いにしへの・・


奈良はもう一か所、

立派な五重塔がある興福寺へ・・・


e0033713_1537492.jpg


しかし、この五重塔というのは不思議ですね。

京都で見ると、“おおっ!さすが京都!!”と感動し、
奈良で見ると、“わおっ!いかにも奈良って感じっ!!”と思う。

どっちやネン!!ってハナシですが・・・

どっちなんでしょうね。。。
下に舞妓さんがいるか鹿がいるかの違いか???



e0033713_15353100.jpg












こちらは東金堂 (国宝)

e0033713_15393754.jpg













さて、ここ興福寺には、あの有名な方がいらっしゃいます。


国宝 阿修羅像  奈良時代

e0033713_1541481.jpg






美しい・・・



しかしいくら美しくても、記念撮影をするわけにはまいりませんので
“しおり”でごめんなさいよ。





興福寺というこのお寺は国宝だけを集めて『国宝館』などという資料館がつくれてしまうほど、
ずら~っと、国宝につぐ国宝。

奈良、平安、鎌倉・・と、
どれをみてもこれをみても国宝だらけのお寺です。



そのあまたの国宝の中で、
そしてひしめく観光客に埋もれながらも
真っ先に目を射てくる、その存在感は大変なものでした。



e0033713_16285924.jpg



いつまで見ていても飽きない。





国宝館には他にも巨大な千手観音をはじめ、
歴史の教科書で習ったあの像この像がたくさん納められています。

さらに、興福寺境内に点在する伽藍や塔自体もまた国宝。



ああ、ここに一日中いたい!!

   平城京はいかんでエエんとちがう??




こちらは南円堂 (重要文化財)

e0033713_16153172.jpg





奈良にしても京都にしても
古い都はそれだけの重みを持っているもの。

遠くの方なら、
駆け足でたくさん回って雰囲気を楽しむのも大事でしょうが、
近くに住む私たちは、
一か所にじっくりと腰を落ち着けて観光するのがいいかもしれません。


   ・・・て、京都も訪問しきれてへんのに奈良にまで手を広げるのは無理!
      わかってんのか、ワタシ!!


















さて、駆け足で奈良を歩きまわったワタシは
その晩は、足がつって苦しみ、
次の日は疲れで一日ゴロゴロ・・のていたらくと相成りました。


その間にまたこんなに栗関係お菓子が溜まってしまったのだよ・・


e0033713_16272284.jpg



どーすんの、これ??

いったい誰が、いつ食べるというのだ???

























あっ!!



この方なら簡単かもしんない!!  なにせ三人前・・・・


e0033713_15582563.jpg


(バチあたり)








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2010-09-21 16:35 | ぜんぜんミステリじゃない日常