すっかり稲刈りが終わった田んぼ・・・


e0033713_12412294.jpg



これからの田んぼ・・・


e0033713_12412777.jpg



実りの秋でございます。


食欲の秋、
読書の秋、
行楽の秋・・・・・


いよいよ忙しい秋の始まりです。




e0033713_12454879.jpg



・・・てな訳で、涼しくなったのを待ちかねて、
湯豆腐でございます。




ここは世界遺産、龍安寺の境内にある湯豆腐やさん。


e0033713_12462973.jpg


西源院(せいげんいん)。

のれんには『◯天下一』の文字。
丸は無限、円満の象徴か??


和室でゆったり。
丁寧に隅々までに手入れが行き届いたお庭がすばらしい。


e0033713_12502589.jpg



湯豆腐はお野菜も入った七草湯豆腐で精進料理もセットになってました。



e0033713_12520982.jpg



お豆腐は絹と木綿の中間くらいになるようなものを特注だそうで、
ちょうどお箸で崩さずに持ち上げられる固さ。

つるりとなめらかで大豆のいい匂い。
お豆の滋養をいただいているなあ・・・ってしみじみと思う優しいお味です。



実は先ほどのお写真、大きな土鍋にいっぱいのお豆腐で二人前。
それにこの精進料理ですから量が半端ない。

おなかいっぱい、
身体の中から健康になったようでありました。










豆腐といえば・・・・




e0033713_12592924.jpg


これ、厚揚げじゃないですよ!!


京都で豆腐といったら森嘉さん。

有名料亭や湯豆腐やさん、あちこちに豆腐を卸しておられ、
川端康成や司馬遼太郎の作品の中にも出てくるという名店です。



さっきの西源院のお豆腐もここの嵯峨豆腐に似てる気がするんだよなあ。。




e0033713_13051752.jpg


あ、そうそう、これは“擬製豆腐(ぎせいどうふ)”といって、いわば豆腐のお菓子。

風味は豆腐だけれど、ほんのりと甘ーい。
薄く切ってお茶受けにすると、なんともまあ、上品な感じなのでありました。




当然、この日はクーラーボックス持参で嵯峨豆腐も
飛龍頭(ひろうす・京都ではかんもどきのことをこういうのダ。)も買って帰りましたが、
即、食べてしまったのでお写真はなし。



ごちそうさまでした。。。。。









 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-09-30 13:17 | 京都な日常 | Comments(0)

栗の秋がやってきた!!


まだ木々の葉っぱが青い竜安寺(上)と東寺(下)・・・



e0033713_19053164.jpg




e0033713_19053411.jpg








紅葉にはまだ少し早いですが、
お菓子の世界はすっかり秋模様・・・



こんなのと、こんなのを食べました。


e0033713_19144017.jpg



e0033713_19144436.jpg








 











e0033713_19144705.jpg
























ん??
たけのこの里は箱だけで中身の写真がない???


・・・

たぶんスマホの故障騒動でどこかに紛失した模様。。。。。



どちらも栗の香りがよくておいしかったです。










栗といえば、いよいよモンブランの季節を迎えたわけなのですが・・・・
夏の終わりの暴飲暴食がたたって、増えた体重がなかなか戻らない。。。。

なので、モンブランがあちこちの店先に並びだしたという話題を耳にしながら、
体型を気にして、どうにもケーキ屋さんに行く勇気が出ない。






そのくせ、ちょっとお茶に立ち寄ったところでメニューにモンブランをみつけると、
ついついフラフラっと注文をしてしまうものだから、
こんなことになりました。




e0033713_19174992.jpg





e0033713_19241663.jpg





それぞれ、コメダ珈琲店のモンブランと
ビリオン珈琲のモンブランです。




ずっとモンブランがつくられるのを待っていたパティスリーに行っていないのに、
なにゆえこんなところで食べてるんだか・・と思わないでもないけれど、

据え膳食わぬはなんとやら・・・

・・・とは言わないか(←バカ!)






