唐崎(からさき)の

  松は花より 朧にて   (松尾芭蕉)


e0033713_16091036.jpg


・・・て、いきなり何だと思われたでしょうが、
何せこのところ食べ物の話が多かったことですし、
食べてばっかりいるやつだ・・と思われるのもナンですから・・
(いや、ホントに食べてばっかだけど。。。。)









e0033713_16145878.jpg


ここはびわ湖の南西にあります唐崎神社。

先日訪ねた日吉大社(こちら)の摂社です。




e0033713_16205817.png

 琵琶湖の扇の要とも表現されるこの唐崎神社は
 古来から絶景地とされるところ。
  近江の国(滋賀県)の景勝地をあげた近江八景の中に、
 『唐崎の夜雨』として名前を挙げられています。

     
   歌川広重   唐崎夜雨図 



植えられたのは舒明(じょめい)天皇5年頃(633頃)。
琴御館宇志丸(ことのみたちうしまる)が唐崎に居住し、
庭前に松を植え“軒端(のきば)の松”と名付けたことに始まります。
上の広重の浮世絵では枝が琵琶湖まで達し、
同時期の版画にも枝の東西54m・南北68.4mという注記があり
途方もない大きさになっていたことがわかります。
       緑字部分 唐崎神社HPより抜粋





しかしながらだんだんと樹勢が弱り、
大正時代には三代目である現代の松に植えかえられました。





e0033713_16324979.jpg




現在も、もう一度びわ湖の上まで枝を張ることを目指して、
地元の方々が手入れに励んでおられるそうですよ。





さざ波の 志賀の唐崎 さきくあれど

    大宮人の 船待ちかねつ  (柿本人麻呂  万葉集)





唐崎の 松は扇の要にて

    漕ぎゆく船は 墨絵なりけり  (紀貫之 古今和歌集)










  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-01-31 16:41 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)


近鉄あべのハルカスでチョコレートを食べまくったあの日、
わざわざ大阪まで出かけていくのだから・・・
と、一日中近鉄百貨店本店の店内を探検してみましたよ。



e0033713_17182757.jpg
            タワー館とウィング館の連絡通路から・・








店内探検といっても、私の場合は当然のことながらスイーツ巡り。

最初っから、デパ地下に直行です。


e0033713_17200450.jpg


まずは、タワー館 地下2階 ファウントリー 和栗のモンブラン

形が美しいですねー。

けっこうでっかい。



e0033713_17231033.jpg


栗の香りが高い栗クリームの中に生クリームもたっぷり。

写真では見えませんが、栗つぶもカスタードのクリームも入っています。
それに、あと、ちょっぴりベリーの部分も・・。

ケーキの下に生クリームが絞ってあるのが見えますか?
本体をざっくりと食べるもよし、
まわりのクリームを付けくわえながら食べるもよし、
いろんな部分でいろんな食べ方、いろんなお味が楽しめます。

満足感ばっちりなモンブランでしたね。



                        ファウントリー 和栗のモンブラン 698円









続いてデパ地下からもう一個。


e0033713_17292652.jpg


ポアール・アントレ 和栗のモンブラン

帝塚山に本店がある ポアール の 近鉄あべのハルカス店。



e0033713_17332233.jpg


これも凝ったつくりのケーキですわ。

それになにより栗が濃いっ!!!
こんだけ栗の味がするモンブランを食べたのは久しぶりな気がする。

もうそれだけで言うことなしっなのですが、
上の部分のチョコの苦みがまたいいんです。

本格的。
大事に大事に食べたいモンブランでした。



                       ポアール・アントレ 和栗のモンブラン 819円







ところで、近鉄あべのハルカス本店のデパ地下には、
BYOCAFE by HAMAYA というコーヒー店HAMAYAさんのカフェがあるのですが、
そこはなんと、デパ地下の各店で買ったケーキを持って入って食べてもいい!

買ってきたケーキをお店の人に渡すと、
上の写真のように、ちゃんとお皿にのせてフォークを添えて出してくださるのです。


このシステムはいいですねー。

いろんなお店でモンブランを一個ずつ買うと、
持って帰る荷物が大変なんですよ。

それになにより、
「お持ち歩きのお時間は??」て聞かれて、
あまりにはるか遠くから出てきているのが恥ずかしいから、
「えっ?えーっと一時間くらい。。」(ホントは二時間半くらいかかるのに。。。)
なんて見栄を張る必要もない。



他のデパートでも、こうだったらいいのにぃ。。








・・とか、感激しつつ、
地下から店内を見て歩きながらだんだんと上の階へと上がっていくと・・・




e0033713_17493538.jpg

    14階のレストラン街から見下ろす大阪の町。
        (地上60階のハルカスだけど、今はここが一番高いところだよ。)







いつのまにかお昼ごはんのお時間。

ところが、いつもなら平気でご飯も食べられるのに、
なぜかさっきのモンブランふたつでお腹がいっぱいのワタシ。
我ながら情けない・・・


仕方がないから、カレーのお店へ。
(・・て、食べるんかい!!)




e0033713_17525056.jpg



大阪梅田発祥の人気のカリー屋さん
ピッコロカリー の カキフライカレー 



お腹がすいてないから、
「ご飯を少なめにお願いします。」って言うと
「それだったらSサイズっていうのがありますよ。」って教えてくれたお店のおじさん、
そう言いながら私をちらっと見て、
「うんうん、それで大丈夫だと思うよ。」ってにこにこ。
(どーゆー意味???)





