ここはどこでしょう??



e0033713_15340111.jpg










こういう玄関から車の列が入ってきて・・・



e0033713_15343628.jpg





首相や外国のえらい方々がここの前に並んで報道のカメラに手を振ってる・・



e0033713_15351672.jpg







なんていう場面を目にしたことはありませんか??


そう、ここは外国からのお客様をおもてなしするところ。

京都迎賓館 なのであります。



今まで一般の人は入ることができませんでしたが、
去年あたりから一般にも公開されるようになりました。








・・とはいえ、入り口からして厳重だなあ。。。




e0033713_15402210.jpg


ていうか、ここにたどり着くまでに地下で荷物検査をされたり、
ちっこい荷物以外は持ち込み禁止だからとカバンをコインロッカーにしまわされたり、
絶対フラッシュはだめ、もし光らせたらカメラはお預かりだからね・・と脅されたかと思えば、
中のトイレは使えないから今のうちにトイレに行け・・と世話をやかれたり、

・・・と、あれやこれやの顛末のあと、やっとここにたどり着いたというわけなのだ。
(ここまでの行程は撮影禁止。。。)







入ってすぐの廊下。



e0033713_15463746.jpg




e0033713_15501699.jpg




私たちはスリッパに履き替えた上、
廊下にきっちりと敷かれた敷物の上を
『絶対にそこから出てはダメ!!』と厳命されて歩いていますが、
外国のお客様は当然ながらここを土足で歩かれます。
もちろんハイヒールでも。

それでも傷がつかないようなケヤキのなんとかという床だそうで・・・




最初は聚楽(じゅらく)の間。


e0033713_15594081.jpg



ここはゲストがパーティの始まりを待ったり、
随行員の方の控えの間として使ったり、
まあいったら、ロビーですね。


椅子や飾りは京指物と有職織物。


e0033713_16020441.jpg


人間国宝、故早川尚古斎(はやかわしょうこさい)氏作。

うーん・・、めっちゃ細かい細工!

