ツツジの次は 牡丹!!




e0033713_13284942.jpg



同じく長岡京市にある乙訓寺(おとくにでら)です。


e0033713_13274361.jpg



ここは、平安時代に弘法大師空海と伝教大師最澄が最初に出会われたというお寺であります。

境内では数々の牡丹が花盛り。



e0033713_13280641.jpg





e0033713_13281558.jpg




e0033713_13281878.jpg




どうです??

なんだか、極楽浄土っ!!っていう雰囲気でしょ!







しかしながら、このお寺にはもう一つの歴史があり・・


桓武天皇が長岡京を造営をしている際、造営の責任者が暗殺されるという事件が起こり、
その事件への関与と天皇への造反の疑いをかけられた早良親王はこの乙訓寺に幽閉される。
無実を訴える早良親王は絶食するという抗議をしながら憤死。
その後帝の母親や妻が死亡、天変地異も相次ぎ、
早良親王の祟りと恐れた帝は再びの遷都を決意することになる。


その遷都によってできたのが平安京。
怨霊を恐れる桓武天皇が新都、平安京に幾重もの守りの呪(しゅ)を施したのはご存知の通り。






お寺には、かの親王の供養塔もちゃんとありました。


e0033713_13400319.jpg









それでは、そんな悲劇と権謀術数の話とは無縁のお花の写真をまとめてどうぞ。



e0033713_13530717.jpg







e0033713_13532262.jpg







e0033713_13532593.jpg






e0033713_13552131.jpg








e0033713_13534959.jpg








e0033713_13533559.jpg








e0033713_14013614.jpg








e0033713_14015624.jpg








e0033713_13540300.jpg









おまけ・・・・



e0033713_14042915.jpg























e0033713_14044248.jpg

























e0033713_14044970.jpg








上・・長岡京市 うを寿 竹の子姿ずし

  お酢が柚子の香り。
  フルーツの酸味のみで味付けたかのような優しい酢の加減とほんのりとした甘さ。
  普通のお寿司よりさらにさっぱりとしている感じ。
  めっちゃ上品やわぁ。。

               1296円





下・・弥次㐂多 冷やし白玉しるこ

  甘い中にぷにぷにした白玉がいい感じ。

              780円(祇園値段っ!!)








・・と、最後はやっぱり食い気に・・・・

だってねぇ・・、長岡京市はタケノコの里だっていうしねぇ、
ていうか、あっちでもこっちでもタケノコ、タケノコって売ってるしぃ・・・

・・


で、祇園の甘味はなにゆえ???





 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-04-29 14:21 | 京都な日常 | Comments(1)


右も・・・・


e0033713_18485541.jpg



左も・・・



e0033713_18484858.jpg




赤一色!!





e0033713_18500695.jpg






e0033713_18502429.jpg






ここは、京都府長岡京市 長岡天満宮であります。



e0033713_18510983.jpg




境内へと向かう参道にはツツジがいっぱい。




e0033713_18521037.jpg









・・・ていうか、ツツジだらけっ!!





e0033713_18534318.jpg




e0033713_18533646.jpg





e0033713_18535021.jpg






こうまで赤一色だと、なんだか他の色が恋しくなってくる。



e0033713_18571754.jpg





e0033713_18554225.jpg



そんなわけで、こちらがご本殿です。
(・・て、このバチ当たりものっ!!)



天満宮ですから、ご祭神はもちろん菅原道真公。
息子もなんとか就職先が決まりそうなのでお礼を申しあげておきました。

ツツジは人がいっぱいですが、
境内はけっこう静かで落ち着いた佇まいでした。

新緑の青紅葉も美しく、きっと秋もきれいだろうなと思いました。









それでは、続きに極力赤以外を入れたお写真をどうぞ。



e0033713_18574931.jpg





e0033713_18573914.jpg







おまけ・・・・




e0033713_19024347.jpg




















e0033713_19024751.jpg


























折りしも写真に見える池(八条が池)で開催中だったご当地グルメ対決より、
向日市激辛商店街から ニューバード。



ニューバードというのは、京都ではなじみが深いソーセージを入れた揚げパンのことだよ。
このニューバードはゆで卵も入れたカレーパン。

激辛商店街提供だけど、これは辛くなくていい感じ。



                 激辛商店街(どのお店のかは不明) ニューバード   180円











そういえば京都のパン特集はどうした????


