いつでもモンブラン

桜咲く4月。
でかけたいお花見スポットがたくさんで困ります。

年とると、あと何回花見ができるかが気になってさあ・・・




しかし、行った先や帰り道で、どうしてもフラフラと引き寄せられてしまう。

e0033713_1032917.jpg
  

これは三井寺の帰り、せっかくだからびわ湖の向こう側をまわって帰ろうとして見つけたお店。

高島市にあるノンパレール大西さんのモンブラン

ここは以前に行きそびれたお店。
「確か、このあたりのはずだったけれど…」とあやふやな記憶をもとに車を走らせてたら、
ケーキ屋さんっぽい建物を発見。
でも看板に“パティスリー” とか、“洋菓子” とかの文字が見当たらないので、
パンやさんかと迷ってしまったよ。


金色の紙に包まれたモンブランって、
なんかなごみますね。


e0033713_10133755.jpg


スポンジ、クリーム、スポンジ、クリームって、層になっているところがうれしい。
おまけに、そのスポンジがふーわふわ。

クリームもたっぷりでとろけるようでありました。

栗クリームはふわっと洋酒の香り。

“古風な娘さんが最近都会の風にふれました・・”
そんな感じのモンブランでした。



                                       モンブラン   330円くらい











さて、先日入学式を終えた息子は京都で一人暮らしを始めました。

おねえちゃんはキャベツとレタスの区別もつかないヤツでしたので、
一人で暮らしなどできるのかと大変に危ぶんだものでした。
でもいざやってみると、
珍料理、愚体験はあるものの意外になんとかなりました。


息子の場合は適応力があるので、
おねえちゃんほど心配はいらないだろう・・・


と思いきや・・・・




入学式の朝、下宿を訪れてみると、

「なに食べてるん?」

「ご飯炊いたんやけど、他になんにもなくてさあ。」

と、なんとご飯のみを食べているじゃあーりませんか。

ふりかけもなし!
梅干しものりもなし!!
たまごかけごはんでもなし!!!
インスタントおみそ汁もなし!!!!


ほんっっとうに ご飯だけ!


ご飯をおかずにご飯をって笑い話じゃないけれど、
ご自宅でお料理教室をされているどなたかが聞いたら貧血を起こされそうでありますわ。


アンタ、中学生の時にはハンバーグとかつくってたヤン?
高校三年間何にもしなかったから生活能力が壊滅したん??


フツフツと先行きに不安がわいてきた私は、
式とガイダンスが終わった後で買い物をしてくるように指示して、
炒める、ゆでるなどのチョー基本の特訓をする羽目になったのでした。




で、その買い物のときに見つけたケーキです。
(前ふりながっ!!)


e0033713_1040151.jpg



パティスリー ジュールジュール 栗のケーキ

街の中の小さなケーキ屋さんって感じのお店です。

e0033713_10472773.jpg


甘さは控えめ。

とくに “ここの部分がうまいっ!”
っていう感じじゃないけれど、全体によくまとまっている。
安心して食べられる・・・
そんな感じのケーキでしたね。





                                   栗のケーキ  450円



ちなみに後ろに写ってたのは

e0033713_10543386.jpg 桜のモンブラン

なんで、栗の方は栗のケーキなのに
こっちモンブランって名前につくんだろ??


それはいいとして、注文するときに桜と桃を読み違え

「栗のケーキともものモンブランをください。」
って言っちゃった。

そりゃ今の時期だもの、桜のケーキだよなあ・・
気がついたのはお金を払うとき。


黙ってちゃんと入れてくれたお兄さんが多分パティシエさんです。



そんなこんなでここは地元の安心できるお店なのでありました。
(なんのこっちゃ・・)




にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2009-04-09 11:05 | マロンな日常