京都府木津川市加茂町 岩船寺(がんせんじ)。


e0033713_17363228.jpg



京都府の南端、奈良に近い地にあるこのお寺のあるあたりは、
当尾(とうの)の里と呼ばれます。
ここは・・・





古来、南都仏教の影響を色濃く受け、
世俗化した奈良仏教を嫌った僧侶が隠遁の地として草庵を結び、
念仏に専心したと伝えられています。

やがて、草庵が寺院へと姿を変え、塔頭が並び『塔の尾根』ができ、
いつしか『当尾』と呼ばれるようになったといわれます。


        青字部分 木津川市観光協会のページより抜粋(こちら









門を入っていくと、当尾の地の由来通りの美しい塔がお出迎え。



e0033713_18025392.jpg




こちらがご本堂。


e0033713_17483227.jpg




ご本尊の阿弥陀如来は平安時代の作だそうです。(撮影禁止)

ちょうど観光バスがついて、ご住職がご本尊の前で解説を始められるところ。
私も便乗させていただきました。






十三重石塔(重文)や、


e0033713_17535185.jpg




石室のお不動様、


e0033713_17550521.jpg



などが点在する境内は、
観光バスの方々が去ってしまわれると
しーん・・と静まり返ります。




e0033713_18072110.jpg





ほとんど人がいない境内をゆっくりと歩いた後・・





e0033713_18242354.jpg





もう一度本堂に入らせていただいて、
阿弥陀様の前に一人で座っていると、
日頃の自分について、
それでいいのか?と問いかけられているような気持ちになりました。






e0033713_18094556.jpg














さて、ゆっくりと自分を見つめたところで(ホンマかいな??)、
岩船寺を出て、山道を少し歩くことにいたしましよう。


寺院や修行場が散在していたこのあたりには、
多くの磨崖仏が造られ、道のあちこちあるそれらをたどって歩きます。




e0033713_18273085.jpg









みろくの辻 弥勒磨崖仏

e0033713_18311219.jpg








わらい仏

e0033713_18352066.jpg








からすの壺 阿弥陀・地蔵磨崖仏

e0033713_18361003.jpg







石仏は道行く人々の御守りでもあり、道しるべでもあったようで、
そんな仏様をたどりながら、
うららかな秋の道をのんびりと歩きます。






e0033713_18402895.jpg








やぶの中三尊


e0033713_18404682.jpg




このほか、当尾の里には30を超える石仏が点在し、
それらを訪ねて、四季折々の散策が楽しめるように
観光協会によって散策マップもつくられています。(観光協会石仏のページ



岩船寺からの散策路はゆるい下り坂になっていて、
辺りの風景を楽しみながら、のんびりと歩くことができました。










そして散策の終わりは・・・



e0033713_18445399.jpg





本堂に九体の阿弥陀如来が並ぶことで有名な浄瑠璃寺です。

この九体阿弥陀堂というのは、平安時代に京都でたくさん建立されたそうで、
ここ浄瑠璃寺はそれを唯一今に伝える貴重なお寺です。









平安の雰囲気を残す浄土庭園。
池の奥に見える本堂の姿はまさに極楽浄土。




e0033713_18503913.jpg










塔も美しい。





e0033713_19214020.jpg








e0033713_19392702.jpg











九体堂とも呼ばれる本堂。
中の阿弥陀様はもちろん撮影禁止。



e0033713_19064694.jpg




ピーンと張ったような空気に圧倒されるというか、なんというか・・
人は皆、ここに入ったとたんに黙り込み、
九体の阿弥陀様から目が離せなくなります。


そして一度お姿を目にすると、
その前から立ち去れなくなってしまいます。



私も阿弥陀様の前に座り込むこと30分。
いつの間にか、寒さも忘れておりました。。








どうしてもお写真を見たい方はこちらをどうぞ。。
(パンフレットを撮影)

e0033713_19110460.jpg








いや、こんなにたくさんの阿弥陀様がおられるのだから、
ここはやっぱり極楽浄土といってもいいでしょう。



そんな浄土の秋をもうすこしどうぞ。。。






e0033713_18561784.jpg










e0033713_19333003.jpg











e0033713_19025991.jpg








e0033713_19402190.jpg










e0033713_19390490.jpg






[PR]
by michirudesu | 2013-11-30 19:49 | 京都な日常 | Comments(0)

