e0033713_17493669.jpg


滋賀県大津市にあります。


しかし、なんですねぇ・・、
美術館といい、博物館といい、びわこホールといい・・、文化施設は全部、
滋賀県の南の端っこである大津市や草津市にあるのはどういうわけなんだい??

北部には文化なんか必要ないとでも??(怒!)

おかげで湖北に住む私たちは美術館訪問も1日仕事なんだから。。。。
ったく、嘉田知事さんにも何とか考えてほしいものであります。




e0033713_17543075.jpg



・・・と、文句をタラタラいいながら、
ダリ展 です。



でも、ダリ展・・ていうのにこのパンフの写真はどう見たってルノワールのよう。
ダリってこんな絵も描いたんだっけ??
・・とか思って感心してたら、この絵はやっぱりルノワール作じゃないか!

こんなところが滋賀県の美術館の滋賀県たるゆえんのようで、なんかかわいい。




  まあ、今回の企画展の正式名は、
  『幻想の画家ダリとフランス近代絵画の巨匠たち〜諸橋近代美術館コレクションより〜』
  だから、これでいいんですけどね。






それはともかく、
展覧会は面白かったです。

ダリの他に、ピサロ、セザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、マティス、シャガール・・・
印象派からエコール・ド・パリからシュルレアリスムまでの絵をたくさんみられて、
とっても充実した内容でしたよ。


人がチョー少ないのも、ホントにゆっくり好きなだけ絵を見ていられてグッドです。





e0033713_18022329.jpg




ダリっていったら、上のような、曲がった時計の絵が思い浮かぶけれど、
あれって、彼が食卓の上で柔らかくなったカマンベルチーズを見て思いついたんだって。

・・なんていうトリビアも仕入れてしまいましたわ。



でも時計の絵はあんまりなかった。

ダリらしいのはこんな絵の他、数点だったかな。



e0033713_18073986.jpg
       お土産の絵ハガキを撮影。




会場の終わりにはこんな面白い展示もありましたよ。



e0033713_18155749.jpg


シカゴ美術館所蔵のダリの作品
『シュルレアリスム的アパートメントとして使用可能なメイ・ウェストの顔』
    ・・・なんちゅう長い題や。。
を立体的に再現したコーナー。


リップソファに座って写真とかを撮ってもOKです。


ダリの世界に自分も参加してるみたいでおもしろかったですよー。


e0033713_18180019.jpg










  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-02-26 18:27 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)


    はじめに・・・
       今回の記事は長いよー。
       3メートルくらいあるかもしんない。。。。





『商店街』って、いいですよね。

地方ではスーパーなどの大型店舗の進出によって廃れてしまっているところも少なくないですが、
京都にはまだまだ元気な商店街がいくつも残っています。




e0033713_09224259.jpg


この京都三条会商店街もそのひとつ。

三条通りを堀川から西に入っていったところにある商店街ですが、
以前から一度行ってみたかったこの商店街をぶらぶらと歩いてみましたよ。





まずは、入り口、堀川三条にある和菓子屋さん、
三条若狭屋 でお茶。(いきなり休憩かい!!)



e0033713_09285086.jpg


ここは、祇園ちご餅というお菓子が有名で、
飲みものに100円プラスするだけでこれをいただくことができます。




『稚児餅(ちごもち)』というのは、
祇園祭の長刀鉾の稚児に選ばれた少年が
位をいただくために八坂神社にお参りする行事でお供えされるお菓子のこと。
(7月13日から31日まで、八坂神社のお隣の中村楼で食べることができます。)


三条若狭屋さんの『祇園ちご餅』は、それにちなんで考案されたもので、
甘く炊いた白味噌を求肥とお餅で包んだお菓子です。






その祇園ちご餅とおまけに付けてくださるお干菓子とのアップ。


e0033713_09312987.jpg


やわらかぁ~い!
中の白味噌もほんのぉりと甘くて、ほんのすこーしだけかすかにしょっぱくて・・
なんて上品!!

