よいお年を・・・

 
いよいよ今年もおしまいです。

振り返ってみれば、私は今年新しく始めたことがふたつもありました。

なんやかんや忙しかったけれど、
まあ、忙しがっていられるということは、いいことなんでしょうね。


みなさんはどんな一年だったでしょうか??






というわけで、今年食べたモンブランをまとめてみましたよ。
(音にご注意を!)















一応、年間50個が目標なんだけれど、
今年は44個しか食べられなかった。。。。


たくさん食べてもすぐに戻っていた体重が、
近頃はホント戻りにくくなっちゃって。。。

このままでいったら来年はどうなってしまうのでしょうかねぇ。










ついでに今年見た映画もまとめときましょうかね。



  チャーリー・モルデカイ
  イン・トゥ・ザ・ウッズ
  ワイルド・スピード スカイミッション
  シンデレラ
  メイズランナー
  ハンガーゲーム レジスタンス
  アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
  ターミネーター ジェネシス
  ミッション・インポッシプル ローグネイション
  ジュラシック・ワールド




相変わらず、
ドッカーン!!ガガーン!!、バリバリバリッ!!!
な映画ばっかり観てるよねぇ。


で、最後の最後にこのふたつも・・・



e0033713_21114533.jpg



e0033713_21120070.jpg




   007 スペクター
   スターウォーズ フォースの覚醒


この2作も、『いやあ、映画はこうでなくっちゃ!』という爽快な仕上がりでした。










それでは皆さま・・・・





e0033713_23315306.jpg






 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2015-12-30 23:21 | マロンな日常 | Comments(1)


いやあ、ブログをほったらかしにしているうちにこんなに年の瀬になってしまいました。


だってねぇ、やっぱり掃除もしないといけないし、
忘年会にいくつも行かなくちゃいけないし、
お買い物もあるし、
・・・・・


そんなこんなで、
秋からのモンブランがこんなに溜まっておりましたわ。。。。







まずは復活した京都丸善の中にあるマルゼンカフェから・・


e0033713_10181914.jpg


丸善といえば檸檬!
作家、梶井基次郎の短編『檸檬』に登場するお店として有名なお店だけに、
このモンブランも檸檬仕立て。

お名前も レモンブラン なのだぁ!



実はモンブランと柑橘類って意外とよく合うのだよね。
なのでレモンの酸味と香りがとっても栗クリームに刺激を与えてて、
めっちゃ爽やかなモンブランなのでありました。









e0033713_10271866.jpg



こちらは京都高島屋のカフェ サロン ド テ リュ・ポエム でいただいた和栗のモンブランですが、

これは パティスリーGOKAN のモンブランですね。

GOKANさんがやってるカフェなのか、ただケーキを卸してもらってるだけなのかはわかりません。



e0033713_10322199.jpg



栗がいい香り。
土台部分がパイなので、その香ばしさがまた栗クリームとよく合っていました。


ちなみにここのサロンは飲み物のカップを好きなのから選べます。



e0033713_10364566.jpg
これはマイセン・・・・だよね。。。。










次はめっちゃお買い得なモンブラン・・



e0033713_10505985.jpg




e0033713_10510853.jpg



京都レマン が工場の横で直売をしておられて、
そこではお買い得にアイスや洋菓子、和菓子が買えるのです。

 
上・・イタリア栗のモンブラン なんと180円!

下・・クレープモンブラン 100円!!!





e0033713_11445779.jpg




e0033713_11450214.jpg


e0033713_11450552.jpg




どちらも意外・・と言っては失礼ですが、栗の香りが高い!

甘さも控えめでクリーミーにできているし、
お値段を考えたら文句なしにお買い得!なモンブランでしたよ。









今度は和風に・・ アンテノール 栗きんとんのモンブラン

 

e0033713_11470592.jpg



土台のダクワーズ?が香ばしいですねぇ。
栗が濃い感じ。




e0033713_11545752.jpg




和菓子屋さんには栗きんとんをそのままケーキの形にしたようなモンブランがよくあるけれど、
あれはちょっとクリーミーさが足りないんだよなあ・・
なんていつも思っていたワタシ。
栗きんとんそのものは大好きなんですがね。


でもやっぱり洋菓子屋さんが作るとさすがです。
栗きんとんのよさを残したまましっかりとモンブランにしてくれましたよ。











・・でもって、これを見ている皆さんが胸やけして、
いいかげん嫌気がさしてきただろう頃にこれ・・




e0033713_11575981.jpg



からふね屋 三条本店  クリームチーズモンブランモチワッフル。



クリームチーズで、モンブランで、おモチで、ワッフル・・・
いったいなんやネン!!!・・・て感じだけど、
まあ・・・
・・その通りなのであります。

ぎょっとするような盛り付けも甘いもの好きならこんなのへっちゃらなのだ。
あったかいワッフルと冷たいクリーム、
そして栗やチーズクリームのいろんなお味のハーモニー。

なかなか大満足の一品でありました。









やれやれ・・・

今年もあと4日ですねぇ。

というわけで、今年のモンブランはこれでおしまい。


          ・・・・かなあ。。。










おまけ・・・



雪見大福にこんなのが出てたよ。
   ・・・て、もう大分前の話だけど。。。。



e0033713_11553117.jpg


e0033713_11560635.jpg





 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2015-12-27 12:09 | マロンな日常 | Comments(0)

11月の読書

 
e0033713_20121166.jpg




e0033713_20121511.jpg



 片桐大三郎とXYZの悲劇(倉知淳)                         
 目白台サイドキック(大田忠司)
 刑事のまなざし(薬丸岳) 
 ライオンの歌が聞こえる(東川篤哉)
 セシューズ・ハイ(天祢涼) 
 オルゴーリエンヌ(北山猛邦)




e0033713_20150424.jpg




e0033713_20172207.jpg




刑事のまなざし(薬丸岳)