 













 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-04-28 19:15 | 京都な日常 | Comments(0)


菜の花だらけっ!!




e0033713_17591924.jpg






   

e0033713_17592386.jpg





この川、天の川っていいます。
なんともロマンチックな名前をつけたものです。

天の川といえば、あの織姫と彦星のお話を思い出しますが、
この川がびわ湖に出る辺りには、
そのお二人を祀った神社が両岸にちゃんとあるんですよ。





e0033713_17591461.jpg





花っていったい何を合図にして咲くのでしょうねぇ。

日照時間とも気温とも、いろいろ考えられますが、
今年は菜の花がこーーーんなに一斉に咲きました。

それにしても例年こんなにいっぱいあったっけ???







e0033713_17595165.jpg






桜を追い求めてうろうろしているうちに、
いつの間にか季節がすすんで新緑の山が美しくなっています。

世間はゴールデンウイーク目前!!



パソコンの中にため込んだお花見のお伴の写真を整理してしまいましょう。




e0033713_18130624.jpg



京都市中京区 すし善 の 上ちらし。

これね、びっしりと敷き詰められたきんし卵の下に・・・



e0033713_18131080.jpg



これまた、お刺身がびっしり!!

酢がおだやかでほんぉりと甘いすし飯がまた具を引き立てて、
これはもう、お箸が止まらなくなること必至です。

次は何が隠れているかな?と食べ勧めること自体がまた楽しみ。




                           すし善 上ちらし  2100円








うって代わってこちらはカレー。


e0033713_18133553.jpg


二条城の近く 喫茶チロル  の カレーライス。

なにせか古いお店で、それはそれで魅力的だったのですが、
行きそびれているうちに改装されてなんだかすっきりとしたお店になっていました。


でも、お店の人やお客さんたちはいつもの通り(たぶん)。

適度に気楽で適度に親切で・・

カレーもまさに『喫茶店のカレー!!』って感じ。
懐かしくて、初めて食べたのに、
“ああ、これこれ!”なんて思えるカレーでした。




                喫茶チロル カレーライス  650円







e0033713_18313071.jpg




・・・て、

黄色い菜の花を見たからきんし卵のちらし寿司やカレーを思い出したのかぁ???










今年はホントに何度もお花見に行きました。

走行距離は1600キロにもなりました。
で、そのたび毎にご馳走ばかりを食べてたら大変なことになってしまいます。
(体型の心配もさることながらお財布の中身的にもね・・・)

なので・・というわけでもありませんが、
京都ってパン屋さんが多いんですよね。





・・・というわけで、次回はパン特集。。。。






 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-04-25 18:48 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

  
 桜の季節が終わりましたねー。

 京都の桜ばかりを追いかけていましたが、
 実はこちら のおくさまを見習って、
 やっぱ地元も押さえておかなくっちゃ・・と、公園にでかけてみたのです。





 長浜城




e0033713_11170283.jpg




e0033713_11165672.jpg








 ここはびわ湖岸にあるせいか、市内よりも桜の開花が遅いのですが、
 今年はいつもにもまして満開の時期が遅かったような気がします。


 ・・でも、その遅い桜ももうおしまい。
 夜桜用の雪洞もあと片づけ中。




e0033713_11242989.jpg






 びわ湖の方にも行ってみる。
 



e0033713_11270150.jpg


 あいかわらず、ぼよよ~んとした景色だな。


 あ、そうそう猫さんものんびりお花見してましたわ。
 


 
e0033713_11301920.jpg
                    おくさまから教えてもらったフォントで写真をかざってみましたよ。。。








 こっちは余呉湖。




e0033713_11330180.jpg





e0033713_11345714.jpg


 びわ湖のてっぺん辺りにある周囲5キロほどの湖。
 小さい分、こっちの方が風景的に引き締まっている。

 びわ湖と同時期にできたようですよ。

 さっきのお城からは車でさらに北に一時間くらいです。



e0033713_11383791.jpg






 気温や雨の具合で、
 年によってはびわ湖の南から北まで、一時に桜が咲くこともありますが、
 今年は南から順番。

 おかげでいろんな場所でお花見が楽しめました。









 おまけ・・・・


e0033713_11353676.jpg
(これは滋賀製じゃなくて京都の桜の時に食べたヤツ)






  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-04-20 11:46 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)