まさに“はんなり”としたお菓子どすなあ・・って感じ。

堀川通りを眺められるようにカウンターが作ってあって、
のんびりと過ごせますよ。



                   三条若狭屋 ちご餅のセット  500円








次はモンブラン。


e0033713_09573568.jpg



さらさ御供焼菓子工房 の モンブラン。

京都市内にいくつもある カフェさらさ のお店の一つだけれど、
ここはクッキーやスコーンなどの焼き菓子が中心でお持ち帰りだけ。



e0033713_10004968.jpg


モンブランは洋酒が使ってあると言っておられましたが、
そんなにきつくはなくて食べやすいお味。

タルトの土台の上にチョコレートの層が薄くあって、
それがパリパリ、とってもいい口当たりです。

さらに生クリームの中には栗の粒がゴロゴロ!
ホントにごろごろと言っていいほどたくさんはいっていてお得感もいっぱいです。

甘さも程よくてパクパクいけるモンブランでした。



               


ここでクッキーも衝動買い。


e0033713_11370314.jpg


なんか、ちょーかわいかったから。。。




                   さらさ御供焼菓子工房  モンブラン 500円
                                 MMのクッキー  ???円(忘れた。。)









さて、商店街をもう少し進むと・・・


e0033713_10063305.jpg


ここは八坂神社の境外末社 又旅社。

祇園祭の行事の一つとして、お神輿が神泉苑に渡御奉安されますが、
そのあとでここに移動して奉饌祭が行われます。


ご本殿はこちら。


e0033713_10133392.jpg


商店街の真ん中に由緒ただしき神社仏閣が普通にあるのが京都ですなあ。。





・・・とか言いつつ、その向かいの豆腐屋さんでつまみ食い。


e0033713_10152593.jpg


山崎豆腐店 の 豆乳おからドーナツ(プレーン)


もっちりとしてる。
でも冷たいのが難かな。
(・・て、トレイの上にあったから勝手に温かいと想像したワタシがいけないのです。。。)




                       山崎豆腐店 豆乳おからドーナツ  90円






さらにすぐ近くに唐揚げ屋さん発見!!

ちびから本舗 で おばあちゃんの唐揚げ っていうのを購入。

デカッ!!



e0033713_10211778.jpg


注文を聞いてから2度上げしてくれるので、
外はパリッパリ、中は熱々のじゅわじゅわ~・・・。

ちょっと甘めのお醤油味がめっちゃ好みです!
家が近くだったら通うかも。。



                  ちびから本舗 おばあちゃんの唐揚げ 148円(安っ!)






唐揚げは商店街のなかほどにある広場でいただきましたよ。



e0033713_10305503.jpg


お日さまの光がさしていて寒くはなかったけれど、
気候いい時期ならもっとゆっくりできそうです。









ではつづき・・・


今度はパン屋さんのモンブラン。



e0033713_10341530.jpg




ベイクハウスデンデン の モンブラン。



e0033713_10393089.jpg


意外に・・といっては失礼だけれど、お酒の香りがほんのり漂う本格派。
甘さの具合もちょうどいい。

でもって、さすがパン屋さんといいましょうか、
土台のスポンジの部分がしっとり、もっちり、とってもおいしいです。

飾らなくて、気軽に食べられるモンブランでしたね。


    
               ベイクハウスデンデン  モンブラン 180円(これも安っ!!)









次はまだ食べてないヤツ。


チョコレート専門店 ダリK 生チョコクリーム。



e0033713_11125152.jpg



お店に入っただけで甘ーいというか、酸っぱーいというか、
カカオのフルーティな香りがふわぁぁっと漂っています。

このクリームは何かに塗ってもよし、牛乳で溶いてホットドリンクにしてもよし、
さらに、凍らせて濃厚アイスにしてもよし、ですって。
楽しみ。。。



                        ダリK 生チョコクリーム 350円










ところで、京都には路地(ろおじ)や辻子、図子(ずし)と呼ばれる狭い道がたくさんありますが、
ここにもありました。

鉄砲図子。


e0033713_10534379.jpg


・・・て、なんの変哲もないただの道ですわな。

図子の中にはおもしろい謂れがあるものもあるのだけれど、
ここには何か由来があるのでしょうかねぇ???