ま、目の前に出されたら食べずにはいられないよね。




e0033713_19175367.jpg



コメダ珈琲のモンブランは、『純栗いむ』っていうお名前を付けてもらっていました。



コメダなのに(失礼!)モンブランは430円という結構強気なお値段。

でも予想外に(またまた失礼!)栗の香りが高くて上出来な感じ。

少し甘めだけれど、モンブラン好きにはこのくらいがちょうどよくて、
最初はあまり期待していなかっただけに、
なんだか得をしたような気分になるモンブランでありました。

コメダさん、なかなかやるぅ!!







e0033713_19242023.jpg


ビリオン珈琲のモンブランは少し小ぶり。

特にここが!という印象はありませんが、
ちょっと食べるのにいいかなあ・・というモンブランでした。



               こちらは飲み物とセットで750円








ついでに・・



どこでもここでも、“モンブラン”という文字を見るたびに反応してしまうものだから、
パン屋さんでも買ってきてしまいましたわよ。




e0033713_19393159.jpg



近江八幡市 デュ・ルヴァン の モンブラン。



どっしりというか、もちもち・・というか、
しっかりと歯ごたえがあって、噛めば噛むほど味が出てくる
ここのハード系のパンがワタシは好きなのですよ。


このモンブランはデニッシュに栗クリームがのってる形でしたが、
サクサク、パリパリとしたパン部分とクリーム部分がとってもいい感じにあっていました。







て、結局あちこちで食べてるのなら・・・







ケーキ屋さんにも行けよっ!!!









 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-09-28 19:50 | マロンな日常 | Comments(2)


ワタシのスマホですが・・・


こないだから、長時間充電したはずなのに電池残量がまだ30%???

とか、

さっきフル充電だったのに5分でもう残り18%?????

とか、

なんだか変だなあ??、と思っていたのですが、
そうこうするうちに充電器とつなぐ差し込み口のところが異常なのか、
そこをずーっと押さえていないと充電ができなくなってしまいました。。。。



e0033713_13084945.jpg


ドコモショップに行って聞いてみたら、
もう保証期間が過ぎているので修理すると10000円以上は掛かるって。




・・・というわけで・・・・


新しいのに変えましたよーん^^




e0033713_13105882.jpg





折りしも世はアイフォン6発売の大さわぎ中。

その騒動を横目に、ワタシは電話もできるタブレット、
アクオスタブレットに交換です。




だって、スマホの画面って小さすぎて見えないんだもの。。。。。


これなら7インチの大画面。

電話を使う時にちょっと格好悪いけれど、
だいたい携帯電話というものの、ほとんど電話としてなんか使っちゃいない。

これならネットを見るのがらーくらく。
地図アプリもR眼鏡をかけなくても見えるもんねー。





厚みは今までのとほとんど同じ。

大きさは・・・
タブレットっていうけれど文庫本くらいの大きさ。



e0033713_13245890.jpg




ただ、最軽量っていうけれど、
長時間使うとやっぱりちょっと腕が疲れるかな。




ま、ならこうやって使えばいいのだよ。



e0033713_13335796.jpg


これまで使ってたギャラクシーは2011年の発売だって。
次々に新機種が発売されるので、ものすごーく旧機種のような気がするけれど、
まだ3年だったんだねぇ。




次のこの子とはもっと長く付き合っていきたいものです。









  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-09-22 13:46 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

  
どうよ、この金の鳥居!!


e0033713_18030851.jpg





ご本殿の屋根にも金、金、金・・





e0033713_18040594.jpg





奥には金、金、金、金、金・・・・と並んだ絵馬・・




e0033713_18044267.jpg







願い事は??と見てみれば・・・




e0033713_18074385.jpg




さらに現実的。。。。。。




e0033713_18074782.jpg







はい、この身も蓋もない、なんとも世俗的な印象の神社は・・・




e0033713_18091209.jpg




e0033713_18091519.jpg





京都市中京区にある 御金神社 です。





ちなみに、『おかね』神社じゃなくて、『みかね』神社だからね。



ご祭神は金山毘古神(かねやまひこのかみ)。
鉱山、鉱物の神として、金属全般(刀や鏡、鋤や鍬など)にご利益を授ける神様だそうです。


だから、金属・・・金(かね)の神様!!





しかし、誰でも『金』と見ると、黄金、お金が頭に浮かぶんだなあ。
なんだかお金持ちになれそうに思うのか、隠れた人気スポットとなっておりました。








本殿の後ろには大きな銀杏の木が・・



e0033713_18210173.jpg



だから、絵馬がイチョウの形なんですね。

この木が色づいたらさぞかし黄金色に輝くだろうなあ。



・・て、どうしても金ピカ黄金から離れられないのでありました。。。。









さて、一風変わった名所(?)をご紹介したところで、
もうひとつまた、変わってるところを・・・・





e0033713_18273264.jpg



看板には、“トータルファッション”って書いてあるけど、
この外観。。。。



e0033713_18272009.jpg




いったい何屋さんなんだか、
そもそもお店があるのかどうかもわかりゃしない・・て感じですが、
なにを隠そう、ここはケーキ屋さんなのです。




店名は双月堂でいいらしいけど・・・。
うーん・・・あやしい。。。



あやしすぎる!!