 世の中に

    絶えて桜のなかりせば

        春の心はのどけからまし  (在原業平) 




e0033713_21092995.jpg




e0033713_21093709.jpg






 












































 ホント、
 あっちの桜が満開と聞けばそわそわ、
 こっちの桜が見ごろと聞けばまたいそいそ・・・
 4月は忙しいったらありゃしない。

 
 美しい花を愛でて癒されるはずが、
 走りまわって忙しいって、本末転倒でないかい???






e0033713_21095503.jpg







 ・・・とかいいつつ、あちこち走りまわったお写真をまとめてみましたよ。





     こちら   からご覧ください。



 

 注意) 
  ○例によって音が出ますのでパソコンの音量を前もって調節しといてください。
  ○写真は50枚ほどあります。お時間があるときにどうぞ。
  ○よかったらフルスクリーンでみてね。
        (公開期間は5月15日まで)







 
e0033713_21160499.jpg






 間に挟まっている春らしいお菓子たちは、上から・・・

   京菓子処 吉廼家 (よしのや) 花見豆腐
   カフェノイナー  桜の豆乳チーズケーキ
   吉廼家 おとぎ草子




       桜のチーズケーキはホントに桜の香り!
       甘さもちょうどよくてこれぞ春の味って感じ。



       吉廼家さんのは花見豆腐っていうけど、お豆腐じゃなくて水ようかんです。
       といっても、普通の水ようかんよりもちっとしていて
       口に入れたときの感じが何ともいえずここちいい。

       おとぎ草紙はもう、『かわいいっっっ!!!』のひとこと!
       あんまりかわいいから、それぞれをアップにしてしまおう。。。







e0033713_21244757.jpg




e0033713_21245371.jpg




e0033713_21245705.jpg








              京菓子処吉廼家  花見豆腐   411円
                         おとぎ草子  1080円
              カフェノイナー  桜の豆乳チーズケーキ  600円
      








  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-04-15 21:34 | 京都な日常 | Comments(1)



 ババーン!!!


 泣く子も黙る京都ブライトンホテル でおます。



e0033713_18174043.jpg




 ご近所主婦とお花見お出かけのランチはここの テラスレストラン フェリエ  にしてみましたよ。





 オーダーメイドランチ。


 メインのお料理はメニューの中から選んで、そのほかの前菜やサラダ、デザートなどは、
 「あちらのビュッフェ台よりお選びくださいませ~~。」
 の御言葉によって、自分で好きなだけ取ってくるスタイル。
 

 要するにバイキング形式ですが、
 高級ホテルではバイキングなんて言わずに、
 オーダーメイドランチ・・とこう言うけですね。
 なるほどぉ。。。
 





 
 もらってきた前菜・・・

 
e0033713_18112333.jpg
 


 
 それにサラダやスープなどなど・・・


e0033713_18112899.jpg
  テンションがあがって写真がぶれている。。。














そして、メインの登場だーいっ!!!





e0033713_18114095.jpg
  引き続きテンションマックスのため、写真はぶれぶれ。。





 メインは『国産ローストビーフ 赤ワインソース山椒風味』 名前ながっ!!


 くるくる巻いてるのを開いちゃうもんね・・・
 あ~れぇ~~、お代官様、おゆるしを~~・・・・(←バカ)


 
e0033713_18114416.jpg
さらにテンションが上がってるため写真が・・・て、もうええっチュウに!!







 前菜はバイキングにありがちな、
 “大量に作って保存しておきましたよー。”っていう感じが全くなくて、
 どれもとってもおいしい。
 ただのキャベツの炒めものまでひと工夫された美味しさ。


 メインはいうまでもなく、やわらか~~~~い!
 山椒のソースっていうからもっとピリッとするかと思ってけれど、
 それはなくてまろやか~なお味に仕上がっていました。

 家で食べるローストビーフとは厚さからして大違いなのでありました。
 (・・て、くらべるか?普通。。。)








 続いてデザートの部・・・



 
e0033713_18114946.jpg
 






e0033713_18435026.jpg






 さらにアイスも・・



e0033713_18115722.jpg


 デザートもどれも一級品のお味でございました。

 いや美味しかった。

 大満足!!





 
 えっ??
 これだけのお料理を全部食べたのかって???











  全部ワタシが一人で食べましたがなにか???


