新車っっ!!!

  
ジャーン!!



e0033713_14182596.jpg




真っ赤なトヨタ アクア!

きのう、納車してもらいましたよー^^




いや、今までのってた車は既にほぼ12万キロ。


トヨタ店のおにいさんと、


20万キロまで乗るわよッ!
だって、日本の車がそんなに簡単に傷むわけないじゃん!!

そうですよねぇ、トヨタの車が簡単には傷みませんよねぇ。

そうそう、なんてったって日本の車は優秀だからねぇ。

はい、なんてったってトヨタの車は優秀ですからねぇ。。。


・・・


などという会話を繰り広げていたのは、ついこないだの夏のこと。



お腹の中では・・・

   いくら20万キロまで乗るって言ってたって、
   まあ、ひとまず今回の車検は受けるにしても、
   その次の車検が来るころには、さすがにダンナも新しい車を買う気になるだろう。

という期待を秘めつつ、
その頃はまだ年明け早々に車検を受ける気満々でありました。





なのに今っ!!



e0033713_14153475.jpg




夏の終わりにオイル交換に行ったダンナが、タイヤの方がもう寿命だと言われたらしい。


タイヤ、どうするんや??

と聞かれて、はたと考えた。


今タイヤを新しくしちゃったら、そのあと最低5年くらいは新車を買ってもらえないじゃん!!





さらにさらに、
なんとダンナが、車、買わんのか?? なんて言うじゃあーりませんか!!




えっなに?そういうつもり???

買っていいって言うんなら買いますよ!

買いますともっっっ!!!







e0033713_14420707.jpg


・・・というわけでやってきたアクアさん。



前の車を納車後一年もたたずに大破した悪夢が否応なく思い出され、(こちら

ダンナに今までかけてなかった車両保険を掛けられてしまったよ。。。。。

   だから縁起を担いで大安吉日の納車にしたんだよ。









  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-10-27 15:01 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)


週末になるたびに台風がやってくるのも困りものですが、
台風がひとつ過ぎ去るごとに秋が深まっていくような気がします。


そんな中・・・



e0033713_10113365.jpg


京都ホテルオークラ のカフェ レックコート のモンブランであります。


息子の内定式も無事に終わり、来年になったら下宿をひきはらわなくっちゃいけない。
6年間の京都暮らしの間に増えた荷物を今から少しずつ処分しようと、
この日は車で京都に行っておりました。

で・・・

せっかく行くなら・・・と、モンブランをば・・・



e0033713_10170623.jpg



一口、口に入れると栗の香りがふわあっと広がる中に微かに洋酒の香り。
あくまで栗を邪魔しないようにギリギリに香るところがさすがでございます。

で、食べすすめていくと今度はチョコの香が・・・。

そう、土台のすぐ上の部分はチョコレートのムースになってたんですねぇ。
これがあることで、栗クリームの濃厚さが増すような気がします。

甘さは控えめだけど、ちゃあんと甘い。
最初にパッと甘さを感じさせておいたあと、さあっと引っこんで、
栗を味わわせるようになってる。

よく考えられたモンブランでしたね。



                 京都ホテルオークラ レックコート  モンブラン
                               飲み物とセットで1425円











ホテルオークラの地下にはパン屋さんもあるのですが・・・

そのパン屋さん、パネッテリアオークラ の人気商品、モンブランスティック。




e0033713_10240520.jpg




e0033713_10270217.jpg




外側パリパリ、中にクリームたっぷりでとってもおいしい。

特に生クリームとカスタードクリーム、そして栗クリームのバランスが抜群です。

けっこうボリューミーな大きさだけれど、ぺろりと食べられます。




                  パネッテリアオークラ モンブランスティック 237円








おまけ・・・・・




ダンナがくれたショートケーキ。。。。


e0033713_10302132.jpg


はい、知らんぷりをしていましたが、
いつの間にやらまたひとつ歳をとったようでございまして・・・・

モンブランがなかったからと、これをいただきました。


・・て、これってセブイレのケーキじゃん!!
ま、もらえるだけいいか。。。。






で、モンブランの代わりだとこちらも一緒にもらいましたよ。


e0033713_10324748.jpg

e0033713_10325065.jpg



ガリガリ君のモンブランバージョン!