とにかくまあ、買ってみましたよ。



e0033713_18373962.jpg



渦巻き状のロールケーキの名前は、『マカロンロール』。
そして上のマドレーヌ風のお菓子は『マロンマロニエ』。




e0033713_18445645.jpg
  マカロンって←だよねぇ????

  あのロールケーキのどこがどうマカロン??

  それにマロンはいいとしても、
  マロニエって木の名前じゃなかったっけ???
  
  お店の人、“マ”がつくお菓子好き????????







高まる不安・・・


もしかしたら、今まで食べ歩いた数あるケーキ屋さんの中で、
ある意味大変に印象に残っている
あのお店の二の舞か???(顛末は こちら をご覧ください。)





e0033713_18475732.jpg



アップで撮ると意外に(・・て、既にビミョーな味だと決めつけてたのか。。)
おいしそうだ。





e0033713_18445970.jpg


食べてみると・・・


これって、マカロンじゃなくてマコロン→
じゃないか!!??








甘ーい皮をかぶったロールケーキは悪くないお味でしたよ。






もう一つの『マロンマロニエ』の方は・・・


e0033713_18480110.jpg




・・・・・・・・・



それぞれ190円。
(それだけかい!!)









おまけ・・・


今回は風変わりつながりで、中京区の『山下和正建築研究所』をどうぞ。




e0033713_19030267.jpg




通称 “顔の家”。。。。。

だからどうした?!っていわれると困るけど・・・・・










  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-09-13 19:09 | 京都な日常 | Comments(0)


羅漢(らかん)さん・・・




e0033713_18555108.jpg




あっちにも・・・




e0033713_18581333.jpg




こっちにも・・・




e0033713_18585844.jpg






ずらずらぁぁぁーーーーっと・・・・






e0033713_18593865.jpg






こーんなにたくさん、

羅漢さん。





e0033713_19000706.jpg





ここは、京都市右京区にある天台宗のお寺、愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)




e0033713_19004426.jpg




奈良時代に六波羅密寺の近くに愛宕寺として創建されましたが、その後荒廃。

醍醐天皇の命でいったんは復興し寺名を愛宕念仏寺と改め天台宗に属したものの、
後の時代にまで力は続かず、長らく荒れ寺となっていたところを
昭和中ごろに天台宗本山から住職を命じられた西村公朝の手によって
ようやく今の形に復興されました。






ご本堂・・


e0033713_19190119.jpg


e0033713_19361309.jpg
  




  ご本尊は厄除千手観音。

  京都のお宅でよく見かける火の要慎の
  あのお札がもらえるお寺です。












境内のあちこちにたくさんある羅漢像は、
素人の参拝者さんたちが自分で彫って奉納したもので、
なんと、1200体もあるそうです。





e0033713_19235192.jpg




羅漢・・・悟りを得て人々の尊敬と供養を受ける資格を備えた人。(大辞林)




それにしてもたくさんある・・・

いろんなお顔があるのだなあ。。。





お参りをしていても覗かれている。。。。。


e0033713_19342615.jpg








のびたくん発見!!



e0033713_19305091.jpg











ここは嵯峨野の奥の奥、

緑の中で静まり返るお寺。



e0033713_19432084.jpg






e0033713_19424686.jpg




紅葉した頃、もう一度来たいものです。





e0033713_19341752.jpg











おまけ・・・・


京都市内に戻って、気分は一気に俗世間へ・・・・




e0033713_19444797.jpg




フクミミ の パンケーキ。

たくさんあるパンケーキを選びかねた場合は、
二種類を一枚ずついだたけるハーフ&ハーフっていうのがある。


写真はマスカルポーネナッツパンケーキ(左)とフルーツパンケーキ(右)
・・の、ハーフ&ハーフ。





それぞれアップでどうだっ!!



e0033713_19481973.jpg



e0033713_19482249.jpg




クリームたっぷりなのに意外に甘くはない。

パンケーキはふかふか。
もっちり感もあって口当たりがとってもよかったです。
   
    アロ~ハ~~~って連呼するあのお店より旨いかも。。。。





             フクミミ  マスカルポーネナッツパンケーキ ハーフ550円
                   フルーツパンケーキ ハーフ630円








  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-09-12 19:59 | 京都な日常 | Comments(0)


ルパンを観に行ったら、イオンシネマ、
いつの間にかレディスデイがなくなっていた。。。

正規の値段で観るのはちょっと・・・・(小栗さん、ゴメン!!)