いったいいくらするんだろ。。






次は夕映えの間。



e0033713_16055193.jpg























e0033713_16060672.jpg


























ここは大臣の会合や晩さん会の待合やお茶のおもてなしに使われるそうです。


つづれ織りの織物、
それぞれ2.3メートル×8.6メートル。



比叡山の月と・・

e0033713_16085455.jpg




愛宕山の夕日・・


e0033713_16092404.jpg



・・だそうです。


すごいなあ・・・・

いったいいくらするんだろ。。。。







次はいよいよメインのお部屋。

藤の間。



e0033713_16131073.jpg


晩さん会や歓迎式典が行われます。




天井のあかりは可動式。



e0033713_16573071.jpg




ひとつずつのマスが三段になっているのがわかるでしょうか。

それぞれをいろんな高さに下げることができるので、
天井全体を使って季節の花など、いろいろな表現をすることができるようです。



前面・・ていうか、部屋からしたら側面ですが、
その装飾の織物もつづれ織り。




e0033713_16193125.jpg


横幅、16.6メートル。

切れ目なし!!
なんと職人さんが何人も横一列に並んで同時に織ったそうですよ。


うひゃあ・・・

いったい、いくらするんだろ。。。。。。。








このメインのお部屋には舞台があって、能や雅楽など日本文化がお客様に紹介されますが、
その舞台の緞帳代わりの扉には截金(きりかね)という細工が施されています。



e0033713_16240346.jpg




e0033713_16314086.jpg



これも人間国宝、故江里佐代子(えりさよこ)氏作。


一本ずつの線や部品が手作業で張り付けられてる。

どひゃあ・・・、信じられないくらいの細かい作業!!
ほんまにいったいいくら・・・(以下同文)。

・・・ていうか、何を見てもそのフレーズが頭に浮かんでくる自分が悲しくなってくる。。。






お部屋の中からふと外を眺めると・・



e0033713_16220847.jpg


お庭も素晴らしい。




このお庭がよく眺められるように部屋にはたての柱が一本もない。




e0033713_16432536.jpg


この超ロング鴨居はさすがに木製では無理で鉄骨入だって。








さて、裏方の厨房の前を通って・・・




e0033713_16452215.jpg





次は和室。



e0033713_16462229.jpg






どうです、この机。
うるしの一枚仕上げ。


e0033713_16480368.jpg




椅子の背には日本政府の紋である五七の桐。



e0033713_16491850.jpg



椅子ひとつずつ全部色合いが違うそうですよ。


すごいよねぇ。
ほんっっっっとにいったいいくら・・・

・・て、もうやめときましょう。






欄間にはさきほどの截金細工が。

e0033713_16512267.jpg




和室から眺めるお庭。



e0033713_16582277.jpg





和室への回廊では・・・




e0033713_16594074.jpg




池の鯉に餌をあげたりする場所もある。



e0033713_16595435.jpg



優雅だなあ。。。


・・・て思ってたら、なんと舟遊びまでできるじゃないですか。



e0033713_17012489.jpg



実際に船に乗られるゲストもおられるそうで、
最近では新婚旅行でいらっしゃったブータンのあのお二人が楽しまれたそうです。









いやはや、もう・・・・
ため息の連続でしたわ。



そりゃあねぇ・・・、
日本の威信をかけてのお・も・て・な・しの場所だからねぇ。



といっても日本の粋をかけてるから、
きんきらきんじゃなくて、どこもかしこも凝りまくり。

これぞニッポン!の美意識のカタマリ!!
さりげなーくの豪華絢爛!!



e0033713_17135522.jpg




でも、この『ザ!ニッポン!!』の美しさって、
外国の方、たとえばアメリカーンなあの大統領とかにわかってもらえるのかなあ・・
・・と、ちょっと余計な心配をしてしまうのでありました。





 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2017-10-18 17:21 | 京都な日常 | Comments(0)


さて、ご無沙汰している間にモンブランがえらいことになりました。

というのも、とうとう・・・






e0033713_16042881.gif祝500個達成!!!





と、あいなったのであります。











それではその記念すべき500個めのモンブランをばご紹介




・・・・となる前に、まずは順番に498個目のやつから。。。





e0033713_15463368.jpg



コロンバン の モンブラン(飲み物とセットで972円)。

名古屋市の メルサ でいただきました。




e0033713_15464188.jpg



優しい甘さで、ほっとするお味。

小ぶりだし、食べやすいです。








つづいて、499個めは、アンジェリーナ の モンブランブリュレ(626円)。




e0033713_15470111.jpg


アンジェリーナといえば、はじめてモンブランケーキを作ったというフランス本店のお店ですよ。

今回は名古屋 ラシック のお店でお買い上げ。






e0033713_15470666.jpg



がっつりと甘めに仕上がっているのはさすがにフランス仕込み。

甘くっても、クリームはとーろとろでめっちゃクリーミー。

このトロトロ感がたまらないモンブランなのでした。







で・・




いよいよ500個め。



e0033713_15471532.jpg


同じくアンジェリーナのガトーモンブラン!(270円)。




このちっこい焼き菓子じゃなくて、
どうせならさっきのモンブランブリュレの方が記念すべき500個めにふさわしかったような気がしないでもないが、
食べてるときは今が何個目なんだかいちいち覚えているわけじゃないから仕方がない。




これだってちっこいながらも、
しっかり洋酒を効かせた栗としっとりのスポンジでなかなかのいい仕事のモンブランなのです。


気軽に食べたり、ちょっと誰かにあげたりするのにももってこいだしね。



e0033713_15472134.jpg



いや、それにしても500個。。。。


我ながらたくさん食べたものです。

せっかくだから、今までの500個を全部、動画にしてまとろたろかい!
・・と思いましたが、1秒に1個流しても8分以上かかるんだよ。
(↑目がまわるわっ!!)