色づく京都。


京都大原・・


e0033713_18300498.jpg




三千院の奥、山道をさらに上がったところにある音無の滝





e0033713_18301278.jpg





仏教の教えを歌で伝える声明(しょうみょう)を
大原の天台宗寺院の僧侶たちがこの滝の前で練習し、
はじめは滝の音にかき消されていた声明が
稽古を重ねるうちに次第に滝の音と和し、
ついには滝の音が消え、声明のみが響き渡るようになったというところから、
『音無の滝』の名がついています。





大原三千院のあたりは観光客が押すな押すなの賑いですが、
三千院から一歩奥にはいると、そこにはほとんど人がいない。






e0033713_18300910.jpg







そんな静かな奥大原の秋。





e0033713_18433697.jpg







・・・と穏やかに始めてみましたが、
京都は全市内的に紅葉の盛りを迎え、
穏やかに落ち着いてばかりもいられない。

紅葉を求めてあちこちへ出かけてみましたよ。









まずは赤山禅院。



e0033713_18594498.jpg





平安京の表鬼門の鎮守としてまつられるこのお寺はご拝殿の上に・・




e0033713_18483056.jpg




鬼門を守る猿が。

e0033713_18500212.jpg








ここでは紅葉の盛りのこの時期に、
千日回峰行を満行された大阿闍梨によるお数珠の供養も行われます。





e0033713_18484688.jpg







二重に重なる鳥居が珍しい相生社。


e0033713_18304453.jpg


見ての通り縁結びの御利益があるそうです。







赤山禅院は都七福神巡りのひとつ。
福禄寿殿。


e0033713_18482483.jpg





ズラリと並んだおみくじがめっちゃかわいい。。。



e0033713_19015191.jpg








ほかにも境内にはたくさんのお社がありますが、
静かで素朴な雰囲気がただようお寺です。





e0033713_19042360.jpg







・・・て、

紅葉が盛りを迎えたと言ってるのに、紅葉の写真が少ないって???




はい、
まだまだいろんな所へ行く予定なので、
例によってまとめてスライドショーでご紹介するために秘蔵してるところで・・・・








出し惜しみの中から、ちょっとだけどうぞ。。。。







赤山禅院。



e0033713_19024216.jpg








e0033713_19024583.jpg








曼殊院門跡。






e0033713_19032737.jpg








e0033713_19032397.jpg







e0033713_19033006.jpg










大原来迎院。



e0033713_19193401.jpg







e0033713_19193727.jpg






あとはまた後日・・





 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2013-11-24 19:27 | 京都な日常 | Comments(2)


京都市北区 雲が畑・・


平安京造営の際にはこの地の木材が用いられ、
以来、材木や鮎をはじめ端午の節句の菖蒲を献上し続けてきた里であり、
悲運の惟喬親王が隠棲した場所でもあり、
・・と、皇室との関わりが強いこの地は、
鴨川の水源地。



e0033713_10090701.jpg



ここに住まう人々は下流への影響を考えて、
川の水を汚さないように、
死者を土葬にすることも避け、
それどころか川では赤ん坊のおむつすらゆすがなかったというくらい、
それはそれは心を配って生活をされてきました。