この夏、アニメの実写化が続きました。

こちらと比べようと思ったのです。




るろうに剣心 


e0033713_18413315.jpg



去年公開された第一弾に続いて(記事はこちら)、
今回は 京都大火編







うーん、かっこぇぇぇぇぇーーーっっっ!!


第一弾の時にまして、アクションに磨きがかかりました。

それと同時に剣心役の佐藤健くん、芝居の腕も上げましたねぇ。。。
まさに人斬り抜刀斎・・いやいや剣心そのものです。



e0033713_19114994.jpg




e0033713_19102460.jpg




それにわきを固める人たちもうまい!!

特にこの人・・・


e0033713_19112147.jpg
e0033713_19271638.jpg




包帯ぐるぐるなのに抜群の存在感の藤原竜也さん、

見事というほかありません。







・・ていうか、アクションの振り付けっていうか、演出っていうか、
抜群に上手かったです。


いやあ、日本でもこんなアクション映画が撮れるんだなあ。

次の伝説の最期編が楽しみだ!!



e0033713_19172877.jpg






しかし惜しむらくは、女性陣ですよね。


神谷薫は腐っても神谷活心流道場の師範代。
原作ではあんなへっぽこぴーな剣術ぶりではありません。。。。

やあ!!とかいうへなへなな掛け声を聞いた日には腰が砕けるかと思った。。。。。

あと・・・・、






あんたに言われんでも剣心は人を切ったりしないっ!!!











おまけ・・・


京都大火編のさいごの場面に登場するこの方・・・


e0033713_19354012.jpg


めっちゃ、いいとこどり!!








 にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

[PR]
by michirudesu | 2014-09-10 19:40 | 映画な日常 | Comments(0)

8月の読書



e0033713_14014569.jpg



特急こだま東海道線を走る(姫野カオルコ)                               
Another エピソードS(綾辻行人)
オレたち花のバブル組(池井戸潤)                                     
さいごの毛布(近藤史恵)
菩提樹荘の殺人(有栖川有栖)                                       
東京バンドワゴン フロム・ミー・トゥー・ユー(小路幸也)
五覚堂の殺人(周期律)                                  
てとろどきしん(黒川博行)
仇敵(池井戸潤)                                            
本当のうそ(石田衣良ほか)
避雷針の夏(櫛木理宇)                                      
ムカシ×ムカシ(森博嗣)
ベスト本格ミステリ2014(本格ミステリ作家クラブ編)                     
東京バンドワゴン オール・ユー・ニード・イズ・ラブ(小路幸也)
胡蝶殺し(近藤史恵)                                        
私の大好きな探偵(仁木悦子)
ビッグタイム(ハセベバクシンオー)




e0033713_14031554.jpg






Another エピソードS(綾辻行人)

  前作『Another』は、なんと2009年。
  5年の月日を経てあの時、別の場所で起こっていた物語がこの『エピソードS』です。
  綾辻さん、もっとたくさん書いてくれないかなあ。。。




さいごの毛布(近藤史恵)

  周囲の人間とうまくいかない・・
  そんな悩みを抱えた智美が働くことにしたのは、
  飼い主の事情で飼えなくなった老犬たちを引き取ることを商売にしている老犬ホーム・・

  身勝手な飼い主たちの行状の犠牲になるのはなにも知らない動物たち・・
  そんなペット業界の裏事情が赤裸々に・・と思ったけれど後半は少し腰砕け??
  一見、どうしようもなく自分勝手に思える飼い主たちにも深い事情がある・・・場合もあります。




てとろどきしん(黒川博行)

  大阪で事件が起こったら当然大阪府警が扱って、刑事たちの会話は当然大阪弁。
  ・・なんだけれど、ミステリとして読むと、なんだかほんわか感があるよなあ。





避雷針の夏(櫛木理宇)