鉄砲図子の角にはこんなお店がありましたよ。


e0033713_10562798.jpg

ロープ専門店。

荷造り用とか登山用とか緊急避難用とか???
はたまた首を絞める用とか・・あわわわわ・・・

そんなものの専門店ってあるのだなあ・・・・。






・・・とか、感心しながら歩いているとたこ焼きが・・・。


e0033713_11150379.jpg


幸福屋 のたこ焼き。



つまようじで持ち上げるのが大変なくらいとろっとろ。
でも千切れてしまわないギリギリのところを保つという、まさに絶妙の柔らかさ!

でもってソースがちょっと甘めで、これがまたツボでした。
ホント、おいしい。


さすがにこれは歩きながら食べるわけにいかず、
駐車場に停めてあった車に戻ってからいただいたのですが、
時間がたってもこのおいしさならば、
出来立てのアッツアツならばどれだけおいしいか、
・・と、今度はあの広場ですぐに食べたいものだ・・と思ったのでした。







幸福屋ではこちらもお買い上げ。



e0033713_11243504.jpg



実はこれの前に、あとから登場するハンバーガーも食べていたので、
このあたりでそろそろお腹が限界。

でも、冷めたタイ焼きは嫌だからこれも今食べなくっちゃ!
・・と、袋を開けたら一匹だけ買ったはずが出てきたのは2匹!!
(ぼんやりしてたけどそういえば払ったお金が2匹分だったような・・???)




さすがに、うっ!って感じ。
ショックで写真もぼやけている。。



e0033713_11291880.jpg



・・・食べたけどね。(もちろん一匹だけだよ!!ひとつはお持ち帰り。)

甘さが抑えてあってあっさりとしたタイヤキくんでした。
皮の部分がもちもちしててよかったです。



                         幸福屋  たこ焼き(6個) 320円
                               タイヤキ 120円










さて、三条会商店街は千本通りでおしまいです。
(こっちからきたら入り口というわけですね。。)


で、真打ちの 登場!!



e0033713_11365564.jpg


ミートショップ ヒロ の ヒロバーガー
(写真用にパンをずらしてあります。)


パンが焼いてあってめっちゃこうばしい!!
そこに甘辛い味がしっかりついたお肉がどどーんと自分を主張してきます。
パンとお肉が対等のおいしさっていいですよね。

食べすすめている中に時々、
ピリッ!とカラシが効いてくるのも嬉しい刺激。
これはおすすめです。

その場で手作りされたバーガーのチェーン店にはない力強さを初めて知った気がしました。





このお店・・

お肉屋さんなのだけれど、
お弁当とかハンバーガーとかコロッケとか、お持ち帰りのがやたらおいしそうなんです。


なのでもちろんコロッケも購入。


e0033713_11465308.jpg


お肉たっぷり、
それで、ちょっぴり甘くって、


まさに、お肉屋さんのコロッケ!!



時間がたってもサックサクでした。




                     ミートショップヒロ ヒロバーガー 350円
                                コロッケ 90円







最後はふたたびパン屋さんです。



e0033713_11494996.jpg


















e0033713_11495783.jpg
























ベーカリーバタバタ の ミルクレーズンパン(左)とクリームパン(右)


どっとりとしたハード系のパン。
私のお気に入り、ル・プチルック にちょっと似てるかな。



e0033713_13294584.jpg
e0033713_13295040.jpg


歯ごたえがめっちゃいいです。
で、噛めば噛むほど甘みがでてくる感じですね。


ミルクレーズンパンのミルククリームもクリームパンのカスタードクリームも、
そんなに甘くなくて優しい感じでした。




                ベーカリーバタバタ ミルクラムレーズンパン 150円
                            クリームパン 160円









e0033713_13355259.jpg



いやあ・・長々お付き合いありがとうございました。

こうして書いてみて気がついたんだけれど、
ここの商店街の食べ物、どれもおいしくて、それに・・・

安いよね!!



来た人に“また来たいなあ・・。”って思わせる、
そんな商店街でしたわ。



 ※なお念のために言っときますが、
  全部いっぺんに食べたわけじゃないですよ。
  一部はお持ち帰りで翌日にいただきました。
  




さらにいいわけ・・・

先週に続いて何回京都に出かけてんねん!・・て言われそうですが、
今回は、これがこうなっちゃったから急いで買いに行かないといけなかったです。。。



e0033713_13394848.jpg



和太鼓の練習をしていたらば、
演奏してる最中にいきなり、バギッッッ!!!と・・・・


いやあ、びっくりしたったらありゃしない。。

私って、そんなに怪力だったかしら????
明日と来週は出演を頼まれている会合もあるから、バチがないとどうにもなりません。



無事に手に入れることができました。



e0033713_13421286.jpg





て・・・













食べ歩きとどういう関係が???