そんな山深い清浄の地の
そのまたさらに奥の奥に、

岩屋山金光峯寺志明院(いわやさん きんこうふじ しみょういん)があります。




e0033713_10091455.jpg





役行者(えんのぎょうじゃ)草創で空海が再興。
御本尊の不動明王は空海の作とされています。



奥には洞窟があって、まさに鴨川の最初の一滴が滴っていますが、
残念ながら山門より奥は撮影禁止。
入り口でデジカメはお預かりです。




e0033713_10092234.jpg





空気が一本ピーンと張り詰めているように思えるほど、
静かで透き通った地です。

でもさすがにそれだけあって、ここまで来るのは結構大変。

必然的にマイカー頼りなんだけれど・・・
道が狭くて、向こうから対向車が来ないことを祈るのみですわ。







ほんま、ドキドキもんでやっとたどり着いたって感じの私の車がぽつんと・・



e0033713_10092957.jpg



いやあ、この広場がなかったら延々バックなんてできないから、
帰るに帰れないとこだったよ。。。。







e0033713_10093510.jpg





志明院は歌舞伎の『鳴神』の舞台でもあり、
また、司馬遼太郎さんにも愛された地、
それに『もののけ姫』のタイトルが生まれた地でもあるそうですよ。





e0033713_10461268.jpg








こちらは、雲が畑の地域内にある
厳島神社と高雲禅寺。



e0033713_10093773.jpg





e0033713_10094079.jpg





清い水を守り続ける民が住む清浄の地。

不用意に汚さないように心して訪れたいものです。








 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2013-11-21 10:48 | 京都な日常 | Comments(0)

秋の余呉湖をひとまわり


寒くなりましたねー。

びわ湖の北では伊吹山が初冠雪いたしました。

これから湖北地方は、
弁当忘れても傘を忘れるな
といわれるほど、お天気が変わりやすく時雨れる日が多くなっていきます。





でも今日はめずらしく晴れ間が・・・


e0033713_16525175.jpg




ここはびわ湖のてっぺん辺りにぽつんとくっついたようにある湖、
余呉湖です。

後ろの山は、
羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と柴田勝家が戦った現場である賤ヶ岳ですよ。








でもってこの湖、
見る場所によって雰囲気を変えるなかなか趣がある湖なのですが・・




e0033713_16525415.jpg







e0033713_17092913.jpg







e0033713_16524005.jpg







一周ぐるりと歩いてきましたよ。








e0033713_17133244.jpg







e0033713_16524624.jpg






いや、遠いのなんの・・・・

一周6キロちょっとと聞いてたからいけるだろうと思ったけれど、
7.5キロ近くありましたわ。


そりゃそうですよね。
道は湖の周りにあるものの、ぴったり湖周に沿ってるわけじゃない。

半径Xmの円の半径を(X+1)mにすると円周は何m増えるか??
なんていう問題が頭に浮かぶ始末。。。








e0033713_17094855.jpg







これは天女が羽衣をかけたという木。


e0033713_17130542.jpg





車を湖畔に停めて歩きだしたから、
いったん出発したらいやでもそこまで戻らないといけないのだけれど、

ホンマ、しんどかったわー。



車の方から迎えに来てくれたらどんなにいいかと思いましたわよ。





e0033713_16523470.jpg






むかーし、

流星号、流星号、応答せよ!!

って呼んだらすぐにやってくる車が出てくる漫画があったよねぇ。。。。。











 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2013-11-14 17:31 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

秋のある日・・・


それは、とある秋の夜のこと・・・。


いつもの手話サークルから家に帰ったらば、
スマホの中が受信メールの山。



なにごとかと思ったら、
ご近所主婦からの市主催健康ウォーキングに参加しないか、
というお誘いに対して、
誘われたこれまたご近所奥様方の迷いのお返事の数々なのでありました。






e0033713_17142164.jpg





10Km一緒に歩かないか??
というお誘いに・・


やれ、そんなに歩いたことなどないから自信がない・・だの、
はたまた、途中で挫折するのが心配だ・・だの、
不安をあらわにする私たちのメールに対して、
おしまいは発案者の鶴の一声・・








なーに、四の五の言うてんねん!
私がまとめて申し込んどいたる!!