 喧嘩で死んだ長男の復讐のために相手を殺した男が英雄として牛耳る村。
 町の男を殺した疑いをかけられた女性を誤認逮捕だったとわかった後でも迫害し続ける村。
 祭りの最中なら女性を凌辱、暴行することがまかり通る村。
 親の介護をさせるためだけに無理やり妻を田舎へ引っ越させた男。
 自分が介護をされている立場なのに嫁をいたぶりつづける姑・・・

 むかむかすることぱかりの話だけれど、そんな状態を黙認し続けた挙句のしっぺ返しは大きい。
 しかし、こんな男、私なら永遠に許さないけど・・・





胡蝶殺し(近藤史恵)

  若くして父親を亡くした少年の後見人になったのは彼と同い年の息子を持つ歌舞伎役者。
  自分の子と預かった子どもと全く同じように愛せるか悩む役者は・・

  歌舞伎の世界であろうとなかろうと、親が子どもに対してする心配は同じ。。






e0033713_14031840.jpg





暑かった8月。
あんまり暑いと本の内容が頭に入ってこないというか・・・

なので短編集も多かったこの月です。


詳しい感想は  こちら





e0033713_14025721.jpg




写真はこないだ京都で食べたもののつづき。

上から・・

   雪の下 高知黄金生姜氷(700円)

         これを食べるのに1時間並びましたわよ。
         生姜の氷!
         めっちゃ鮮烈なお味です!!


   彩宴  チャーハンとぎょうざ(持ち帰り) (580円 360円)

         チャーハンがびっくりするくらい山盛りでした。 



   阪急梅田 まぐろ寺本 海鮮丼 (647円)

         食べ応え十分!!







ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-09-04 14:32 | 読書な日常 | Comments(0)

久しぶりのモンブラン

 

9月に入ったと思ったら、急に朝晩が涼しくなりましたね。

日頃、モンブランを食べ歩いている私ですが、
カンカン照りの真夏にモンブランはどうも手が出にくいもの。
これからようやくモンブランが似合う季節がやってくる・・というところでしょうか。




ところで、実はこないだ京都を二日間にわたってうろうろしていた時、
二日目のお昼は桂キャンパスに行っていたわけですが、
桂から阪急電車で京都市内に戻って何をしようか・・・と考えているうちに、
いっそのこと逆方向に・・と、大阪梅田に出てしまったのでありました。






で、デパ地下でモンブラン。


e0033713_14385943.jpg





大阪 豊中市本店のケーキ屋さん ムッシュマキノが
阪急百貨店のデパ地下で展開しているお店です。 




e0033713_14390339.jpg


ふわっとしたクリーム。
色が白っぽいけれど栗の香りがたっぷりです。

食べているとときどき栗のツブツブが感じられて食感の変化も嬉しい。
食べやすいモンブランでした。



              ムッシュ マキノ 青の記憶  モンブラン  430円








真夏にモンブランはどうも食べにくいと言いましたが、
そういえば、こんなモンブランもあるんです。



e0033713_14535241.jpg



セ・シュクル・コロンバン  の アイスモンブラン。


洋菓子メーカー コロンパン  が 阪急梅田本店8階で喫茶を展開。


この日モンブランは残念ながら売り切れ。
かわりにこちらのオシャレなアイスモンブランがありました。




e0033713_14540037.jpg



久々に食べたモンブランだったせいか、栗の香りがめっちゃ濃く感じられる。

アイスの冷たさが濃いクリームを食べやすくしています。

少し量が足りないようにも見えますが、
食べてみるとちょうどいい感じでした。



              セ・シュクル・コロンバン  アイスモンブラン   800円






さあ、これからいよいよ本格的な秋を迎えますねぇ。

今年はいくつモンブランが食べられるかな。。。










 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-09-03 15:11 | マロンな日常 | Comments(0)