 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-02-22 13:49 | マロンな日常 | Comments(0)

レア金閣寺




昨日は京都市内に雪が積もりました。


なので、一年のうち、一日あるかどうかというレアショット、
そう、ニュースなどでおなじみの雪の金閣寺ですよー。





e0033713_16312194.jpg









ちょっとアップで・・



e0033713_16313131.jpg



昨日は朝になってもまだ雪が降り続き、
ほんとにほんとに寒かったです。

まさに真冬の金閣寺!!って感じ。。。





e0033713_16300032.jpg




上にのってる鳳凰さんも寒そうです。




e0033713_16403110.jpg




いや、何でこの雪の中、わざわざ京都に行ってたのかというと、
娘から珍しくメールがきて、
来月、海外に出張するからウチ置いてあるスーツケースを持ってきてほしい・・
って、言われたからなんですね。


せっかくだから一緒にお昼でも食べようかと決めておいた日が
たまたま大雪だったというわけで・・・


ホントは待ち合わせ時間まで漫画ミュージアムで漫画三昧の予定だったのですが、

漫画なんか読んでる場合じゃない!!と・・・








では、あとはレアな金閣寺のお写真をどうぞ・・・






e0033713_16523666.jpg








e0033713_16564755.jpg








e0033713_16484273.jpg






e0033713_16440194.jpg







e0033713_16502459.jpg








e0033713_16594710.jpg









e0033713_17031838.jpg







 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-02-15 17:06 | 京都な日常 | Comments(0)


先週は寒かったですねー。
びわ湖の北にも少し雪が降りましたよ。


そんな中、女子会・・・
(・・ていうと、世間から不当表示のクレームがきそうなので、)
オバ会・・・に出けてきましたよ。


e0033713_09175358.jpg


京都市中京区にある プチレストラン ないとう

お写真は1日20セット限定のスペシャルランチセットのメインディッシュ。



ハンバーグにひれカツにカキフライに・・・
て、洋食屋さんの横綱ともいえるメニューを全部集めたような、
まさにスペシャルなランチでございます。


お味の方も、丁寧に丁寧に作られていることが分かるような、
口の中にすっとなじむ優しいお味。
うーん・・
ご飯がすすんでしまうではないか。。。






あ、前菜やデザートも載せときましょうね。


e0033713_09253784.jpg



















e0033713_09255556.jpg




















e0033713_09254265.jpg




前菜には大根のフライが出てきましたよ。
大根ってフライにするんだなあ・・。

最初から味がついてる大根をフライにしてあって、意外においしい。
「おでんの残りでできるんちゃうか??」
・・と、大胆不敵な発言をしあうオバサンたち。。。。





ところで、このレストラン・・

京都の街のほぼ真ん中にありますが、玄関がこれですわ。


e0033713_09323043.jpg


いやあ、ほんとにここでいいのか??と・・
他所のお宅に来てしまったんじゃ??と・・
開けたら家の人に「どなたハンどす??」なんて言われるんじゃないかと・・
マジで心配してしまいましたよ。




中はお庭の見える席や蔵の中の席(要予約)とかもある素敵な空間。




             プチレストラン ないとう スペシャルランチ 2500円









この日のデザートはお茶屋さん。


e0033713_09451871.jpg



創業約300年の日本茶専門店 一保堂 の喫茶室 嘉木で くき玉露。


お店の人が横についてお茶の淹れ方を1から教えてくださいます。





玉露は60度くらいのお湯だけど、くき玉露は熱湯で。
お茶の葉は一回にこのくらい。


e0033713_09413769.jpg



思ったより多めかなあ。
ほうじ茶をお願いしたお友達の場合は、思ったよりものすごく多めで驚いていました。
焙じるから軽くなるので、
見た目、普通のお茶の倍くらいじゃないといけないようで・・




