  ラムレーズン入りミルクフランス  210円
  柚と栗のパン 283円
  ラスク(プレーン) 189円





ふわふわ系じゃなくて、噛み応えがあるどっしり系のパン。

むっちりとしたパンに対して、
決してでしゃばらないでほのかに味を付け加える具の取り合わせがまた見事なこと!

柚と栗が会うとは知らなかった。。


ラスクも固ーいんだけど、それがまたおいしいんですよね。










碁盤目の町、京都。
小さい通りはたくさんありますが、
だいたい2Kmくらいごとに4~8車線の大きな通りが通っています。


最近はそのひと区画を歩くだけでもうくったくた。



困ったもんですわ。。。。。











にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2013-09-15 14:52 | マロンな日常 | Comments(0)


京都御苑の中、南西あたりにある拾翠亭(しゅうすいてい)。    


e0033713_10281316.jpg





五摂家のひとつであった九條家の現存する唯一の建物で、
江戸後期に建てられたものと伝えられています。

建物は全体が数寄屋風書院造りで、
当時は主に茶会のための離れとして使用され、
内部には今も十畳と三畳のふたつの茶室が残されています。


        水色部分 京都御苑のHPより抜粋。



春と秋の京都御所一般公開の時のほかは、冬以外の金、土、日曜だけ一般公開されています。







門からいれていただくと・・・


e0033713_10283016.jpg








お部屋はこんな感じ。


e0033713_10294775.jpg











お庭が美しい。



e0033713_1029512.jpg





e0033713_10333651.jpg








池は勾玉形をしていて、名前は九条池。

こころなしか池の鳥さんたちも優雅です。(←ウソ!)


e0033713_10335170.jpg






お部屋の中から眺める庭も美しいけれど・・・


e0033713_1045370.jpg




うわっ!観光客のおっちゃんの足が写ってしまってだいなしに。。。。。。











気を取り直して・・・



e0033713_10461693.jpg






e0033713_1047296.jpg






e0033713_1047132.jpg









お二階にも上がれます。



ちょっと上から眺めるとまた違った感じ。


e0033713_10474395.jpg






e0033713_10501654.jpg






e0033713_10503927.jpg






静かです。

9月になったというのに連日30度越えの京都。
御苑を歩くだけで汗だくです。

でも縁に座って庭を眺めていると、
時折かすかな風が感じられてとても気持ちがいい。

エアコンに頼ってばっかりいないで、
心を落ち着けて自然の中から涼を感じるのも大事ですよね。









外観はこんな感じ。


e0033713_1121756.jpg







御苑を訪れる観光客は多いけれど、拾翠亭の見学までする人は少ないから、
空間をほぼひとり占めすることができます。



見学料は100円だけだし、
御苑のベンチで休憩するよりここでゆっくりした方が
ずっと贅沢な時間が過ごせるんじゃないかなあ。











しかし、古い建物の階段はどこも急ですよねぇ。




e0033713_10513475.jpg





心静かに・・とかいいながら、
転げ落ちてたらシャレになんない。。。。。







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-09-14 11:13 | 京都な日常 | Comments(0)


ミスド 秋の限定ドーナツ



秋マロンドーナツ5種類!!


e0033713_1455938.jpg



ちょっとボケた写真でしたね。






では、1個ずつ中身とともに見てみましょう。





焼き栗ドーナツ チョコ


e0033713_1481735.jpg







焼き栗ドーナツ マロンチョコ


e0033713_148434.jpg






ポン・デ・マロンクリーム
これは中がないからこれだけ。


e0033713_1491555.jpg







ポン・デ・焼き栗ホイップ


e0033713_14101847.jpg







ポン・デ・濃厚マロンクランチ


e0033713_14105335.jpg







何もこんなにいっぺんに栗を発売しなくても・・・
と、思うほど一気にミスドから大発売です。


折りしも昨日の日曜日はポンデシリーズ全品100円均一の日。
店の外まで続く行列をものともせず、
大喜びで全種類買ってしまいました。




それで、5個いっき食べ!!


