人気ブログランキング |

1月の読書




e0033713_10254899.jpg


 スナックちどり(吉本ばなな)                                       
 慟哭の家(江上剛)
 ようこそ授賞式の夕べに(大崎梢)                                   
 シェエラザード(浅田次郎)
 ガソリン生活(伊坂幸太郎)                                       
 書楼弔堂 破曉(京極夏彦)
 水族館の殺人(青崎有吾)                                        
 微笑む人(貫井徳郎)
 笑う娘道成寺(鯨統一郎)                                         
 マラリア(桂美人) 
 だるまさんが転んだら(堀内公太郎)                                  
 お任せ!数学屋さん(向井湘吾)
 レバ刺しの丸かじり(東海林さだお)                                   
 赤い夢の迷宮(勇嶺薫)
 森のくまさん(堀内公太郎)                                        
 新・日本の七不思議(鯨統一郎)
 アリバイ崩し(鮎川哲也)                                         
 三匹のおっさんふたたび(有川浩)



e0033713_10285400.jpg



シェエラザード(浅田次郎)

  終戦間近のころ、一般人の乗客を二千人以上ものせたまま魚雷にやられて海に沈んだ船があった。
  ミドリ十字をかかげ、敵国の捕虜のための物資を運ぶという目的のため、
  攻撃対象からは外されているはずのこの船が攻撃された理由は何だったのか・・
  
  なにも知らずに安全と信じて犠牲になった人々、
  軍部の無謀な裏の目的を知りながら船を運航せざるをえなかった者、
  どちらの悲しみが深いのか・・



ガソリン生活(伊坂幸太郎)

  駐車場に停まっている車たちはみんな会話をしているんだよ。
  望月家の愛車、緑のマツダデミオから見た彼らの生活は・・

  車たち同士の会話で進むお話。
  ものすごくびっくりすることを「おもわずワイパーが動いちゃう」とか、
  呆れかえることを「あいたボンネットがふさがらない」とか言うんだよ。



だるまさんが転んだら(堀内公太郎)
森のくまさん(堀内公太郎) 

  第10回『このミステリーがすごい!』大賞の隠し玉としてデビュー。
  ふざけたような題名でさらりとした書きぶりだけれど、意外に本格派ミステリ。



赤い夢の迷宮(勇嶺薫)

  児童、青少年向けのミステリ作家“はやみねかおる”さんが大人向けに“勇嶺薫”として書かれたミステリ。
  こっちはちっともほのぼのとしてません。






その他、詳しい感想は  こちら 







写真は、先日日吉大社に行った時に食べたお昼ごはん。

ショットバー ケンゾウ の とろとろオムライス。

ショットバーだけれど、昼間はオムライス屋さんだという庶民のお店。
お店に着いた時にはお昼の時間が終わってたというのに開けてくださいました。

甘めのソースがおいしい^^









 ブログランキング・にほんブログ村へ

by michirudesu | 2014-02-01 10:47 | 読書な日常