さて、贅沢な朝食をはさんだということは、
二日間にわたって東山七条近辺をうろついていたわけでありますが、
残りをまとめてしまいましょう。








e0033713_09313498.jpg


e0033713_10233560.jpg



ここは、熊野信仰の盛んだった平安時代末期に後白河法皇によって創建された神社です。

後白河天皇は、一生のうちに34回も熊野に参詣されていますが、
一般の人々にとっては熊野まで参拝するのは大変なこと。
なので別宮として創られたのがこの神社です。




神社の裏には『京の熊野古道』として、熊野の神々にお参りできるようにもなっていました。




e0033713_09392026.jpg



ビミョーに珍風景的な感じが・・・

あわわわわ・・・・








気を取り直して・・


e0033713_09563234.jpg



ここは、将軍足利義満が初めて観阿弥世阿弥親子の申楽(さるがく)を見た場所ということで、
能楽発祥の地とされています。




また、境内にある巨木は・・・・


e0033713_10011544.jpg


影向の樟(ようごうのくすのき)と呼ばれ、樹齢は900年。

健康長寿、特にお腹の神様として大事にお祀りされていました。











さて、少し北へ上がって三十三間堂のお向かいは、
浅井三姉妹の長女、淀君が父親の長政らを供養するためにつくった養源院。


e0033713_10232874.jpg




火災で焼失後に同じく浅井三姉妹の三女、江(ごう)が再建しています。





e0033713_10235238.jpg



ここは、関ヶ原の戦い直前、伏見城の戦いで鳥居元忠ら1000人余りの兵たちが戦い、
最後には自刃して果てた廊下の板の間を
天井の材料として使ったという血天井で有名です。



それともうひとつ、
俵谷宗達が描いた杉戸絵。


e0033713_10305585.jpg
唐獅子図 (絵葉書を撮影)






扉に直接描くというなんとも大胆な書き方で、
絵もとってもユーモラス。

想像で描いたらしい象の絵なんぞは、なんだかものすごく現代的です。



残念ながらお堂の中は撮影禁止。
それに案内してくださるのはうれしいんだけど、
はい次!、はい次!って感じで、もっとゆっくり見たいんだけどなあ。。。
と、ちょっと物足りない感じでありました。









ま、でもそのおかげで時間があいたし次の神社へも行ってみましょう。



e0033713_10395677.jpg





後白河上皇が皇居の守護神として、滋賀の日吉大社を勧請された神社です。
新しい日吉神社と書くけれど、すでに創祀850年以上。





こちらが拝殿。


e0033713_10475291.jpg






滋賀の日吉大社と同じように本殿は床の上に狛犬がいるのだなあ・・



e0033713_10483872.jpg






あと、日吉大社だけあって、外の狛犬(?)は犬じゃなくて、お猿さんでした。



e0033713_10503708.jpg






この神社にも巨木があります。



e0033713_10512303.jpg


椎の木の一種“すだじい”で、江戸時代以前からここにあったらしいです。
樹齢はだいたい500年~800年。


ほんと、大きな木というのはなんだか神々しい。
神様としてお祀りしたくなるのはよくわかります。










さて、最後は七条からもうすこし上がって、五条の近くまで・・・



河井寛次郎記念館 に行ってみました。



e0033713_11013309.jpg



ここは大正から昭和にかけて京都を拠点に活動した陶工、
河井寬次郎の住まい兼仕事場だったところ。

建物や館内の家具、調度類も全部、寛次郎のデザインや蒐集物だそうで、
なんともいい雰囲気です。


e0033713_11032722.jpg


こちらは登り窯。



e0033713_11063568.jpg



その辺になにげなく置かれたものが全部、寛次郎さんの作品だったりする。



e0033713_11081880.jpg




e0033713_11083496.jpg





e0033713_11091084.jpg





館内にある椅子に本当に座ったりしてもかまわない。


この日は時間があまりなかったので、駆け足の見学になったのが悔やまれます。
今度もう一回、ゆっくりとみたいなあ。。









おまけ・・・


お昼ごはんは本町亭。



e0033713_13361665.jpg



家族でやってます!って感じのお店です。

ご飯は少なめにお願いします・・・っていうと、
「こんなんでよろしおすか??」って聞いてくださいます。

思わず、「はい、おおきに。」って・・・




いろんなおかずから好きなに品を選べるペアセットっていうのが人気のようでした。
私は洋食の王道、ハンバーグとエビフライ。

なんだか懐かしいお味です。





巨大エビフライ。


e0033713_13362070.jpg








それから、正面通りにあるパン屋さんで・・


e0033713_13403419.jpg




お顔のパンはチョコパンとクリームパン。
一日持ち歩いたから、ちょっとお顔がつぶれてしまいましたね。

それと、上の一個の中身は・・・




e0033713_13403702.jpg


なんと、ちくわ!!

穴にツナマヨが詰めてある。

これが意外においしくて、クセになるお味なのだぁ!!





            本町亭 ペアセット 1300円
            
            ベーカリーチロル  チョコパン、クリームパン 各62円
                       ちくわパン 124円









 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-09-01 13:52 | 京都な日常 | Comments(0)