 






[PR]
by michirudesu | 2014-04-14 19:00 | 京都な日常 | Comments(0)



e0033713_19515402.jpg

   
 み~や~こ~   おぉ~どぉり~は~~~~・・・

        よぉぉぉ~いや  さぁぁぁぁ~~~~♡♡♡




e0033713_19520800.jpg



 声もピンクに色づいているようなカワイイ舞妓ちゃんの声で始まるのが、
 祇園甲部の都をどり。
 4月、1ヶ月間にわたっての開催です。




e0033713_19520144.jpg





 
 桜満開の京都。
 その一面のピンクの花々にも負けず劣らずの華やかさ。
 
 こちらもまさに花が満開でありましたよ。




 
e0033713_19521727.jpg
 



e0033713_19522177.jpg

                 写真  都をどり公式サイト  より 勝手に 拝借





 いや、可愛かった。
 きれいだった。
 華やかだった。


 恋の物語を全員女性が演じるところ、
 最後にみんなが勢ぞろいして華々しく踊りあげるところ・・・

 和様式版 タカラヅカですね^^








 ・・・というわけで、今回はベタな京都ツアー。


 
e0033713_20061500.jpg

 

 舞妓さんたち御用達。

 彼女たちが南座の顔見世を見て勉強をする花街総見のときに立ち寄る
 松葉  の にしんそばです。


 隠れているにしんをひっぱり出してみましょう。


 
e0033713_20062039.jpg


 

 意外にでっかいニシン。

 お味はあっさりとした薄味。
 でも決して水臭いようなことはなく、
 さらさらっと食べられて、それでいて食べ終わった後にはしっかりとした満足感がある。

 細めのおそばも舞妓さんたちのお口に似合いそうですね。
 












 ・・・で、京都のお花見といえば円山公園。

 ベタな桜を満喫しようと八坂神社を通り抜けようとしたら・・・・










 いたぁぁぁっ!!!




e0033713_20232679.jpg





e0033713_20192176.jpg



 
 うーん・・・

 本物かどうかは不明です。。。。









 ま、それはそれとして円山公園のしだれ桜はやっぱり風格がありますね。


 
e0033713_20181930.jpg




 まわりで飲めや歌えの大さわぎの人間たちをよそに、
 あくまでも孤高に気高く花をつけていました。

 



 でも、私は食べる方も重視。



 
e0033713_20281230.jpg


 
 いづ重  の 上箱寿司。

 こちらもお花が咲いたよう。

 酢がきつくなくてあっさりとしています。
 だからか、上にのってる具の味がとっても引き立っています。

 ほんのり甘いのあり、お刺身あり、ふんわりしたのあり・・・
 次々にいろんな味が楽しめてお箸を持つ手が止まりません。




 
e0033713_20340910.jpg




  
 自然の桜、舞妓さんたちの華、お寿司の花・・

 花、花、花・・で、大満足な一日でありました。







 


 デザートもベタにこだわって・・・・



 
e0033713_20355221.jpg




  ぎおん徳屋  で わらびもち。




 
e0033713_20355667.jpg



 
 ベタって言ったけど、こりゃあ全然ベタじゃないわ。


 もうっ、プルップルのとろっとろ!!




 あなたのわらびもちの概念が変わります!!!







[PR]
by michirudesu | 2014-04-11 20:44 | 京都な日常 | Comments(1)


 真言宗の僧侶、松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう)ってご存知ですか??

 もともと石清水八幡宮というのは神仏混合の宮寺。
 だから神社なのに僧もいる。

 江戸時代、
 石清水八幡宮で出家して密教を学び
 その後、阿闍梨(あじゃり)の位にまで上がったのがこの松花堂昭乗さんです。

 書道、絵画、茶道に堪能で、特に能書家としては大変有名だった方ですが、
 晩年はいまの八幡市の一隅に小さい坊をたてて、
 そこを松花堂と称して住まわれていました。



 その草庵茶室は現在の 松花堂庭園・美術館  の中に残っています。



e0033713_18554837.jpg






 折しも、松花堂庭園・美術館では椿展が開催されており、
 庭園にはあちこちに椿の花が・・





 しだれ桜と椿・・


e0033713_19060851.jpg






 椿の散歩道・・


e0033713_19055964.jpg




e0033713_19064703.jpg






 展示室の中にも椿が・・。

 これ、一本ずつ全部違う種類の椿です。
 いったい何種類あるのやら・・・



e0033713_19074181.jpg







 ・・・そんなわけで、背割堤の桜を見に行ったついでに八幡市を散策。
 
 松花堂庭園・美術館でしばしの椿観賞とあいなったわけですが・・・





 e0033713_19112638.jpg





























e0033713_19113170.jpg





















 












 松花堂昭乗は知らなくても、松花堂弁当なら知っている!!
 