お湯を入れたらすぐ、1秒もおかないで、
お湯のみを裏返す時間ももどかしく、
まさに電光石火でお湯のみにそそぎます。


急須をぐるぐる回してはいけません・・
とか言われて、ショックを受けるオバサンたちと、
早く早く・・とせかされてあわてるオバサンたち。。。




e0033713_09371968.jpg

美しいですねー。



最後の一滴までそそいだら、急須のふたを少しずらしておきましょう。

ふたをしたままだと中の温度が上がったままなので、
お茶の葉がどんどん開いていってしまうからだって。




お菓子はうぐいすもち。


e0033713_09472588.jpg



・・でも、緑の部分は青のり、しかも中にゴマ!!



e0033713_09523637.jpg



びっくりするけど、これが意外にも香ばしくておいしかったです。



同じ要領でお湯を注いでいって、だいたい3杯くらいお茶が楽しめます。


普段はコーヒーしか飲みませんが、
日本茶もキチンと淹れるとおいしいなあ・・
なんて認識を新たにしたのでありました。



                一保堂 嘉木 くき玉露 683円 (お茶は全部和菓子付き)







いやあ、滋賀から京都にまで出かけての女子会オバ会。

なんで、わざわざそんなに遠くまで行くのかというと・・・










往復の車内でおしゃべりの時間が
たぁぁっぷりとれるからだよ。





   にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-02-12 10:10 | 京都な日常 | Comments(1)

1月の読書




e0033713_10254899.jpg


 スナックちどり(吉本ばなな)                                       
 慟哭の家(江上剛)
 ようこそ授賞式の夕べに(大崎梢)                                   
 シェエラザード(浅田次郎)
 ガソリン生活(伊坂幸太郎)                                       
 書楼弔堂 破曉(京極夏彦)
 水族館の殺人(青崎有吾)                                        
 微笑む人(貫井徳郎)
 笑う娘道成寺(鯨統一郎)                                         
 マラリア(桂美人) 
 だるまさんが転んだら(堀内公太郎)                                  
 お任せ!数学屋さん(向井湘吾)
 レバ刺しの丸かじり(東海林さだお)                                   
 赤い夢の迷宮(勇嶺薫)
 森のくまさん(堀内公太郎)                                        
 新・日本の七不思議(鯨統一郎)
 アリバイ崩し(鮎川哲也)                                         
 三匹のおっさんふたたび(有川浩)



e0033713_10285400.jpg



シェエラザード(浅田次郎)

  終戦間近のころ、一般人の乗客を二千人以上ものせたまま魚雷にやられて海に沈んだ船があった。
  ミドリ十字をかかげ、敵国の捕虜のための物資を運ぶという目的のため、
  攻撃対象からは外されているはずのこの船が攻撃された理由は何だったのか・・
  
  なにも知らずに安全と信じて犠牲になった人々、
  軍部の無謀な裏の目的を知りながら船を運航せざるをえなかった者、
  どちらの悲しみが深いのか・・



ガソリン生活(伊坂幸太郎)

  駐車場に停まっている車たちはみんな会話をしているんだよ。
  望月家の愛車、緑のマツダデミオから見た彼らの生活は・・

  車たち同士の会話で進むお話。
  ものすごくびっくりすることを「おもわずワイパーが動いちゃう」とか、
  呆れかえることを「あいたボンネットがふさがらない」とか言うんだよ。



だるまさんが転んだら(堀内公太郎)
森のくまさん(堀内公太郎) 

  第10回『このミステリーがすごい!』大賞の隠し玉としてデビュー。
  ふざけたような題名でさらりとした書きぶりだけれど、意外に本格派ミステリ。



赤い夢の迷宮(勇嶺薫)

  児童、青少年向けのミステリ作家“はやみねかおる”さんが大人向けに“勇嶺薫”として書かれたミステリ。
  こっちはちっともほのぼのとしてません。






その他、詳しい感想は  こちら 







写真は、先日日吉大社に行った時に食べたお昼ごはん。

ショットバー ケンゾウ の とろとろオムライス。

ショットバーだけれど、昼間はオムライス屋さんだという庶民のお店。
お店に着いた時にはお昼の時間が終わってたというのに開けてくださいました。

甘めのソースがおいしい^^









 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-02-01 10:47 | 読書な日常 | Comments(5)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28