辛さも程よくて食べやすいカレーでした。
カウンターからは外が見下ろせて気持ちがいい。

e0033713_17590386.jpg


ほんと、Sサイズでも十分食べごたえがありましたよ。


 
                 ピッコロカリー カキフライカレーS 976円
 







さて、試食会までまだ時間があるので、
しばらく店内を歩き回った後、
今度はカフェで休憩と時間待ち。



e0033713_18045961.jpg



ウィング館6階 神戸風月堂カフェ モンブラン


「うちのモンブランは柚子を使ってますけど大丈夫ですか??」
ってお店の人が聞いてくれた。

大丈夫も大丈夫!
ていうか、大歓迎!!ってなもんです。。



e0033713_18100689.jpg


言われたとおり、ふわっと柚子が香るけど、決してでしゃばらない。

栗の香りって、そもそもが薄いので、
あまりたくさん柑橘系のジャムを入れるとその香りばっかりが勝ってしまいます。

なのでちょっぴりで十分だと思うのだけれど、
このモンブランはその量をよく考えておられる感じでした。


上の栗は風月堂のマロングラッセ^^




              神戸風月堂 モンブラン 飲み物とセットで871円










ところで、近鉄百貨店、いいですね。
庶民的っていうかなんていうか、
店員さんたちもみんなどこか人なつっこい。

かといって馴れ馴れしいわけではなく、
あくまでも失礼にならない範囲で対応に親しみがあふれていました。


大阪駅の伊勢丹が大阪のお客さんから、
上品すぎるとかとっつきにくいとか言われてましたが、
ああ、なるほどって感じ。


ちょっと困ったそぶりを見せただけで、
「どないしたん?どこ行きたいんや??」
とかって必ず誰かが寄ってきてくれるのが大阪。

そんないい意味でのおせっかいさと気楽さが近鉄の店内には漂ってましたわ。
(伊勢丹も嫌いじゃないけどね。)



e0033713_18332212.jpg



ところで、
お客を呼びだす店内放送ってあるでしょ。
「さきほど○階××売り場で○○○をお買い上げになったお客さーま、お伝えしたいことがございますので・・」
っていうヤツ。


ハルカス近鉄の場合は、これに必ず値段が入るんだよ。
「○階××売り場で△△円で○○○をお買い上げになったお客さーま・・・」って。

「1980円でセーターをお買い上げに・・」とか、
「総額5230円でお食事をされた・・」とか。。。


これって、いいのね???
恥ずかしいじゃん!

それとも、もしかしたら何かの暗号???





まあ、それを
「わかりやすくていいじゃん!」
って、よしとするほど庶民的なお店ということなんだな、
(伊勢丹でそれをやったら、きっと大苦情。。)
と、放送を聞くたびになんだか楽しくなっていた私なのでありました。









おまけ・・


e0033713_18435556.jpg


タワー館地下2階 古市庵の大阪寿司


食料品売り場も元気いっぱい!!










  にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-01-30 18:58 | マロンな日常 | Comments(2)


バーン!!


e0033713_08540054.jpg



先日、グランフロントを歩きまわったばっかりなのに、(こちら
また大阪をうろうろしてきましたよ。

今度は昨年開業したもうひとつのスポット、
そう・・・







とはいっても、ここはまだ全館営業じゃないんだよね。

自他共に認める 高いとこ好き なワタシは、
地上60階だという展望台がオープンしてから行こうと思ってたのだけれど、
わははははは・・・

バレンタインチョコレート試食会

が、当たったのだあああ!!




そりゃあ、行かにゃあなるまい、行かにゃぁなるまい!!(どこの人??)






で、その顛末記。


試食会はビュッフェ方式で好きなチョコレートを食べるという方法ではなくて、
あらかじめひとりずつのお皿に盛りつけてあるチョコレートを
それぞれのチョコの解説を聞きながらいただく・・というものでした。



e0033713_09092606.jpg



チョコはこの写真+2個の、全部で10種類。

扱ってるお店やチョコの特徴、お勧めの点などを近鉄のバイヤーさんが一つずつ解説してくださいます。
で、それがまた、このバイヤーさんが若くて甘いマスクのイケメン!