あんまりいっぺんに食べたので、味の違いが良くわかりません。。。。

・・・ていうか栗クリームは多分どれも同じ味です。。



焼き栗ドーナツのチョコとポン・デ・濃厚マロンクランチが他のより濃厚に思えました。
チョコとかクランチと一緒に食べるせいかなあ。







                   
                     焼き栗ドーナツ チョコ   147円   274kcal
                     焼き栗ドーナツ マロンクリーム  147円   276kcal
                     ポン・デ・マロンクリーム  136円  265kcal
                     ポン・デ・焼き栗ホイップ  147円  286kcal
                     ポン・デ・濃厚マロンクランチ  147円  316kcal






わざわざカロリーを書いてみましたが、
5個一気に食べた場合の総カロリーは・・・






1417KCal!!!(@。@;)











にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2013-09-09 14:30 | マロンな日常 | Comments(2)

ロッテ トッポ  ごま香る栗のケーキ


e0033713_11485850.jpg




・・・栗のお菓子はもう買わないとかいいながら、
まんまとロッテの戦略にひっかかるワタシ。。。



中身はこんなの。

e0033713_1150666.jpg



蛍光灯の光でなんだかおいしそうじゃないように見えて申し訳ないことです。


ホントは、わずかに苦みがあるほどに濃いゴマの香りと栗のお味。
一口食べて、“うーん、大人の味!!”と、思いました。

ゴマと栗クリームを合わせるとは斬新ですよねぇ。
甘くなくて、なんとも渋い、これぞ大人のトッポです。

箱の絵にあるモンブランも食べたい!!










ところでこのトッポの中袋の一つにこんな絵が書いてありました。


e0033713_128232.jpg





どうしてこんなところにコアラのマーチが??

と思ってちょっと検索してみると、
このコアラちゃん、大当たりコアラ!!っていうらしいですよ。

本家コアラのマーチのお菓子の中だけじゃなくて、
トッポやパイのみの中袋にもいるみたい。


大当たりって言っても・・・・








なんにももらえないけどね。。。








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2013-09-08 12:15 | マロンな日常 | Comments(0)

台風が秋雨前線を刺激するとか何とかで、変なお天気ですねぇ。

びわ湖のやや北、米原市には天の川という、なんともロマンチックな川が流れておりまして、    
きのうは流域の一部に避難準備情報などというものが出されていたようです。


幸いその日のうちに解除されましたが、
ずいぶん昔にはこの川、あちこちで氾濫してたようですよ。

両岸には織姫さま、彦星さまがまつられた神社がそれぞれあるというのに、
ふたりが会えないから暴れてるのか???





ま、それはさておき、
そろそろ秋の気配がただよってきて、いよいよ季節を迎えてきますなあ。

何がって、これが!!





e0033713_1610636.jpg




こないだ京都の六地蔵さんをひーひー言いながらめぐったときに食べたヤツですよ。

京都府宇治市 長谷川珈琲店 のモンブラン。




e0033713_16143977.jpg



お味はいたって普通な感じ。

とろとろの栗クリームは甘さが抑えられているので
とても食べやすかったです。

茶どころ宇治のお店だけあって抹茶スイーツもいっぱいあって
そっちも気になるんだなあ。。。



                      






ところでコンビニやスーパーにも秋限定のお菓子が並び始めましたね。


こんなのを見つけましたよ。




e0033713_16245682.jpg




三幸製菓 雪の宿 栗&ミルククリーム味


袋に秋に食べてみたい味第一位ってあるけど、誰が決めたんだぁ???

でもモンブランの絵にころっとひっかかってお買い上げ。。。





e0033713_16251182.jpg




袋を開けた時から、ぶわっと栗の香りがします。

でもほんのりとした甘さはいつものヤツと同じ。
ほのかな香りと甘さなので、とってもあっさりとしています。

わずかにしょっぱさも感じられて、それがまたあとをひくんだよなあ。。。。



                            三幸製菓 雪の宿 栗&ミルククリーム味 
                                       たぶん128円くらい







ちょっと前は、栗のお菓子を見つけるとひたすら買いあさったものですが、
このごろは自制心が勝つことの方が多いですねぇ。。。


だって、即座に体重に反応して、
そのあと元に戻すのにヒジョーに努力を要するようになってしまいましたからねー。


モンブランを優先させるためには、普段のお菓子はなるべく我慢しないと。。。。。

   