中身はこんなの。


e0033713_10342210.jpg


ちゃあんと、栗クリーム部分、生クリーム部分に分かれているうえに、
中にも濃厚なモンブランクリームが入ってる。

ガリガリ君って、時々変なの出してるけど、
これはなかなか良くできたバージョンでした。









 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-10-14 10:41 | マロンな日常 | Comments(1)

  
嵐山のつづき・・・


こちらは法輪寺。



e0033713_18173360.jpg


ご本尊は虚空蔵菩薩。
嵯峨の虚空蔵さん(さがのこくうぞうさん)と呼ばれて親しまれているお寺ですね。


数え年13歳になった子どもたちが幸福・健康などを祈ってお参りする
十三参り(じゅうさんまいり)でも知られています。



丑寅(うしとら)年生まれの守り本尊でもあるので、
狛犬(?)も虎と牛。



e0033713_18223569.jpg




ご本堂はこちら。




e0033713_18230781.jpg



京都の女の子は十三参りの時に初めて本裁ちの振り袖を着たりするので、
春、秋のその季節には着飾った子どもたちを連れた人々でにぎわいますが、
今はとっても静か。


紅葉直前の木々の緑が美しい。




e0033713_18324584.jpg



e0033713_18325387.jpg




e0033713_18325712.jpg




法輪寺は十三参りの他にも針供養をされることでも有名です。
毎年12月に大きなこんにゃくに日頃使ってきた針を刺して供養をして針仕事の上達をお願いします。




こちらが供養された針を治める塔。




e0033713_18390595.jpg




平安時代に清和天皇が針供養のお堂をここに建立されたことが由来らしく、
法輪寺では毎年皇室から下賜された針を治める塔もあります。




e0033713_18442439.jpg


こっちは上の方にあるのだなあ。。。。





さて、ここ法輪寺。
実はなぜか一部、ある種の方々にも有名なお寺なのですが・・・


それがここ・・・


e0033713_18480630.jpg


電電宮(でんでんぐう)。

電気と電波の神様です。



もとは雷の神様、電電明神を祀るものとして住民たちに信仰されていたところへ、
昭和31年、当時の近畿電波監理局長・平林金之助が、
今後電波の利用がきっと多くなるとして、
この電電明神を電気電波の祖神として祀ることを提唱。
これに賛同した関西の電気電波関係者によって焼失していた明星社が再興されたもの。

大阪万博を記念して社殿が再建され、電電宮に改称。
今日では、電気・電波だけでなくコンピュータ関係者や電気通信事業者からも信仰を集めている。

             青字 WIKIより抜粋





これが社殿。

e0033713_18564268.jpg







お寺の門の横には電気電波関係者の霊を顕彰する電電塔もあります。


e0033713_18581449.jpg




電電塔のうしろの銅製の肖像は、
電気研究者の代表としてエジソンさんと電波研究者の代表としてヘルツさんですよ。


というわけで、ここはいわばアキバ系の聖地?!

ネット住人の皆さんも、ゆめゆめ疎かにしてはいけない場所なのですよ。。。



それにちなんでか法輪寺さん、
電気自動車およびハイブリッドカーの電気システム安全祈願を受け付けているそうで、
なんともはや、なかなかやるぅ・・・って感じです。





さらにお守りも、さすがって感じ^^

e0033713_19035344.jpg










帰りはうらの道から・・・



e0033713_19213157.jpg



e0033713_19260006.jpg




e0033713_19262149.jpg




そういえば、十三参りで法輪寺にお参りしたあとは
虚空蔵さんにいただいた智恵がなくなってしまうから、
渡月橋を渡りきるまで振り返っちゃいけないって。

なのに写真を撮るために振り返りまくり・・・・・









うーん・・・・

だから智恵の方はどこかに落としちゃって本能のみ。
食べることにしか興味が向かないのか。。。。



e0033713_19144880.jpg



京福の嵐山駅に戻って、
ロールケーキ専門店 ありんこ で  和栗のモンブラン。




e0033713_19161558.jpg


外側のロールケーキ部分がしっとり、もちもち。(494円)
 










にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-10-06 19:32 | マロンな日常 | Comments(0)