普通ならそれだけでよけいにテンションが上がるというものですが、
『そうか、そうか、よぉがんばって仕入れたなぁ。これからもしっかり仕事しぃや。』
・・と、思わず母親の心境になってしまう自分が哀しい。。。。

あ、それはどうでもよかったですね。

では一個ずつのご紹介などを・・・






まずはカワイイ編。


e0033713_09273730.jpg


上から、

ファブリス・ジロット ウーズ・アール。

  普通こういう動物の形のチョコレートって中まで全部がチョコですよね。
  そのつもりで食べるとびっくりです。
  中はなんていうか、ぷにゅぷにゅっていうか、くにゅくにゅっていうか、不思議な食感。
  で、その変わった口当たりの中にほんのちょっぴりのベリーがまた刺激を与えてきます。
  中身があるのでチョコの層が薄くなってるのにチョコ自体の香りも高いです。
  うーん・・、あなどれない。。



ショコラティエ・キュッパbyゴンチャロフ  キュッパソフトクリームショコラ

  これはノルウェーの絵本『KUBBE(キュッパ)』シリーズ(詳しくはこちらを見てね)と
  ゴンチャロフとのコラボでできたチョコです。
  このシリーズ好きにはたまらないパッケージでしょうね。
  チョコのお味は庶民的。
  甘ーいバニラのチョコと赤い部分はベリーお味。
  食べてて楽しくなるチョコですよね。
  


パティスリー・シャルル POP&POP

  神奈川県のケーキ屋さんだって。
  なんといっても形がめっちゃかわいい!!
  こういうかわいいケーキって、食べたらめちゃ甘の子どもっぽいお味のことが多いですよね。
  でもこれは甘さは控えめ。
  中のケーキもチョコに包まれているせいかしっとり度が高くて、
  意外にも(失礼な!)本格派なケーキ・・
  そうチョコというより、これはもう一個の立派なケーキなのでありました。
  
  特別にこれだけ中身もご紹介。


e0033713_10020618.jpg






続いて本格派編。



e0033713_10131914.jpg


伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコと宇治ほうじ茶生チョコ (上の段左)

  抹茶のチョコはよくあるけれど、ここのは特別に香りが高いですね。
  でもそれよりなにより、ほうじ茶の香りをチョコに閉じ込めたのがもっと不思議。
  まさにほうじ茶ですっっっ!!っていうくらいにチョコに負けずにお茶のいい香りがしますよ。
  


エリオス オランジェットとレモンショコラ (上の段右)

  大阪市東住吉区のケーキ屋さんですって。
  オレンジピールを入れたのとレモンのと。
  私はこのかんきつ類のピールを入れたチョコが好きなんですよね。
  ここのは中のオレンジやレモンの香りがチョコに負けてないところがいいです。
  ・・といいつつ、レモンの方はミルクチョコ自体がまたすごく香りだった。



バーマンズ バーマンズプレミアムチョコレート (下の段左)
  
  ここは洋酒の生チョコ専門店だって。
  ひと粒一気に口に入れてなめてると・・
  チョコ、チョコ、チョコ、チョコ・・と、チョコレートの味が口の中に広がっていってる中で、
  ある時突然、ふわぁぁぁぁぁっ!と、ウィスキーの香りが!!
  それもウィスキーボンボンのようにブワッ!と溢れるんじゃなくて、あくまでふわぁっと!
  お酒が全く飲めない私がおいしいと思ったのだから、何をかいわんや。
  私にはこれが今日の中で一番だったかな。



ラトリエ・デュ・ショコラ ラトリエ・デュ・ショコラ (下の段左)

  外の層のチョコはちょっと苦め。
  そして食べてると中からベリーのお味が混じってくる。
  この爽やかな酸味が印象的なチョコでしたね。
  チョコレート自体の香りもいいです。









・・・て、いったいどれだけ長い記事になるのか心配になってきましたが、
次はデパ地下で売ってるよ編。



e0033713_10451495.jpg




リンゲージ ショコラネーゼ (上) と 

ガトーフェスタ ハラダ グーテ・デ・ロワ ソレイユ (下)


ハルカス名物といってもいいリンゲージの新製品で、
定番のヤツにチョコをつけたショコラネーゼ。
初めて食べたけど、リンゲージってパリパリ、サクサクでおいしいんだなあ。
とくにゴールドの方。
香ばしさと甘さとちょっぴりのしょっぱさと食感と・・、
三拍子も四拍子も揃った美味しさで、クセになりそうです。
それにチョコをつけちゃったとなりゃあ、アナタ・・
美味しくないわけがないじゃないですか(なに言ってるのかからなくなってきた。。)




ハラダさんの方は何度ラスクに並んだことか!
それにまたこってりと惜しげもなくクーベルチュールをコーティングしちゃったりして・・
もう贅沢の極みですわ。
だーーーい満足!!







e0033713_11000080.jpg



最後は変わり種です。


 大阪府八尾市の会社。
 キャラメル味のこちらはチョコじゃなくてまさにキャラメルですが、
 チョコ味もちゃあんとあります。
 中のお豆がとってもおいしいです。







やあれやあれ、やっとこれで全部ご紹介したか。

・・・と、思ったら・・



e0033713_11061814.jpg



試食会の会場が8階の パンケーキデイズ だったこともあって、
お店から、パンケーキも出してくださいましたよ。

クリームチーズ風味のクリームがチョコを食べ続けていた口にうれしい。








試食会、楽しかったです。
参加されている方は初めて会った人たちばかりなのに、
みんなすぐに打ち解けて、いろいろと話もできました。

これもスイーツの力でしょうか??