 
 何でも風流人の松花堂昭乗さんは、
 農民が種入れとして使っていた中を十字に四つに区切った四角い入れ物を
 絵具入れや煙草盆として使われていたそうで、
 それを見た吉兆の創始者がお弁当の器として取り入れたのだとか。


 だからここ、松花堂庭園・美術館には恐れ多くも 京都吉兆  の 松花堂店 がある。


 せっかく来たからには、これが食べずにいられよかっ!!
 



 ・・と、意気込んで行ったのに、

 お昼と夜の営業時間の谷間。。。。。
 

 お店が閉まってる!(泣)







 なにせ吉兆ですからぁ、
 朝から大枚をはたく覚悟を決めて出かけたのに(・・んな大層な・・)空振り。

 でも気分はすっかり和食になってしまっていたので、
 しかたなく先月新装オープンした KEIHAN樟葉モール でご飯にしたのでありました。



 
 
e0033713_22021665.jpg



 うおまん  の 鯛飯つき うおまん御膳。

 ま、これも十字にくぎってるし、松花堂といえなくもない・・・・こともない。。

 おまけに 高級料亭吉兆じゃないから、他にも色々ついてくるし・・・


 
e0033713_22051373.jpg





 

 


















e0033713_22053078.jpg





e0033713_22053491.jpg
























 デザートだって。。



e0033713_22053786.jpg






 あっさりとした味の鯛飯がおいしくて、
 十分に満足できるご飯でしたよ。




      



    


 おまけに樟葉モールの京阪百貨店でこんなのまで食べてしまったよ。。。



 
e0033713_22095557.jpg



 フルーツJ  の イチゴパフェだよ。

 フルーツ店のパフェがおいしくないわけがないっ!!

 いちごがいっぱい!!





[PR]
by michirudesu | 2014-04-09 22:17 | 京都な日常 | Comments(0)



 歩いても・・・



e0033713_18184466.jpg






 歩いても・・・






e0033713_18185471.jpg







 歩いても・・・






e0033713_18234444.jpg








 延々と桜のトンネル!!



e0033713_18261314.jpg





 ずーーーーーーっと、桜並木。





e0033713_18185987.jpg





 ここは八幡市の木津川堤防沿い。

 背割堤(せわりてい・せわりつつみ)といいます。



 いつまでたっても終わらないかもと思える桜のトンネルは、
 地元ボランティアの方に聞いたら、約1.5Kmあるそうです。
 
 ほんとに圧巻でありました。

 ・・で、その話をしてたら横から別の観光客の方が
 「250本ありましたよ!!」と。
 ・・・てか、わざわざ数えたのね^^:

 




 パノラマで撮ってみると・・



e0033713_18293090.jpg





 




 この風景が合うのか、時代劇か何かの撮影隊の方々もおられましたよ。

 
e0033713_18362255.jpg







e0033713_18471409.jpg
 










 それにしても端まで歩いて行ったら、必然的に戻ってこなくちゃいけない。

 やあれやれ・・


 休憩中のどこかのおじょうちゃん。



e0033713_18471999.jpg





 でも、桜のトンネルをくぐりながら眺めるのと、堤防の下から眺めるのとでは、
 それぞれにまた異なる趣があり、
 行きと帰り、違った桜の風景が楽しめました。



 
e0033713_18500220.jpg













 とはいえ、この日は寒くて寒くて・・・
 アツイ食べ物に走るワタシ。。。


 
e0033713_18504662.jpg







 走るといえば、八幡市の市名のもとでもある石清水八幡宮の門前菓子、
 走り井餅(はしりいもち)




e0033713_19005775.jpg
 


 ・・・て、やっぱり食い気かい!!