どこを掘っても遺跡が出てくるという京都。

啼くよ鶯 平安京・・・

桓武天皇による平安京遷都以来1000年以上にわたって都であり続けた町なので、
町の下に長い歴史の痕跡が眠っているのは当然といえば当然のことであります。

しかしながら平安京以前の京都ことを考える人はあまりいない。



山城国と呼ばれていたその頃の京都、
西部で強大な力を持っていたのが中国大陸から渡来していた秦氏(はたし)。


先進的な土木技術で葛野川(かどのがわ・今の桂川)一帯に広大な田園地帯を築き、
さらに卓越した養蚕と機織りの技術で作り上げた絹を山のように朝廷に献上した。
(うずたかく積み上げられた様子から地名が太秦(うずまさ)になったとも。)







・・・て、なにゆえいきなり秦氏の話かといえば・・





e0033713_16524452.jpg


京都市内にある古墳の話なんですねぇ。。。



以前に行ってみた太秦の蛇塚古墳(へびづかこふん)につづいて、(記事はこちら

今回は天塚古墳(あまつかこふん)というところに行ってみましたよ。








蛇塚古墳も町のど真ん中(・・ていうか町がそれを囲っている??)でしたが↓、

e0033713_16561876.jpg


今度も町の中、


e0033713_17193553.jpg









拡大・・・


e0033713_17083666.jpg


ほーら、見るからに古墳!って感じじゃありませんか!!

前方後円墳。

そう、先ほどの秦氏のお墓です。





古墳の周りをひとまわりできます。


e0033713_17100477.jpg



e0033713_17100035.jpg

なんか、ちょっと怖い・・・・




石室の中にも入れます。

天井・・・


e0033713_17140167.jpg


中から外を見てみる。


e0033713_17140448.jpg






・・・とひとまわりしたところで、さっき鳥居のところで草刈りをしていたおじさんが、
『ここは石室がふたつあるんやで。』と。



なんともう一つの石室は家の中というか、社務所の中。

おじさんがガラガラって感じで扉を開けて見せてくださいました。



e0033713_17235632.jpg




e0033713_17255244.jpg






明治20年に発掘調査がおこなわれ、
鉄轡や鉄製馬具の破片、銅鏡、勾玉などの副葬品がたくさん発見されたそうですが、
『古墳やから辺りを掘るとこんなんがでてくるんやで』と、
みせてもらった埴輪のかけら??


e0033713_17263789.jpg




いやあ、
大昔すぎて、なんだか想像しにくいですが、
古代への思いにしばし浸れる地でありましたよ。





ちなみにこの古墳のお山、
私有地だそうです。。。。









  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-10-05 17:33 | 京都な日常 | Comments(0)

9月の読書


e0033713_20102971.jpg





















e0033713_20103358.jpg























 ホーンテッド・キャンパス(櫛木理宇)                          
 爆笑エリート中国人(小澤裕美)
 おひとり京都の旅(柏木壽)                           
 ダブルアップ(ハセベバクシンオー)
 ホーンテッド・キャンパス 幽霊だちとチョコレート(櫛木理宇)           
 ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下(櫛木理宇)
 親鸞の不在証明(鯨統一郎)                         
 思出館にようこそ(魅夜崎紫晴)
 ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁(櫛木理宇)             
 ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者(櫛木理宇)
 歌舞伎町ペットショップボーイズ(ハセベバクシンオー)               
 ヒミコの夏(鯨統一郎)




e0033713_20130096.jpg





ホーンテッド・キャンパス
ホーンテッド・キャンパス 幽霊だちとチョコレート       
ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下
ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁       
ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者   (櫛木理宇)

  見たくもないのに幽霊が見えてしまうという青年が
  なぜか大学のオカルト研究会に入ることになり、
  そこに持ち込まれる霊がらみの相談事の解決にかかわるというお話。

  霊現象なんていうのか本当にあるのかどうかはともかくとして、
  さまざまな事態を引き起こす原因は結局人間の心なのだなと・・・。

  主人公森司くんの恋の行方も気になるというおまけつき。





歌舞伎町ペットショップボーイズ(ハセベバクシンオー)  

  歌舞伎町のペットショップ。
  猥雑な町でさぞかしペットもいい加減な扱いを受けているのでは・・・
  ・・という心配を振り払う、いたって真面目なショップのお話。
  あの町にも普通の人々の普通の日常がある。





ヒミコの夏(鯨統一郎)