近鉄百貨店さん、本当にありがとうございました。

バレンタインショコラコレクション 開催中。(お礼に宣伝しておいてみる。。)










で・・・・、
初めてハルカスに行った私が試食会だけで済ますわけがない。

驚いちゃあいけないよ。
夕方5時から始まったこの試食会の前に、
既に・・・・










お昼ごはんモンブランを3個!!


を、食べていたのだよ。。。
(それについてはまた後日)





 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-01-29 11:27 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)



週末は少し寒さが和らぎましたね。

月曜からの寒さで家に閉じこもっていた私は、
いいお天気に誘われてごそごそと動き回ってきましたよ。
(オマエは虫か!!  ・・・・啓蟄はまだ。。。



e0033713_09411589.jpg



日吉大社。

全国に3800余ある日吉・日枝・山王神社の総本宮です。
古く平安遷都の折には、都の鬼門にあたる地の守り神として祀られてきました。




e0033713_09433987.jpg



この変わった形の鳥居、山王鳥居(さんのうとりい)は、
仏教の胎臓界・金剛界と神道の合一を表しているとされ、山王信仰の象徴となっています。

ちなみに『山王信仰』っていうのは、
既に比叡山の守護神としてご鎮座されていた日吉大神を「山王権現」と称する、
神仏習合の信仰だそうですよ。 

    すべて、日吉大社のHP より ウケウリ。





この鳥居の前には、大宮橋(おおみやばし)、走井橋(はしりいばし)の橋がかかり、
それを渡って参道を歩いていると、
この神社が紅葉の名所だということがうかがえます。
(残念ながら今は冬枯れ・・・)



e0033713_09514844.jpg
これは大宮橋。









境内は広く、大きく三つのエリアに分かれます。

摂社である白山宮と・・


e0033713_09581529.jpg



宇佐宮の前を通って・・




e0033713_09585507.jpg






まずは西本宮。


e0033713_09594693.jpg




楼門の横にある柿の木は、山王神のお使いであるお猿さんが好んで食べた柿だそうですよ。




ご本殿。


e0033713_10022258.jpg





日吉造(ひえづくり)という独特な作りになっていて、
後ろから見るとその特徴がよくわかります。



e0033713_10033828.jpg






日吉造りは 床下に本地仏を安置していた「下殿」と呼ばれる部屋が設けられているのも特徴です。

明治時代の神仏分離までは神様と仏様の両方をお祭りしていたのですね。





e0033713_10085931.jpg











さて、山王祭のお神輿を収納した神輿収蔵庫の前を通って東本宮へ。




e0033713_10145152.jpg








こちらが楼門。


e0033713_10152123.jpg




摂社の樹下(じゅげ)宮



e0033713_10163450.jpg



ここの背面に回って床下を除くと井戸(泉?)があるのが見えます。



そういえば、この日吉大社のお社の周りは全部、
きらきらと清浄な水が流れる水路で囲われていました。
これは・・



e0033713_10201943.jpg




具体的な伝承は残されていませんが、
神域とそこに訪れる人々の身体を清めるため
神聖なものとされる大宮川から水路を引き、境内に張り巡らしたと考えられます。
(・・・て、これもHPからのウケウリ)





こちらが、東本宮のご本殿。


e0033713_10233261.jpg




西本宮と同じ日吉造りになっています。

なんだか、光源氏の君とかが歩いていそうだなあ。



e0033713_10241726.jpg



・・・なんて思ってたら、ホントに何年か前の映画の撮影場所だったのね。
(「源氏物語 千年の謎」東宝系 2011年公開)








あと、ここの神社の狛犬たちはみんな本殿の上にいるんだなあ。



e0033713_11041819.jpg



当大社では本殿に向かって右が「獅子」、左が「狛犬」です。 
本来、獅子・狛犬は本殿の中の内陣にて神様をお守していました。
時代を経ると本殿の上に置かれ、本殿も守護する意味合いが生れました。
更に時代を経ると、境内全体の守護のため本殿の前、境内入口などに置かれ、
雨ざらしになるため木製から石造りになりました。

(面倒になって、HPから丸うつし  ・・てこらっ!)












そして、最後のエリアが奥宮。




e0033713_10335084.jpg



三宮(さんのみや)宮(左)と牛尾宮(右)。

階段が続いているのがわかりますが、
まあ、ここまで来るのが大変だったこと!


境内入り口、駐車場にある受付のオバチャンおねえさんに、
「ワタシでも行けますか??」
って聞いたら、
「往復一時間くらいかかるけど、大丈夫!」
って言われたけれど、キツイ、キツイ!!

階段があるのは最初と最後だけ。
(それもひと段づつが“二段に分けてよ・・”っていうくらい高いんだよ。。。)

あとはそれはもう急な山道!