[PR]
by michirudesu | 2014-04-07 19:04 | 京都な日常 | Comments(0)

3月の読書



今年最初のお花見は、どこかのデイサービスのおじいちゃん、おばあちゃんたちと一緒。


e0033713_14044956.jpg





京都市上京区にある日蓮宗のお寺 立本寺(りゅうほんじ)です。





e0033713_14015956.jpg






e0033713_14103142.jpg






・・・というわけで、桜が咲き始めましたねー。
京都、滋賀でもこれから続々と満開を迎えそうです。

いやはや、忙しいことになりそうですわ。。。






e0033713_14121215.jpg





ま、それはそれとして先月の読書です。





 5分で読める!ひと駅ストーリー 冬の記憶東口編(このミステリーがすごい!編集部編)           
 最終退行(池井戸潤)
 探偵藤森涼子の事件簿(大田忠司)                                    
 ローカル線で行こう(真保裕一)
 5分で読める!ひと駅ストーリー 冬の記憶西口編(このミステリーがすごい!編集部編)          
 賞の柩(帚木蓬生)
 銀行総務特命(池井戸潤)                  
 5分で読める!ひと駅ストーリー 夏の記憶東口編(このミステリーがすごい!編集部編)  
 5分で読める!ひと駅ストーリー 夏の記憶西口編(このミステリーがすごい!編集部編)          
 ノックス・マシン(法月倫太郎)
 5分で読める!ひと駅ストーリー 乗車編(このミステリーがすごい!編集部編)               
 ペテロの葬列(宮部みゆき)
 もっとすごい!10分間ミステリー(このミステリーがすごい大賞!編集部編)               
 致死量未満の殺人(三沢陽一)
 書店ガール(碧野圭)                                             






e0033713_14140344.jpg



e0033713_14140794.jpg





 































 
 
 
 5分で読める!ひと駅ストーリー 冬の記憶東口編           
 5分で読める!ひと駅ストーリー 冬の記憶西口編               
 5分で読める!ひと駅ストーリー 夏の記憶東口編
 5分で読める!ひと駅ストーリー 夏の記憶西口編         
 5分で読める!ひと駅ストーリー 乗車編 
              (それぞれ、このミステリーがすごい!編集部編)           
 もっとすごい!10分間ミステリー
              (このミステリーがすごい!大賞編集部編)


    ・・・と、こんなんばっかり連続して読んでしまったよ。
    全部、ショートショート、ごくごく短編ばかりがたーーくさん。
    書いている方は全員『このミス』大賞・日ラブ大賞・『このラノ』大賞の作家さんたちなので
    読みごたえは十分です。
    あと、降車編ていうのと、10分間ミステリーていうのが読めてないんだけど、
    こんだけ読むと、もうなにがなんだか・・・
     
      



 ローカル線で行こう(真保裕一)

    新幹線のスーパー売り子だった女性が廃止寸前の第3セクターローカル線の駅長に抜擢されて・・
    そんなにうまくいくか!とも思わないでもないですが、スカッ!とできます。





ペテロの葬列(宮部みゆき)

    バスジャック事件を起こして立てこもった男が人質たちに約束したことをめぐって、事件解決後に・・・
    ・・・と、なんとも思わせぶりなことしか書けないけれど、
    宮部みゆきさんですから内容には保証付き。







詳しい感想は  こちら 







e0033713_14413606.jpg







ちなみに間にはさまっている桜以外の物体は、

    上  ジャズドリーム長島 東洋軒 ブラックカレーパン(ハーフ)
    下  京都 SIZUYA チーズカルネ





ジャズドリーム長島は言わずと知れた三重県のアウトレットモール。
消費税増税を前の大混雑の中、ブラックカレーを食べようとしたけれど行列で、
お持ち帰りのカレーパンで我慢しときました。
見た目のインパクトはすごいけど、全然辛くなくて、
ていうか、むしろほのかな甘みすら感じられて大変美味です。





チーズカルネは京都の庶民御用達パン屋さんSIZUYAの庶民パンカルネの新作。
意外と言っちゃあ失礼だけれど、意外に本格的なチーズなのだ!!





             東洋軒 ブラックカレーパン(ハーフ) 200円
             SIZUYA チーズカルネ  ???円(忘れた!)







e0033713_14545071.jpg






e0033713_14584665.jpg






桜の写真は立本寺だけのものですが、もう既にほかに何個所か花見にお出かけしましたよ。


そのお写真はいつかまた・・・








 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-04-03 14:59 | 読書な日常 | Comments(0)