13人の刺客


近隣のシネマではそろそろ上映期間も終わろうかという先日
観てまいりました。


e0033713_9225530.jpg


13人の刺客




将軍の弟であるという明石藩主は残虐好み。
非道な所業の数々は目を覆うばかりだが、その立場ゆえ公に処分することは不可能だ。

そこで密かに暗殺の命が下った・・・





e0033713_9293290.jpg




人の命を扱うことに慎重な今の時代、(いや、いいことですけどね。)
時代劇でさえ、“ただの殺戮だ!”と言われかねないのを知ってか、

『この暴君は何としても死んでもらわないといけないのだ。』
ということを観客に納得させるために、
前半は、“これでもか!!”とばかりにその非道ぶりが描かれます。



そのむごさは、もう見ていられないというか、
嫌悪感を通り越して震えがくるというか、

それがあるからこそ、後半の戦いぶりに爽快感がでるのでしょうが
この殿の残虐ぶりは言葉に尽くせません。






それにしてもこの殿、稲垣吾朗くんですか、
いやもう、ものすごい怪演です。


殺人に快楽を覚えるという変質者だというのではなく、
純真すぎて子どものような好奇心から殺戮をするのかといえば、そうでもなく、
だったら何の感情も持たないサイコキラーなのかというと、やはりそうではなく、
ただ、ただ殺戮をする。


高笑いをするでなく、にやつくでなく、
あの美しい顔で気品さえ漂わせながらそれをやられるのは
まさにホラーでありました。










e0033713_103627.jpg



後半は、まさに
“斬って、斬って、斬りまくれ!!”
の言葉通り、怒涛の戦闘シーンのみ。






しかし、“残る敵は百名あまり”とか言ってなかったっけか??
こっちは13人もいるんだから
ひとり当たり10人ほど斬りゃあいいんじゃない?

次から次から湧いてくる敵は、

いったいオマエら何人いるネン!!

って感じ。




でもまあ、水戸黄門にしても金さんにしても
“クセものじゃ、であえ!であえっ!!”
のチャンバラシーンでワラワラ出てくる家来たちも
狭い大名屋敷のいったいどこにこんなに??
というほどたくさんいるし、
これは時代劇のお約束なのでしょう。。。









ともかく、この映画、
舞台が江戸時代の日本というだけで、
こりゃ、完全にアクション映画だよね。

ドドーン、ガガーン!!好きな私が気にいったのは当然といえましょう。


観終わった後のそう快感はなかなかのものでした。














どんな上司でもあくまで仕えなければならないのって
つらいよなあ・・・・








にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2010-11-11 10:18 | 映画な日常