ひーひーでございました。。。。







e0033713_10422268.jpg



で、疲れ果てたあまりに何の写真を撮ってんだかわからなくなったんじゃないですよ。

これは金大巌。
大山咋神が東本宮に祀られる以前に宿っていたとされる岩で、
日吉大社の始まりの場所ともいえるものです。






奥宮から見るびわ湖。



e0033713_10492082.jpg


ねー、高いとこでしょぉぉぉぉ。



せっかくやっとの思いで来たのだから
お写真をもうちょっとのせとこ~。




e0033713_10505224.jpg





e0033713_10504234.jpg




あ、そうそう、
来る途中にリスを見かけた!

自然にいるのを見たのは初めてです。
いやあ、苦労して登った甲斐があったよね。

日吉の神様が会わせてくれたかな。







・・て、日吉大社のお使いはお猿さん。


e0033713_10574166.jpg




こちらは東本宮の参道にある猿の霊石。

遠くから見るとお猿さんに見えるとか・・・



e0033713_10584891.jpg




それから、西本宮の楼門の上にも、ほら・・・




e0033713_22013585.jpg










  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-01-25 11:09 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)


お正月に増えた体重が戻らない。。。

一気に3キロくらい増えたのが1キロ増までには戻ったけれど、
最後の最後のその1キロがも・ど・ら・な・い!!!




e0033713_20131313.jpg



・・・とか言いつつ、スイーツのお写真を登場させているのは謎でありますが、
これはお正月に食べたヤツ。

ほら、お正月ってあちこちから手土産でスイーツをいただくじゃないですか。
これがまた、美味しそうなものばっかりで、アナタ・・・



e0033713_20163063.jpg


















e0033713_20164723.jpg




















先ほどのもこれも
京都府 福知山市にある栗和菓子の名店 足立音衛門 の栗スイーツですよ。

栗のタルトと栗いっぱいのパウンドケーキ

ホントにホントに栗がいっぱい!!!
パウンドケーキの横側なんてホラ、


e0033713_20201047.jpg



切ったらこう・・・



e0033713_20201682.jpg




タルトはサクサク、パウンドケーキはしっとり・・
それにこのごろごろといってもいいくらいの栗がたまらない!

ホントに贅沢でリッチなケーキなのでありました。







こちらは娘が買って帰ってきたヤツ。


e0033713_20244991.jpg


マールブランシュ のお正月用の箱がおめでたい。


栗が好き、栗が好きって言ってたら、
みんなが栗お菓子を買ってきてくれるようになって、うれしいことでございます。




e0033713_20242618.jpg




e0033713_20273290.jpg
































これは、丹波栗のスイートマロンっていうお菓子。

しっとりした食感とほろっとした食感が同居していてクセになります。








こちらはローソンのウチカフェスイーツのアイス カカオマロン。



e0033713_20302373.jpg



e0033713_20303050.jpg



普通のアイスよりちょっとだけお高めだけれど、
お正月だしいいよね。


すこーし苦みのあるカカオとマロンの部分のほどよい甘さがおいしいです。
栗の香りもカカオに負けていないなあ。






もちろん、
これらの栗ケーキ以外のお菓子もたくさん食べたことは言うまでもありません(きっぱり!!)


体重の方に報いがくるのも当然とだよなあ。。。。









e0033713_20343161.jpg


栗以外の部は代表をひとつだけ。
だって、あとはいちいち写真に撮ってないじゃん!
(・・て、いばってどうする。。)


カステラの名店 福砂屋 の オランダケーキ。
   カステラも貰ったんだけど、息子が下宿に持って帰っちゃったんだよぉ。。。




これがまた、持っただけでずっしりとなんとも幸せな重さ。

でも食べると程よい甘さで全然くどくない。
けれど、しっかりとチョコが感じられて、しっとりもっちり、
食べごたえ抜群のケーキでしたね。








 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-01-19 20:51 | マロンな日常 | Comments(0)

  
今年の なばなの里 は富士山らしい・・・


・・・て、富士山がどう関係あるのかはわかりませんが、
とにかく、今年はすごくいいと聞いたので、
さっそく出かけてまいりましたよ。



e0033713_09385313.jpg


お連れは手話サークルのお仲間などなどです。
(こういうことだけは計画がまとまるのがはやいんだわ、このサークル。。。)