・・で、全員参加する次第となったのでした。






e0033713_17251137.jpg





それからというもの、
夜な夜なあちこちの家からふらふらと主婦があらわれ、
闇の中、どこへともなく消えていく・・・






e0033713_17215131.jpg




はい、みんな秘かにウォーキングの練習などを行っていたのですねぇ。





e0033713_17421741.jpg





そんなこんなであれからもう三週間。
私も続けてきましたよ、ウォーキング。


毎晩一時間くらい、距離にして6kmくらいを歩いてまいりました。


それもこれも、
健康ウォークで万が一途中で歩けなくなったりして
みんなに迷惑をかけたら申し訳ない
・・という生真面目な気持から。





なあんて、謙虚なんでしょ、わたし!!


・・てなこと言ってる時点で全く謙虚じゃない気もするが・・









e0033713_17434784.jpg





本番は今週末ですよー。

はてさて、いかなることに相成りますやら???





お写真は、あまりの寒さに耐えかねて、
今日は昼間に歩くことにした私が途中で撮ってきたものですよ。

宇宙船のような建物は長浜ドーム、お山は伊吹山。。。。






[PR]
by michirudesu | 2013-11-11 17:51 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

先日のガリガリ君のシチュー味に続いて(こちら)、

また、変なものを食べてしまったよ。。。 



ジャーン!!


e0033713_23234974.jpg




これが モスバーガー から新発売の サバ味噌バーガー だよ。



最初、ハンバーガーにサバ味噌って聞いた時には、
モスバーガーって、なんてチャレンジャーなんだろ!って思いましたが、
ライスバーガーだったんですね。

ならまあ・・・・

ありかも。。。。




ちょっと、めくってみましょうかね。


e0033713_23263111.jpg

    うーん・・・、なんだか生臭そう。。。






それに、おっやあ???

なんだか、モスのサイトにあるサバ味噌バーガー(こちら)と比べておねぎが少ないような????
ていうか、おねぎ入れ忘れ????

あ、これは反対向き??
(・・・にしてもおねぎが無いような????)



・・・て、おネギおネギって、
それはまあ、どーでもいいですわ。
肝心なのはお味ですよね。





思ったより違和感はありません。


お味噌が甘めで濃い味なのでご飯に合います。

サバは、どーやってるんだろう?って思うけど、完璧に骨が抜いてあります。
だから安心して食べられるし、ほとんど生臭くなくって、
おいしいサバです。



でも・・・・




普通のハンバーガーの場合、
パンと中身のハンバーグを別々に食べたいとは絶対に思わないのに、
やっぱり日本人なんでしょーかねぇ。
わざわざライスバーガーにしないで、




ご飯とサバ味噌を別々に食べたい!!


て、思ってしまうんだよなあ。。。。





                    モスバーガー  モスライスバーガー「さば味噌 骨までやわらか仕込み」
                                                  360円









ついでと言っては何ですが、こんなのも飲んで見ましたよ。



e0033713_23402851.jpg




キリンビバレッジ から・・

 ホット炭酸 キリンの泡



熱い炭酸飲料ってどんなだろ???

・・ていう好奇心からのみ、お買い上げ。


持ち歩くときは水平に、静かに・・・だの、
振動が加わったときにはすぐに開けるな・・だのいろいろ注意書きがある。


なので開けるときは怖々。。。。。


お味の方はというと・・・・








真夏の車内に置き忘れて熱くなってしまった炭酸飲料???











にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-11-10 23:54 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

10月の読書

  
e0033713_14255953.jpg






 ガス燈酒場によろしく(椎名誠)                          
 勉教(吉村達也)
 こなもん屋うま子(田中啓文)                           
 杉下右京の密室(碇卯人)
 土蛍(あさのあつこ)                                   
 ライオンの棲む街(東川篤哉)
 元禄百妖箱(田中啓文)                              
 泣き童子(宮部みゆき)
 七色の毒(中山七里)                                
 美人教授・桐島統子の事件研究禄(喜多喜久)
 シャーロック・ホームズたちの冒険(田中啓文)                 
 落下する緑(田中啓文)
 辛い飴(田中啓文)                                  
 アンパンの丸かじり(東海林さだお)
 モグリ(安萬純一)                                   
 死神の浮力(伊坂幸太郎)
 赤目姫の潮解(森博嗣)                               
 輪違屋糸里 上下(浅田次郎)
 ビブリア古書堂の事件手帖2(三上延)                     
 時を巡る肖像(柄刀一)
 疾走(東直己)    





e0033713_14343677.jpg






こなもん屋うま子(田中啓文)

   ある時はたこ焼き屋、ある時はお好み焼き屋、はたまたある時はピザ屋??
   大阪の街のどこかに神出鬼没のコナモン屋。
   絶品なそのひと皿に惹かれて通い詰める客が抱える問題を女主人が・・・

   読んだ後、たこ焼きを買いに走るか、もしくはお好み焼き屋さんへ出かけたくなるでしょう。。。




元禄百妖箱(田中啓文)

   これも同じ作者。
   文化が熟しきり、退廃へと向かう感のある元禄時代。
   犬公方徳川綱吉が生類憐みの令を出した理由とは・・
   そして忠臣蔵の舞台裏は・・・

   まさか、綱吉が×××だったなんて・・・





死神の浮力(伊坂幸太郎)

   仕事をするときは必ず雨。
   可か否か、死への判断を下すために最後の七日間を人間と行動を共にする死神。
   今回判断を下すために一緒にいる人間は子どもを殺された復讐をしようとしていた。
   
   子どもを殺しながらまんまと無罪判決を得たサイコパスへの復讐を企てながら、
   逆に犯人に翻弄される夫婦の苦悩と
   死神の天然ボケなところとの間が絶妙。
   伊坂節、健在!!!





e0033713_1443925.jpg






赤目姫の潮解(森博嗣) 

   これ、『女王の百年・・』シリーズの三冊目なんですって。
   読み終わるまで知らなかった。
   誰が人形で誰が人形じゃないのか・・
   アナタ、自分が確かに人間だって証明できますか???

   時系列が前後するわ、叙述者が入れ替わるわ、視点が変わるわ・・
   読みにくいったらありゃしない。
   潮解・・物質が空気中の水(水蒸気)をとりこんで自発的に水溶液となる現象のこと。
   ・・て、あんまり読みにくいからタイトルをずっと、
   『赤目姫の難解』だと思ってたよ。。。。
   




輪違屋糸里 上・下(浅田次郎)

  幕末、京都の由緒ある花街、島原の女の生き方と新撰組の男の生き方と・・

  あくまで歴史の裏にいて男たちの都合に翻弄されるだけなようでいて、
  いざという時には歴史さえひっくり返して見せるのが女。。。。




e0033713_14541316.jpg





10月は21冊・・と、まさかの20冊越え。

秋になると読書がすすみますねぇ。

       食もすすむけど。。。



詳しい感想は こちら










いきなりご飯の大アップから始まった写真は・・

  いつも行列で、予約をとるのも難しい
  京都市東山区 八代目儀兵衛 の ご飯とおかずたち。

     季節の焼き魚二種盛り
     京赤地鶏のもも肉から揚げ
     京のお野菜と大海老の天麩羅




店頭のこんなお釜で炊き上げるご飯のおいしいことといったら!


e0033713_150445.jpg




ホクホク、熱々の炊き立てご飯と、そのご飯にものすごく合うおかずたち。
もう・・・うまくて、うまくて、たまりません。

ご飯はお代わり自由。
恥ずかしながら三杯も食べてしまったよ。
    あ、三杯目は半分にしといたからね。。。





二杯目からはおこげも・・・


e0033713_1541047.jpg








ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-11-05 15:10 | 読書な日常 | Comments(0)


昨日は手話サークルの秋の旅行。

聴導犬の訓練センターへ行ってきました。


e0033713_10232683.jpg




帰ってから、聴導犬センターへ行ってきたって言うと、
『聴導犬??盲導犬なら知ってるけど、聴導犬っているんや??』
って、みんなに言われました。





はい、いるんです!!