・・というわけで、500個の歴史は振り返ることなく、
ていうか、振り返る間もなく次のモンブランを食べに出かけたのでありました。







501個めは ヴァンサンヌ・ドゥ  の モンブラン(600円)。

名古屋のテレビ塔の近くにあるカフェのモンブランです。



e0033713_15464946.jpg


土台の部分がパイになってるんだけど、
そのほんのりとしたしょっぱさがいいアクセント。

栗のクリームは優しい感じで食べやすかったです。









続いて、シーキューブ の 栗のモンブランティラミス。



e0033713_15493867.jpg


カップに入ってるからお持ち帰りしやすいんだな。

ほろ苦いティラミスの感じと栗クリームの甘さがとってもいい感じ。








それから、パン屋さんのモンブランも・・・。



e0033713_15512190.jpg



名古屋市 大須商店街にある大須ベーカリー パン屋のモンブラン(230円)。 




e0033713_15513586.jpg


パンと栗クリームっていう組み合わせも合うよね。










パンがあるなら、シュークリームも・・。


e0033713_15500461.jpg



ビアードパパ 渋川栗のモンブランシュー (230円)。

大阪駅付近を歩いてたら、モンブランシューはこの日までだと言うから。。。。



e0033713_15502540.jpg



けっこう栗感がしっかりとしていましたよ。









次はちょっと高級に・・・。


e0033713_15504034.jpg



ホテルオオクラ京都の カフェ レックコート の モンブラン(飲み物とセットで1600円)。

白っぽい美しいモンブランです。



e0033713_15504955.jpg


切ってもなんだか美しい。

甘さは控えめ。
当然ながら各層でいろんな味わいがあって、
それらが組み合わさると複雑でよけいにまた美味しくなって・・
さすがな作りなのでありました。








今回のおしまいは・・
(いったいこれで何個になるんだ?)



ペシュ・レザン イタリア栗のモンブランカスタードプリン(540円)。

大丸梅田店からお持ち帰り。




e0033713_15495201.jpg


下の部分はとーろとろ。

スイーツっていうくらいだからケーキはやっぱり甘くなくっちゃね・・
・・ということを思い出させてくれる感じ。

でもその甘さはちっともベタっとしていなくて涼しい甘さ。

なんだかしあわせなモンブランでしたね。






やっと500個になったと思ったら、
なんと、これで506個ですか。



次はめざせ1000個???






 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2017-10-14 17:49 | マロンな日常 | Comments(0)

ご無沙汰しました。


なんとまあ、三か月のほったらかし。
青葉の写真のままほおっておいたら、いつのまにか紅葉の季節になっていたという。。。。

病気なのか??と心配いただく方すらでてきてしまう始末となってしまいました。



もちろん身体を壊していたわけでは全くなく、

三か月の間、あっちに行ったり、こっちに行ったり・・・
アレを食べたり、これを食べたり・・・
アレを作ったり、これを仕上げたり・・・

と、元気に暮らしておりました。







あっちへ行ったり、こっちへ行ったりの部 その1  

名古屋 文化のみち散策。





二葉館。



e0033713_18543551.jpg





日本初の女優と謳われた川上貞奴と 電力王と称された福沢桃介が、
大正から昭和初期にかけて暮らしていた邸宅を移築・復元したもの。




中も素敵。


e0033713_18552527.jpg






e0033713_18553108.jpg






豊田佐助邸



e0033713_18560236.jpg



こちらの中は和風。




e0033713_18562720.jpg






名古屋市市制資料館。



e0033713_18565228.jpg





ここは、おーほほほほ・・・なお方が降りてきそうな階段がある豪華な作りだった。。




e0033713_18571003.jpg





おまけの 大須商店街。



e0033713_19104524.jpg








あれを食べたり、これを食べたりの部 その1  

名古屋めしたち




e0033713_19005713.jpg

名古屋駅3、4番ホームにある『住よし』の かきあげきしめん 520円







e0033713_19010392.jpg

ヨコイ住吉本店のあんかけスパ  エビネーズ 1100円






e0033713_19033900.jpg

白壁カフェ花ごよみのモーニング
これぞ名古屋モーニング これだけでコーヒー値段の410円だあッ!!