おなじみの光のトンネル。


e0033713_09405177.jpg


長さ200メートルに及ぶキラキラ、キラキラに目を奪われがちですが、
光の向こうに本物のお花も咲いているんだなあ・・。



e0033713_10000409.jpg



でも、そのお花が椿なのか山茶花なのかもわからない朴念仁なわたしたち。。。






トンネルを抜けるといよいよお山が見えてきます。



e0033713_10015681.jpg





世界遺産登録をお祝いして、
今年はイルミネーションの富士山を作られたそうですが、この富士山・・



虹はかかわるわ・・


e0033713_10023336.jpg



四季折々に景色が変化するわ・・



e0033713_10022741.jpg



初日の出は拝めるわ(あ、初じゃなかったか。。。)


e0033713_10023878.jpg



次から次へと姿が変化するので、見ていて全然飽きません。

ほんま、すごいなあ、なぱなの里。。。

圧倒的な人工の光の前で、本物のお月さまの方が作り物のようです。


e0033713_10112713.jpg




滋賀県からはそんなに遠くない所にあるので、時々ここには行きますが、
確かに今年のイルミは近年で一番良かったですね。

でも、毎年毎年、来場者を驚かさないといけないから大変だなあ・・








帰りは真っ赤なもみじのトンネル。


e0033713_10175752.jpg




その後わたしたちは、来場者が誰でも絶対に言うと思う会話、

  その1 電気代はいくらくらいかかるんやろ??
  その2 これだけの電球を飾るのはホンマにたいへんやろなあ・・
  その3 いや、片づける方がもっとたいへんかも。。

などなどをきっちりと交わしながら、
大満足で帰路についたのでありました。




e0033713_10175100.jpg










おまけ・・

ご飯は園内のイタリアンレストラン 麦 で、ディナーのA



e0033713_10261322.jpg




e0033713_10253312.jpg


e0033713_10260970.jpg














  



















かぼちゃのカルボナーラのピザと前菜とサラダ。

このあと、コーヒーを追加してて点灯のカウントダウンに遅れたんだよ。。。。











にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-01-16 10:31 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

12月の読書


e0033713_09031525.jpg



鏡の花(道尾秀介)
QED flumenホームズの真実(高田崇史)
検察側の罪人(雫井脩介)
憑き物(鳥飼否宇)
京都西陣シェアハウス(鏑木連)
キアズマ(近藤史恵)
だから荒野(桐野夏生)
足のカカトをかじるイヌ(椎名誠)
松谷警部と目黒の雨(平石貴樹)
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)
とっぴんぱらりの風太郎(万城目学)
僕のつくった怪物(乙一)
新たなる希望(三谷幸喜)



e0033713_09035046.jpg



検察側の罪人(雫井脩介)

  既に時効となった過去の殺人事件の犯人が新たな事件の容疑者として浮上した。
  以前の事件の被害者を知る検事は、男が過去の罪を償っていないことにこだわり・・・

  罪を償うということはどういうことなのか、
  逮捕され、言い渡された刑を全うすれば償ったことになるのか、
  また、被害者にとって事件が終わるときとは・・・

  検事のとった行動は私には大変不満です。




色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹)

  これはもう、アマゾンにのってたどなたかの感想の方がおもしろい。。。(こちら
  




とっぴんぱらりの風太郎(万城目学)

  京都(鴨川ホルモー)、奈良(鹿男あをによし)、大阪(プリンセストヨトミ)、滋賀(偉大なるしゅららぼん)ときて、
  今度は伊賀忍者。
  だけど舞台は安土桃山時代の京都、大阪・・・そうきましたか!
  でも、おもしろい!!
  しかもあの作品の前段だったんだな・・なんて思うとさらにおもしろい!!




僕のつくった怪物(乙一)

  日本版ハリーポッターか、ロード・オブ・ザ・リングか・・・って感じ。
  壮大な物語になる予感。






e0033713_09234964.jpg
  



12月はやはり年の瀬ということもあり冊数は少なめですね。

図書館から予約本の順番が回ってきたというお知らせが次々に来て、忙しいったらありゃしない。
以前は借りた本が期限までに読み終えられないなんて考えられないことでしたが、
この頃、読まないで返却する本が出てきてしまいました。

借りるときに欲張らないようにしなくっちゃ。。。。




           詳しい感想は こちら
 






e0033713_09320683.jpg




写真は京都ご飯など・・・

上から

     上七軒 グリル彌兵衛 オムライス
     札幌 かに家 かにちらし (大丸デパ地下)
     点天 揚げ餃子 (大丸デパ地下)




グリル彌兵衛さんは花街上七軒の老舗。
ふわっとろのオムライスはデミグラスソースも卵も絶品です。  

                            グリル彌兵衛    オムライスランチ1050円




デパ地下グルメも捨てがたいよね。

                             札幌下に家 かにちらし 680円
                             点天 揚げ餃子 315円 









[PR]
by michirudesu | 2014-01-10 09:44 | 読書な日常 | Comments(0)


去年大学院に入れてもらったばかりなのにもう就活をしないといけない息子・・

海のものとも山のものともいえない頼りない若者を雇ってくれる、
そんなチャレンジャーな企業が存在することを祈るのみでございます。




祈る・・といえば・・・



e0033713_09063858.jpg


受験の時からずっとお世話になっているここ、
北野天満宮に出かけてしっかりと就活の成功をお祈りしときましたわ。
(そういうときしか思いださへんねんな・・と神様に思われているかもしれない。。。。)




でその後、桂にある息子の下宿にいただいたお守り等のお願いグッズを届け、
(実験で泊りこみだとかでご本人には会えないんだよぉ・・)
せっかくだから近くにあるお寺、地蔵院に行ってみました。