  ヒミコなんていうから大昔の女性の話か・・と思いきや、これは新種のお米の名前。
  その格別なおいしさから人々の圧倒的な人気を得、
  あっというまに市場を席巻した新品種の米ヒミコ。
  安くておいしくてしかも栽培しやすいというその米に隠された秘密とは・・・







e0033713_20251782.jpg






















e0033713_20252005.jpg
























涼しくなって、読書にも恰好の季節になってきましたね。

秋の夜長は静かに本を読むに限ります・・
・・と、言いたいけれど、最近はどうも眠気の方が先にたち・・・


9月は12冊でした。
そのうち5冊はシリーズもの。
青春小説ともいえるようなお話でしたね。

若者のコイバナも微笑ましいと言っちゃあ、微笑ましいお話ですが、
今となってはもう、なんの感慨も・・・(遠い目)・・・



    詳しい感想は こちら 








e0033713_20332378.jpg



e0033713_20332770.jpg






色気より食い気・・で、挿入した写真は・・・


上三つ・・滋賀県長浜市に新しくできたフレンチ リュイソー のランチコース

下四つ・・京都市室町通二条上ルのパン屋さん クローバー の
         もっちりパン(レモンレアチーズ(右)とキャラメル(左))と
         ジャガイモとチーズのパン



久々のフレンチは素材の味が活かされた上品なお味の上にさらにひと工夫凝らされてて、
なかなかの好印象。
デザートの柿のタルトは、タルト土台がちょっと変わってて、
カリッ、サクッ、ホロ甘で絶品でした。




クローバーのパンはレモンレアチーズのパンが印象的。








 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-10-03 20:52 | 読書な日常 | Comments(0)


京都の地下鉄に乗ったら、コナンだらけのヤツがきたよ。



e0033713_17252087.jpg



e0033713_17252401.jpg



・・・というわけで、秋晴れのとある一日。

嵐山に行って観光客してきました。






いやあ、ワタシ、京都って初めてなんですぅ。。。。

・・っていう顔をして、渡月橋を渡って・・・


e0033713_17274909.jpg



アイスクリームを食べ歩き・・



e0033713_17312154.jpg



2014年のイタリア国際ジェラートコンクールでピスタチオ部門5位入賞だというプレミオピスタチオ。

1カップ550円という嵐山値段ですが、
ピスタチオの香りがものすごーーーく濃い。

確かにおいしいです。







そして誰もが訪れる天龍寺へ。


e0033713_17370408.jpg



嵐山には何度でも来ているのに、
いつもは紅葉や桜めぐりの途中だったのでどうしてもあわただしくて、
ここだけはまだ来られてなかったんです。

だって、せっかく来るのならゆっくりと拝観したいじゃないですか。

今回は時間もたっぷり。



いつまでお庭を見ていたって大丈夫。






曹源池庭園。




e0033713_17525399.jpg



e0033713_17530132.jpg






ほんのぉーーりと色づき始めた紅葉が大変に美しい。



e0033713_17530495.jpg






こちらが方丈。



e0033713_17561836.jpg





方丈の奥、小方丈から長い廊下を通って多宝殿へ。




e0033713_18020543.jpg




e0033713_18021040.jpg



ここは後醍醐天皇の像を祀る祠で、
天皇が吉野に居られたころの紫宸殿の様式で建てられているそうで、
そういえば、どことなく貴族の館っぽいつくり。




e0033713_18052033.jpg






回遊式のお庭はそこここで趣がかわって、
どこを歩いていても飽きません。




e0033713_18091877.jpg





e0033713_18303054.jpg





e0033713_18075047.jpg




こちらは天井に龍が描かれた法堂。




e0033713_18164490.jpg



堂内撮影禁止につき絵葉書を撮影。。。




e0033713_18212878.jpg



平成9年に日本画家加山又造画伯によって描かれた龍です。

下から見上げると、どこから見ても目が合う八方にらみの龍。
見る場所によって怒っているようにも嘆いているようにも見える気がします。








e0033713_18092259.jpg




秋の初めの天龍寺はまだ落ち着いた風情でしたが、
これから紅葉が色づくにつれて人も多くなっていくのでしょうね。。。。










おまけ・・・・



多くの観光客の皆さんに交じってワタシも再び食べ歩き。



e0033713_18332709.jpg





















e0033713_18333363.jpg





















古都芋本舗 の 古都芋(白ゴマ)(150円)


外側の皮がもっちり、ねっとりとしてめっちゃおいしい。
所詮観光客向け・・・なんてバカにしてて申し訳ない!!

今度来た時もまた買おーっと。。








  にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2014-10-02 18:40 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31