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-09-04 16:39 | マロンな日常 | Comments(0)

8月の読書

  
e0033713_1037360.jpg




   夢幻花(東野圭吾)                   
   都市伝説(関暁夫)
   完全なる首長竜の日(乾緑郎)            
   ぬいぐるみ警部の帰還(西澤保彦)
   珈琲店タレーランの事件簿(岡崎琢磨)       
   珈琲店タレーランの事件簿2(岡崎琢磨)
   軍神の血脈(高田崇史)                
   金閣寺の惨劇(吉村達也)
   銀閣寺の惨劇(吉村達也)               
   江神二郎の洞察(有栖川有栖)
   黒猫の遊歩あるいは美学講義(森晶麿)      
   京都利休伝説殺人事件(柏木圭一郎)
   眼球堂の殺人(周木律)                
   神様が殺してくれる(森博嗣)
   ヒートアップ(中山七里)



e0033713_10371933.jpg




夢幻花(東野圭吾)

  8月のはじめに読んだのにもう内容を忘れかけていて・・
  あ、そうそう、黄色い朝顔が関係してくるんだよなあ。
  そういえば黄色の朝顔って見たことないよな、
  なんでも江戸時代にはあったらしいんだよ・・(・・て、世間話か!!)



珈琲店タレーランの事件簿・珈琲店タレーランの事件簿2(岡崎琢磨)       

  京都の街の片隅の珈琲店に安楽椅子探偵がいる・・・
  でもほのぼの日常の謎系かと思ったら、意外にサスペンスなところも。
  『二条通り、富小路通りをあがったあたり』に行ってみたくなりますね。




軍神の血脈(高田崇史)


  楠木正成について新説を発見したという祖父は何者かに毒薬を注射され危篤状態に・・
  
  鎌倉時代から足利時代への変わり目、
  不利と知りながらも最後まで後醍醐天皇のために働いた忠臣とされる楠木正成の真実とは・・・
  歴史は常に勝者の視点で伝わる・・・





眼球堂の殺人(周木律)


  天才建築家の“館”で殺人事件ですよ!建物の見取り図付きのミステリ!!
  見逃せるわけないじゃないですか!
  でも変な建物すぎて、どんな形なのか想像できない。。。。。


e0033713_10572397.jpg





神様が殺してくれる(森博嗣)


  久々の長編ミステリ。
  次々に起こる殺人事件の現場に同一人物がいた。
  彼は『神が殺した』と証言するが・・・。
  
  今回は外国で登場人物が私が苦手なカタカナの名前ときたもんだ。
  でも、最後に驚くために頑張って読むのだ。。




ヒートアップ(中山七里)


  『魔女は蘇る』の続編。
  恐怖や痛みを感じなくし、身体能力が恐ろしく高い殺人ロボットを作り上げる兵器麻薬をめぐって、
  警察、麻薬捜査官、やくざ、中国マフィア、製薬会社の思惑が入り乱れ・・・

  今回はいつものように後味が悪い終わり方じゃない。




e0033713_1175394.jpg




8月は暑かったですねー。
あんまり暑いときには、話の展開がややこしい本は読めませんねー。
いつもなら一日で読めるのに、三日もかかっちゃった本が続出だよ。

歳による視力ならびに読解力の低下で読むスピードが落ちただけなのかもしれないけど。。。。



詳しい感想は  こちら





写真は上から

  洋食手塚 ポークカツレツチーズのせ

      あっさりとしたソースと薄めに切ったカツで食べやすい。  定食で900円。


  ル・プチメック  プチサンドイッチ
               (上から エビと卵・子羊のハンバーグ・スモークサーモンとクリームチーズ)
             と、ラスク(シナモン)
             

      プチサンドはピリ辛あり、チーズあり、がっつり系あり、素材とソースの組み合わせが絶妙。
      各189円

      ラスクはこの固さがたまらない。噛みごたえのある食感と程よい甘さに次から次から手が出ます。
      ラスクも189円





      


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-09-01 11:27 | 読書な日常 | Comments(0)