冬枯れの木々の奥、総門を入り・・


e0033713_09153157.jpg




青々とした竹の間を抜けたところにあるのがご本堂。


e0033713_09181467.jpg





e0033713_09221794.jpg




ここは一休禅師が幼少のころに修行をされたお寺。
別名竹の寺とも呼ばれています。

ご本尊は当然ながら地蔵菩薩(最澄作といわれる)。




去年の夏のキャンペーンにもなっていましたね。


e0033713_09304761.jpg
                                              (JR東海さんから拝借・・)



本来はJR東海さんのお写真のように濃い緑に囲まれたお寺なのですが、
真冬の今はこんな感じ。


e0033713_09430026.jpg
                この中門の奥のお庭や方丈は撮影禁止です。







だーれもいない・・・



e0033713_09215744.jpg




たったひとりで静かな境内にいる間、ずっと、

さわさわ、さわさわ・・・・

風に揺れる竹の音が聞こえていました。




e0033713_09495938.jpg




冬の京都はホントに、ホンッットに寒いです。

わずかなバスの待ち時間も我慢できなくてカフェに逃げ込んでいた私なのに、
ここの境内やお庭を巡っている間は寒さをあまり感じなかったのは不思議なことでした。















・・・と、静かに終わればいいのに
ここからは怒涛のごとく食べ物の嵐。。。。





最初はモンブラン。


e0033713_10342673.jpg



e0033713_10344161.jpg




上・・四条大宮 カフェマリーン の モンブラントルテ
下・・四条烏丸 COCON烏丸1F オーバカナル のモンブラン




モンブラントルテは黄色いクリームの昔ながらのモンブラン。
優しい甘さの癒しのお味です。

オーバカナルの方は洋酒を効かせた現代のモンブラン。
タルト土台も香ばしくて、栗の香りも高い本格派でした。




                 カフェマリーン モンブラントルテ
                           ミニケーキ2個と飲み物のセットで680円
                 オーバカナル モンブラン 750円







和菓子も・・


e0033713_10395283.jpg


e0033713_10414289.jpg


































京都市西京区 満月堂 の 栗雅

優しい甘さのあんこの中に栗が1個入った上品なお菓子でした。


                           満月堂 栗雅 170円




続いて栗以外のお菓子。


e0033713_10443377.jpg



e0033713_10444413.jpg


e0033713_10444792.jpg




































上・・北野天満宮近く、上七軒の グラース・セゾン 黒豆のロールケーキ
下・・満月堂 の 苔の石



黒豆のロールケーキはスポンジも甘さもふんわりで癒されます。
満月堂の苔の石はかりんとう饅頭。
かりっとした外側が香ばしくてクセになりそうなお菓子です。



                    グラースセゾン 黒豆のロールケーキ 飲み物とセットで830円
                    満月堂 苔の石 110円









ほんっと、冬の京都は寒いです。
なのでちょっと歩くたびにカフェに温まりに入る羽目になり、
方々で本来の目的以上に食べることになってしまうんですよねぇ。。。




この上、ごはんも食べたってかぁ・・・・(つづく)






 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-01-09 10:59 | マロンな日常 | Comments(0)


快晴のグランフロント!!


e0033713_08524565.jpg




新しい年、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

娘夫婦や息子が帰っている賑やかさから一段落したところで、
私はひとりでお出かけをしてきましたよ。

開業したのは去年の4月でしたか?
もうそろそろ落ち着いたかなと思ってグランフロントまで。



e0033713_08563493.jpg



ものすごい人だと聞いていましたが、
多くの会社が仕事はじめだと思われる日だったかせいか、
人はそれほど多くありませんでした。


いやあ、皆さんが働いてる中で一人遊んでて申し訳ないような、楽しいような・・・





しっかし、すごいですねぇ。。。


e0033713_09022033.jpg




どこまでが空で、どこからがビルなんだか・・・


おまけにお隣はまだ工事中。
何ができるんだろ??


e0033713_09035983.jpg




・・・それはともかく、グランフロントのお店は、
高級店から手ごろなお店までいろいろあるし、
雑貨屋さんも結構たくさんあって、
ぶらぶら歩くオバチャンにも楽しいところでありましたよ。





e0033713_09073867.jpg





ビルの上に緑も・・・。
あんまり人が来そうにないからこっそりくつろげるかも。。。


e0033713_09075874.jpg







さて、わざわざ大阪まで出かけたからには・・・



e0033713_09185190.jpg


栗でしょ!!


・・・じゃなくて、モンブラン!




e0033713_09204293.jpg



南館9階 ザ・コスモポリタン  丹波栗のモンブラン


まあ、場所も高いところにあるけれど、
お値段も態度もお高い。。。。


入り口でコートを預かってくれるというのはありがたいけれど、
デザートだけの利用はカウンター席しかダメだって。
(でも、店内が~らがら・・・ていうか、だーーれもお客いないジャン!)



e0033713_09322435.jpg


モンブランはうまい!!


