2012

e0033713_8325027.jpg




マヤ文明がのこした2012年に地球が滅亡するという予言。
ちょうどその3年前、
活動が活発化した太陽から放射されたニュートリノが地球の核で活性化し・・








いやもう、
巨大地震が起こるわ、
山は大噴火するわ、
大津波が襲うわ、
大陸まで移動して形が変わる大騒ぎ。


そんなのに巻き込まれたら人間の世界なんてたまったもんじゃありません。

ビル崩壊、大波襲いかかり、火山弾飛び交いなどなど
などなど、などなど・・・
人間はなすすべもありません。


まあその崩壊ぶりをこれでもかってくらい見せつけられます。

ほんとCGってすばらしい。



ていうか、もはや話の筋なんてどうでもよろしい。
CGのものすごさがひたすらに際立つ映画であったことよ。
(ぜひ大画面でお楽しみください。)







しかし、あんな目にあったらもう生きのびたくない。
ひと思いに死んでしまいたい。。。


・・・とか思いながら、
津波で溺れるのは苦しそうだからイヤ、とか
中途半端にビルの下敷きになったら痛そうだなあ、とか
火砕流に追われて徐々に焼け死ぬのは勘弁してほしい、とか
いちいち考えているワタシ。


地球滅亡の際にはどうか一気に即死ということでたのんます。。。






にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2009-12-07 08:57 | 映画な日常