e0033713_19011050.jpg

日本どまんなか祭り 屋台の みそ串カツ 500円







あっちへ行ったり、こっちへ行ったりの部 その2


京大の花山天文台。



e0033713_19095232.jpg








あっちへ行ったり、こっちへ行ったりの部 その3


大雲院(だいうんいん)。



e0033713_19185899.jpg



ここは祇園閣とも呼ばれていて、
金閣寺、銀閣寺とならんで銅閣寺といわれることもあります。





石川五右衛門のお墓も・・

e0033713_19115947.jpg









あれを食べたり、これを食べたりの部 その2



京都高島屋の鼎泰豊 の タンタンメンと小籠包。



e0033713_19235465.jpg






e0033713_19240139.jpg








あっちへ行ったり、こっちへ行ったりの部 その4


こんなところにも泊まってみた。



お部屋はこんな感じ。


e0033713_19284546.jpg




共用のスペースはめっちゃおしゃれ。




e0033713_19285369.jpg



1人ずつカードキーを渡してくれて、
エレベーターにもこれがないと乗れないし、
もちろん寝室スペースや洗面スペースにもこれがないと入れないから安心です。








あっちへ行ったり、こっちへ行ったりの部 その5


清閑寺



e0033713_19342548.jpg





『平家物語』の悲恋で知られる高倉天皇と小督局ゆかりの寺院です。

また幕末には、ここにあった茶室「郭公亭」で西郷隆盛と清水寺成就院住職の月照上人が密談をしました。



e0033713_19343301.jpg




この清閑寺から山道を5分ほど歩くと清水寺に行くことができ、
そこに舌切茶屋という茶屋がありますが・・・

月照上人が西郷隆盛を頼って九州に逃亡したときに、
月照の友人で成就院の執事であった近藤正慎が幕府方にその行方を問われ拷問を受けますが、
彼は決して白状せず、自ら舌を噛み切り、牢獄の壁に頭を打ちつけ壮絶な最期を遂げました。

その彼の功績に報いるため、清水寺は遺族に境内茶屋の開設権利を与え、
以後、舌切茶屋として現在まで子孫に受け継がれているということで・・・






その舌切茶屋でいっぷく。







あれを食べたり、これを食べたりの部 その3



e0033713_20003170.jpg


舌きり茶屋 ひやしあめ 400円






e0033713_19572365.jpg

天丼まきの 天丼 1190円







e0033713_19570871.jpg


マールブランシュタワーサンド店 お濃茶アイスバー 250円







e0033713_19570387.jpg

みのりカフェ 京のたまごサンド 918円







あっちへ行ったり、こっちへ行ったりの部 その6


美術展にも行ってみた。


大阪国立国際美術館 バベルの塔展。



e0033713_20015728.jpg




その展示作品にちなんでもこんなオムライスも食べた。



e0033713_20221938.jpg


大阪国立国際美術館レストランミューズ バベルの塔オムライス 1400円







そのほか・・・


こわごわ首塚に行ったかと思えば、


e0033713_20240574.jpg


京都市東山区 明智光秀の首塚 






お風呂に行くわ、


e0033713_20242097.jpg


京都市北区にある 船岡温泉。



入り口のマジョリカタイル。


e0033713_20243980.jpg


中はもちろん撮影禁止だけど、中にもきれいなタイルや木彫りがいっぱい。











アメリカーンな朝食を食べたかと思えば、




e0033713_20090525.jpg


サラベス アーリーバードプレート 1200円





イケアに行ってホットドックを食べるわ、



e0033713_20085618.jpg




またまた京都に戻っておはぎを食べるわで大忙し。



e0033713_20254623.jpg


今西軒 おはぎ(きなこ こしあん つぶあん) 各190円








他にもいろいろありましたが、
もう疲れてきたのでこのくらいで、
とりあえず今までの穴埋めはやめにしときましょう。




この後はほったらかしにしないで最近の出来事をきちんとご報告・・・



・・・と、したいものです。。。。






 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2017-10-13 20:34 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)