栗の香りが濃ーーい。
でもって、ただ濃いだけじゃなくて
甘さとクリーミーさのバランスが絶妙というか、なんていうか・・・。

栗感ばかりを主張するのではなくて、
いろんな味の中から栗の香りがすうーっと立ちあがるというか・・・

ホント、栗がおいしいです。


お皿に敷かれているキャラメリゼされたソースの苦みがまた・・
大人ッ!!って感じ^^




                      ザ・コスモポリタン 丹波栗のモンブラン 1200円



    飲み物がアータ、800円だよ。そこへ+10%のサービス料!
    ここの1800円のランチよりずっと高くつくのに、
    席が空き空きなのに、
    カウンター・・・・(相当根に持ってる。。。)








続いてもうひとつ・・


こちらはホテルタワー


e0033713_09534767.jpg


インターコンチネンタルホテル大阪 1階のパティスリー ストレス  ゆずモンブラン


パティスリーSTRESSED。

デザート(DESSERT)を逆さまにしてストレス(STRESSED)だって。


確かにデザートを食べすぎた後の体重計はストレス・・
・・て、違っ!!




e0033713_09560782.jpg



柚の香りがもうめっちゃ爽やか!!

栗クリームに柚がまぜてあるのかと思ったけどそうじゃない。
生クリームの中でもない。
その二つの間にすこーし柚のジャム??があるようです。


栗クリームが負けるような気がしないでもないけれど、
この爽やかさは捨てがたい。
数あるモンブランの中にこういうのがあるのは嬉しいことです。


あ、外の白い丸い部分は生クリームじゃなくてメレンゲだよ。




        インターコンチネンタルホテル大阪 ストレス   柚子モンブラン 飲み物とセットで1250円




   ここはホテルカフェのオシャレ空間なのになんだかとってもくつろげる。
   そういえばフロントの人も気さくだったなあ。
   お店の人の雰囲気って大事。(・・相当しつこい性格。)










せっかくなので人気のこれも一応お味見。



e0033713_10162457.jpg



うめきた広場 地下1階 シティベーカリー の プレッツェルクロワッサン

ひとり2個しか買えない上に大行列って聞いてましたが、
アサイチだったしすぐに買えましたよ。
(あでも、売り切れ必至だそうですから買うときはお早めに)



これは持って帰って家で食べました。
外側の適度なしょっぱさ、固さと中のもちもち感との相反する食感がたまらない。

こりゃうまいわ!!




              シティベーカリー プレッツェルクロワッサン320円




ついでにこっちもカリカリ、さくさくでおいしいよ。
アメリカンサイズで食べごたえも十分



e0033713_10480005.jpg



         シティベーカリー チョコレートチャンクッキー 280円












ところでグランフロントの開店は朝の10時。
実は前の日に京都に泊っていた私は大阪に開店前に着いてしまったのでした。


そこで・・・


e0033713_10510913.jpg


大阪駅 セントラルコートの エスタシオンカフェ 極(きわみ)モンブラン


中央改札口のすぐ近くにあるけれど、雰囲気は落ち着いた感じでした。





e0033713_10540775.jpg


中には巨大栗。

甘さが控えるといってもやっぱり甘みがほとんど感じられないのはイヤ。
そんなスイーツ好きにぴったりな、
ちょうどいい感じの甘さのモンブランでした。


             
                        エスタシオンカフェ 極モンブラン 530円








最後は帰りに寄った阪急百貨店のデパ地下 クラブハリエ から三角形のお土産。



e0033713_11013539.jpg




パイバーガー の モンブラン




e0033713_11033946.jpg



ハリエは地元だけど、これは梅田阪急限定だからね。

ハンバーガーでいうとパンの部分にあたるパイがさっくさくのパリッパリ!

栗クリーム、カスタードクリームは甘みが抑えてあって、
パイの香ばしさが引き立ちます。

ちょっと食べにくいけれど、
手に持ってがぶっといきたいモンブランでした。



              クラブハリエ 梅田阪急  パイバーガー モンブラン  430円










おまけ・・・


甘いもんばっかり食べてると違う味も食べたくなってくるよねぇ・・・




e0033713_11081774.jpg




グランフロント 北館 6階 百十(ももじゅう) お好み焼きイカ玉



昼どきは定食形式しかなくて必然的にサラダとスープ・・




e0033713_11114327.jpg


e0033713_11114797.jpg





































それにご飯まで出てきたよーーーー。。。
さすが大阪!!



e0033713_11115162.jpg



お好み焼きのソースがちょっぴり甘めでおいしい。

こんなに食べても980円。









やーれやれ、食べたのはこれで全部か・・・


・・・て、










前日は京都泊だって言ったでしょ!!








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-01-07 11:25 | マロンな日常 | Comments(2)



e0033713_00070750.png


[PR]
by michirudesu | 2014-01-01 00:07 | ごあいさつ | Comments(2)

好きなことしかしないっっ!!