ここは日本聴導犬協会というところが運営されている施設。



たとえば玄関から、♪ ピンポーンって聞こえると・・・








誰か来たよ、誰か来たよ♡♡♡


e0033713_10294240.jpg






目覚まし時計が鳴ると・・・






起きて起きて起きて起きて、起きて起きて起きて・・・


e0033713_10311532.jpg


   身体の上にのっかって起こしてくれるワンちゃんの動きが速すぎてほとんど写ってない。。。





などなど・・、生活の中でいろんな音を教えてくれるのが聴導犬です。


今は耳が不自由な人たちのために光で教えてくれる器具もたくさんありますが、
四六時中、それを集中して見ているわけにはいきません。

中には家にきてくれるお客様に失礼に当たらないように
約束の時間のずいぶん前から玄関で待っているなんて言われる方もおられるそうです。


でもこの聴導犬たちがいたらチャイムや電話に気がつかないなどということは避けられます。





e0033713_1048212.jpg





それになにより、煙探知機や火災報知機など、
絶対に知りたい音もありますよね。


ちなみにいつもは音がしているところへ飼い主を連れて行ってくれるワンちゃんなのに、
火災報知機など危険を知らせる音の場合は飼い主の前で伏せをするだけなのです。


だって、報知機が鳴っているっていうことは、そこが火事だということ。
そんなところへ連れて行ったらよけいに危ないですからね。


うーん・・・
なんて賢いワンちゃんたち。。。









次の出番はまだかな???


e0033713_1041536.jpg








ここでは聴導犬のほかに介助犬の訓練もされていて、
たしえば車いすを使っておられる方が、何か物を下に落としてしまった時などは・・







こうやって、すぐに拾ってくれるのですが・・・


e0033713_10512378.jpg




さっきの聴導犬(お名前はフジちゃん)にしても、この介助犬(お名前はケイちゃん)にしても、
一つお仕事を終えると・・・




どう?どう?どう?
やったよ、やったよ、やったよ、やったよ!!



e0033713_10552647.jpg




って、大喜び!!






叱って厳しく教えるのではなくて、
一緒に生活をしながら褒めて教えていくのだとおっしゃっていましたが、
ホントにその通り、
お仕事というより、なんだか大好きなことを大喜びでやってる!って感じなのが印象的でした。







次は何するの?次は何するの?次は何するの??


e0033713_11105246.jpg








犬たちの訓練も大事ですが、
聴導犬、介助犬を使われる方もこの子たちと息が合わなければいけません。

実際に聴導犬や介助犬を使うときは、この子たちと一緒に訓練を重ねて、
犬も人間も試験に合格しないといけないそうです。

犬も人間も対等な立場で、
お互いに助け合って暮らすんですね。




   ああ、そうそう、一時聴導犬は高価だという話があったようですが、
   ここの聴導犬たちは無料ですよ。













e0033713_15275212.jpg



・・・と、まじめにお話のあとで、いきなりご飯ですが・・・

これは聴導犬センターに行ったあとで立ち寄った

伊奈食品 の本社一帯の緑地施設 かんてんパパガーデン のレストラン、


寒天レストラン さつき亭 の ミニソースかつ丼セット





ソースかつ丼部分アーーーップッ!!


e0033713_15384786.jpg





寒天うどん部分アーーープッ!!



e0033713_15414078.jpg





寒天うどんは野菜もたっぷりでお出汁を効かせた薄味で、
なんだかとっても身体に優しい感じ。


身体にはあんまり優しそうじゃないソースかつ丼と交互に食べるっていうのもどうかと思いますが、
カツは柔らかくって、ソースもおいしくって、
大満足なご飯でありました。










にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-11-04 15:46 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)