  事件に巻き込まれ何年も植物状態だという娘を持つ刑事。
  事件で出会う犯人たちがみせる事実の裏にある真実は・・・


  自分もある意味、犯罪被害者であるのに犯罪者たちをこうまで温かい目で見られるものなのだろうか。
  それとも、ものすごく冷酷に彼らを見つめているからその行動の裏の裏まで暴くことができるのか・・・




セシューズ・ハイ(天祢涼)

  父親のあとをついで急遽議員になったという二世議員の秘書を務める雲井。
  お坊ちゃん議員のお馬鹿な行動に毎回ふり回され・・・

  
  このお坊ちゃん議員、馬鹿なのか、深謀遠慮の天才なのか・・
  最後の最後まではっきりしないところがまた面白い。




オルゴーリエンヌ(北山猛邦)

  書物が禁じられた世界。
  ガジェットと呼ばれる書物やミステリの結晶を探し出して処分するのが仕事の少年と
  ミステリのガジェットを隠しもつ少年が訪れたオルゴール職人の島で起こる殺人事件は・・ 


  全ての犯罪の元は書物だと、書物が全てこの世からなくされてしまった世界。
  ・・ときどきある設定だけれど、この作者のこのシリーズは、
  何だかおとぎ話を読んでいるような気がしてくるんだよね。





e0033713_20141538.jpg




e0033713_20144312.jpg




師走も半ばになったというのに今頃11月の読書のまとめ。

先月はこんなに少ししか本が読めてなかったんだなあ。

出歩き過ぎか???




      詳しい感想は こちら






e0033713_20131707.jpg




しかしまあ・・

本のまとめだというのに間に挟まったこの食べ物の写真の多さはナンなのでしょう。。。






お察しの通り、紅葉を見に歩く間に食べたご飯たちは上から・・・



  嵐山琥珀堂(嵐山) の ランチコース(琥珀コース)のメイン  
                 ハンバーグステーキ ヴァンルージュソース(2000円)

       ハンバーグは食べごたえ抜群。
       ソースもおいしいんだよなあ。
              スープと飲み物はお代わり自由。前菜やデザート付(2000円)



  ヤマダベーカリー(北白川)卵サンドとサンバード。

       パンがもっちり、しっとりでおいしいです。


 
  サフランサフラン(四条烏丸) ハンバーグとカキフライセット(1200円) 

       京都の洋食やさんっておいしいとこが多いよねぇ。
              ご飯お代わり自由



  京極スタンド(新京極通り) 日替わりランチ(880円)
       
       昭和の大衆酒場って感じのこのお店。
       ずっと行きたかったんだけれど、どうも入りにくくて・・。
       ここも入れるほどオバチャンになったということか。。。

       おいしくて、お安くて、それにお店の人もフレンドリー。

    
      伝票もなんだかレトロ・・


e0033713_20595660.jpg


   


  シュハリ六甘(京阪三条) あんかけ定食(1000円)
 
     エビのお味が効いてる!!










ホントにもう、あちこちで脈絡もなく食べたものです。

なに?? 
甘いものがない???




     ンなわけあるかーい!!!









 ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2015-12-15 21:06 | 読書な日常 | Comments(0)

色づく京都・・


うかうかしてたら早12月ですわ。
今年も残すところあと・・・なんていう言葉が聞かれる時期になってしまいました。   


あっという間に過ぎ去ってしまった秋。
とはいえ、京都が色づく最高の季節ですから、
何もしないでいるわけにはまいりません。





・・・というわけでこのお写真です。






e0033713_21470269.jpg




なんだか光が朝っぽいでしょ。

それもそのはず。

まだ朝の8時前です。


こんな時間にここに到着するためにはアナタ、
家を早朝6時発ですわ。。。。




e0033713_21562734.jpg



ここは臥雲橋(がうんきょう)の上です。

この臥雲橋はお寺の門の外にあるので、
一般市民が普通に道路の一部として通っていますが、
観光客のお目当ては向うに見える通天橋(つうてんきょう)から逆にこちらを眺めること。




この時期、東福寺の開門は8時。
門の前にはすでに開門を待つ人たちの行列ができていました。
そこで門が開くのを待つことしばし。

さらに門があいても通天橋への入場券は8時半からしか販売されないので、
チケット売り場で30分も待たなくてはいけない


そうこうするうちにも、どんどん伸びていく行列・・・







でもってやっと入れた結果がこちらです。




e0033713_22141542.jpg







e0033713_22180221.jpg



よーく見てください。
通路には人が誰もいない。








お庭にも歩いている人がいない・・



e0033713_22155101.jpg





e0033713_22155648.jpg






入場開始5分後にはこうなるのですから・・



e0033713_22230809.jpg



観光客の皆さんが写り込んでいないお写真の貴重さがわかっていただけるでしょうか・・。
(だからどうした!と言われればそうなんだけど。。。。)






e0033713_11400591.jpg





・・・というように、無駄な努力というか、お馬鹿ながんばりというか、
必要以上の根性を発揮して、いつものごとくあちこち出かけましたが、
それらを詳しくご報告する気力はもう残っていません。




あとはこちらにまとめましたので、よかったらご覧ください。








音が出るのでパソコンの音量にご注意ください。
約10分ほどかかります。お時間がある時にでもどうぞ。
今回はムービーメーカーで自分で作ったのをYouTubeに上げたので画質がいまいちでしたが、
よかったら画面を大きく、全画面にしてご覧くださいませ。。。。








でも、今年の秋は暖かすぎたのか、
どこの紅葉も色づきがいまひとつでしたね。





季節はもう冬かあ・・・








 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2015-12-04 11:54 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31